イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/12/10 09:44
卒業式
改めまして、12月2日、大学院を無事卒業しました。大学院の卒業式は数日間に分けて行われましたが、私の卒業した2日は、アート系と教育系の学生が対象。修論を提出して全ての成績が出た9月頭時点で、私の中でもう学生生活は終わっていたので、どちらかと言えば、卒業式はプチ同窓会な気分でした。

back.jpg
海外の卒業式といえば黒いガウンと帽子ですが、私の大学は帽子はありませんでした(帽子がないので、ドラマのように帽子を投げたりもしません)。ガウンの上に着るカラーは、もらう修士号によって違います。私のいただいた「Master of Letters(文学修士号)」は白(+中が紫)、同じアート系でも「Master of Arts(同じく文学修士号)」の学生は紫、そして教育系の学生は黄色のカラーでした。このカラーなんですけど、ただ被るだけでは背中の部分が重くてずるずると下がってしまいます。胸元に、ボタンに引っかけるための輪っかがついていたのですが、私は黒のワンピースを着ていたため、どこにも引っかける場所がない!!友達が持っていた安全ピンで無理矢理留めましたが、それも小さいやつだったので、結局外れてしまい、ずるずると・・・。これから卒業される方は、ブラウスの着用をオススメします。ちなみに、このガウンとカラーがないと卒業できません。ガウンは事前にレンタル(購入も可)の手続きを済ませておき、当日、受付を済ませた後、会場で借りるシステムになっていました。友達は事前予約をすっかり忘れていましたが、何とか当日借りることが出来、こちらもホッと一安心。

ceremony.jpg
卒業式が行われたのは、大学のメイン・ビルディング内にあるRandolph Hallというところ(詳細はよく知りません)。周りはステンドグラスで、見た目は教会みたいな感じ。式の前に時間に余裕があったので、みんなで写真を撮ってはしゃいでいましたが、式場に集合すると「式中に修士号授与の際、カラーを被せてもらうので、一旦外してください」とのこと。と、いうことで、この写真に写っている卒業生はみんなガウンのみ着用。

校歌を歌って(事前練習もありましたが、ラテン語なのでサッパリ)、儀式を執り行うためのお言葉的なもの(これもラテン語)を読み上げ、卒業証書授与。ほとんど流れ作業ですが、授与の方法は以下の通り:

1.vice-chancellor(vice(副)がついてるけど、学長という意味のようです)の前に行く。
2.vice-chancellorの正面を向く前に、自分の背中側に当たる場所に立つスタッフにカラーを渡す。
3.vice-chancellorが帽子みたいなヤツで卒業生の頭をポンと1回叩く(この時、vice-chancellorがラテン語で短い呪文みたいな言葉を言う)。
4.頭を叩いてもらって体を起こすタイミングで、カラーを持ったスタッフが後方からカラーを被せてくれる。
5.vice-chancellorに握手をする。
6.壇上の端に立つスタッフから証書の入った筒をもらい、握手をして席に戻る。

・・・とここまで読んでいただければお分かりいただけるかと思いますが、日本の大学の卒業式とは全然違います。形式がカッチリしてるし、ラテン語も多いし、とても歴史を感じさせるものでした。とは言いつつも、名前が呼ばれた時、客席の家族や知り合いらしき人達からワーワー歓声を飛ばされてる人や、証書もらってガッツポーズする人、客席にいる親のカメラに写ろうとポーズ取る人も多くて、意外とラフな部分もあったりして。結局、式自体は1時間程であっという間に終了。

uni.jpg
その後、大学の名所でもあるこのホールでドリンクのサービスがありましたが(※この写真は去年撮ったもの)、基本的にはここで自由解散。人数が多く、学部で旅行なんか行っちゃったりするビジネス系のコースとは違い、アート系は基本的にラフなので、式が終わって「じゃあみんなで記念撮影!」・・・なんてことにはならず、バラバラーっと解散。「うちのクラスメートと記念写真撮りたいなぁ(でも無理だろうなぁ)」と密かに思っていましたが、予想通り、式が終わるやみんなして「家族探さなきゃ!」とかであっという間にちりじりに。でも、卒業生が7名しかいない上に卒業式の出席者が5人だった私のクラスメート達は、証書をもらって席に着いた時、自然とお互いガッツリ握手!なんて感動的なことをやったので、まぁ、その思い出だけでも満足かな、と。式後にそのままトイレに行って、戻ってきたらもうドリンク・サービスが終わっていてガックリしましたが、先生にご挨拶して、ガウンを返却して、卒業式終了。朝8時40分集合で、1時半には大学を出ていたと思います。その後母と私は市内観光に出かけましたとさ。

ちなみに、調べればすぐ分かるかと思いますが、私の学んだコースはここでした。コースの内容や先生方の質、本の所蔵数などに関して、不満は全くと言っていいほどありませんでした。今年度が開設3年目(昨年度入学の私は、何と2期生!)という新しいコースですが、今年度は応募も多かったらしく、音楽学部自体も各専門機関からの評価が上がっていて、とても嬉しい限り。大学自体も、手続き関係もしっかりやってくれるし、メールをすれば数日以内で必ず連絡がくるし、イギリスとは思えない程いつも迅速な対応。日本で留学準備を進めている頃から卒業に至るまで、この手のことで困ったことはほとんどありませんでした。とりわけ、渡英前から、語学学校の担当者やInternational Officeの方、そして大学院のコースