イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/12/24 09:07
Happy Christmas!
christmas.jpg
メリークリスマス!

グラスゴーのジョージ・スクエアに飾られている大きなツリー。先日卒業式でグラスゴーに戻った時に見てきました。

この時期、イギリス各地で特設の遊園地やスケートリンクがお目見えしますが、グラスゴーは、city centreにあるジョージ・スクエアが会場になります。

crhistmas2.jpg
グラスゴーの現代美術館のすぐ裏手。実際見るとものすごい迫力!

ロンドンも各所イルミネーションが行われていますが、グラスゴーの方が大がかりで綺麗・・・。特に、この現代美術館のイルミネーションは綺麗でお気に入りです。

クリスマス・ソングではないですが、寒い冬には是非この曲(の収録されてるアルバム)を!・・・ということでyoutubeのリンク貼っておきます(URL)。冬とドラムンベースって相性良いと思う。

それでは、皆さん楽しいクリスマスを!
スポンサーサイト
戯れ言 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2009/11/12 16:54
(更新遅れてるので)近況報告
bagpipe.jpg
Muse@SECC, Glasgow, 9 Nov 09: 通称Helsinkiセッションで、バクパイプ登場!感動!

jarvis-fan.jpg
Jarvis Cocker's Exhibition at Village Underground, 11 Nov 09: お客さんもみんなおしゃれでドキドキ。

今週月~火曜と、1泊2日でグラスゴーに戻ってきました。やっぱりロンドンより寒かった。でも、あの寒さは大丈夫なのね。友達や先生に会ったり、Museのライブ行ったり(最高でした~!Muse好きで良かった!)、久々にグラスゴー・アクセントの洗礼を受けたり、楽しかったです。後、やっぱりグラスゴーで入ったカフェでは「for sitting in?(こちらでお召し上がりですか?)」でした。sitting inはスコットランドだけかぁ・・・うーん。

昨日水曜日はバタバタの日程を縫って、ジャービス・コッカーのExhibitionへ。道に迷って20分も見れなかったけど、アーティ+エクスペリメンタルな感じで凄く面白かったし居心地良かったです。会場に行く途中にブラーのデイブとすれ違ったり(エリア的に多分政治関連のお仕事中?)、帰り際にタバコ休憩中のジャービス様に遭遇したり、夜行ったライブでも色々あって、もうロンドンでこれ以上良いことは経験できないかも・・・と思うほどのことが短時間でパパパーっと起こった、変な日でした。ちなみにジャービス様、「日本にはいつも行きたいと思ってるけど、何故かは分からないけど、行くところまでにはいたらないんだよね」と、現在のところ来日予定無しらしい(涙)。是非日本から熱烈ラブコールお願いします(切)。

ちょっとバタバタしててまた更新が止まってしまっているので、ひとまず近況報告まで。ちなみに、Twitterは通常稼働中です。
戯れ言 トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
--
2009/10/10 05:53
ロンドンにて
honestjons.jpg
Honest Jon's Records。
店内に入ったら、いつもレビューを載せていただいているサイトの方とバッタリ。こんなこともあるんですね。

ロンドンに来ておよそ2週間弱経ちました。が、毎日“グラスゴー帰りたい病”に襲われております。本当に小さなことでもストレスになるんですね。グラスゴーでは当たり前のように使われている「to sit in(=“店内で食べていきます”の意味)」が通じないとか、イギリスにいるのに日本人だらけの環境とか。小さい頃にも、大好きな田舎町から都会への引っ越しで“帰りたい病”を発症してるんですけど、このパターンの引っ越しはトラウマ化してますね。ロンドンも10年くらい住まないと好きになれないかも。

ロンドンに関しては、ここ2週間色々考えてるんですけど、ロンドンはよほど目的意識のハッキリしている人じゃないと、留学するには難しい街だと思う。そう考えている理由を書くとちょっと愚痴っぽくなるので止めますが、ロンドンは大きすぎる分、良いことも悪いことも色々あるということだと思います。今は悪い方ばっか見てるのだと思うことにしてはいるんですけどね。

と、若干パワーダウン気味で、どうも音楽ニュースも放置気味・・・ですが、マイペースに更新していこうと思います。ひとまず、ロンドン引っ越し後の余談と言うことで。
戯れ言 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2009/08/08 05:37
締切2週間前
090807.jpg
96年11月のいつぞやのNMEより。

息抜き兼ねてどうでもいい話を1つ。

修論関係で図書館の4階に立ち寄ったのだけど、ポピュラー音楽学の棚の向かいにあるのが、大量のNMEと大量のMelody Makerがある棚。いつか時間が出来たときに片っ端からゆっくり読みたいと思いつつ、まだほとんど手をつけていないのだけど、修論のストレスでイライラしているせいか、誘惑に負けてちょっとだけバックナンバーを漁ってみました。と言っても読んでる時間はないので、修論後にすぐ読めるよう、面白そうな記事の載ってるイシューナンバーをメモっただけですが。

でも、写真の記事は短いのでパパパっと読んできました。ずっと探していた「ブリットポップは死んだ」のソース、多分、この記事かも。「Britpop died a long time ago」。最初は授業との関わりで調べ始めたブリットポップだけど、調べれば調べるほど面白い。以前は、この時期大量発生したナヨナヨなボーカリスト達(≒当時流行ってたバンドのボーカリストほぼ全員)なんて一生好きになれないと思っていたけど、当時のバンドの音源を色々聞きまくったせいか、今ではすっかり平気になってしまいました。聞き慣れるってすごいですな。

バックナンバーを漁る前は、「カート自殺以前のNMEはグランジだらけなんだろうな」と楽しみにしていたのですが、実際は全然そうじゃなかったです。やっぱり紙の上だけじゃ、あの当時のイギリスがどれだけアメリカに負かされてたかなんて分かりっこないか。ちょっと残念。

修論が終わったら、NME/Melody Maker読み漁り以外にも、やりたいことが色々山積み状態。自分を励ますためにダーッと書き出してみます。このリストを1つ1つクリアしていく事が今年後半の目標。

- 英語の勉強とTOEICの勉強(目指せ10月受験!)
- ポピュラー音楽学の本を読み漁る(Negusの「Music Genres and Coperation Cultures」、Finneganの「The Hidden Musicians」は最低読んでおきたい)
- ハードディスクの整理(汚すぎ)
- ギターの練習(既に指が鈍っている)
- ピアノの練習(優先順位低め)
- 今年出た音源で聞いてないやつをとりあえずさらう(結局やらないで終わりそう)

それから、年内は無理だろうけど、近い将来、絵の勉強をしてみたい。これでも絵を描くのが好きで、小学校の頃までは、自分は将来絶対美大に行くものだと思ってた程。残念ながら、中学に入る頃には才能のなさに気付いて諦め(←早すぎ。今更後悔)、それ以降は音楽しか眼中になかった訳ですが、今思えばそれも良かったような悪かったような・・・。鉄は熱いうちに打て。色々落ち着いちゃう前に出来ればなぁとは思っています。ささやかな夢ですな。

最後に、例によって「次の更新は多分この記事」なガーディアンの記事を貼っておきます。内容は今更感もありますが、面白かったので是非。
Behind the music: Who needs major labels these days? - the Guardian (6/8/2009)
戯れ言 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2009/05/16 06:44
戯れ言、5月。
090515.jpg
Graham Coxson at King Tut's (8 May 2009)

ついに作業が修論だけになり、調べたいことを調べたいだけ調べる時間もあるというのに、どうもモチベーションが下がっている今日この頃。そんな中、昨日Green Dayの「今年唯一のUKでのライブ映像放出」ことLive from Abby Road Studioを見たら、少し復活。別に彼らのファンではないのですが(でもコピーはした)、図書館で浪人生みたいなことやってないで(しかしそれが現在の本業)、パンクやるみたいな気持ちが必要だなぁと痛感しました。とってもおしゃれな写真のお方を見ても、年を重ねても輝いている人というのは、常にクリエイティブな人なんだなぁと。好きなことをやる熱意も必要だけど、その熱意の中に、ひとつまみでもアーティスティックなtipsを入れる必要があるんだろうなぁ、と漠然と考えているところです。

とは言え、今月は音楽的には比較的に充実している。ライブもアルバム・リリースも色々あって、Spotifyがフル回転(CD買えよ、という突っ込みはなしで・・・)。特に、前評判が異様に良かったThe Horrorsの新譜があり得ないほど素晴らしくて感動。前作は興味のかけらもなかったが、この劇的な深化には驚愕。再来週、Tutsで見てきます。楽しみー。

最後にお知らせ。ご縁があって、音楽情報サイト「Audio Bunny」でちょっとばかりレビューを書かせていただくことになりました。最初の記事として、グラスゴーのサーキット型フェス「Hinterland」のレビューを掲載していただいています。自分のことは関係なく、ABは現地情報がタイムラグもほとんどなく日本語で手に入る貴重なサイトなので、オススメです。
戯れ言 トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
NEXT →
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。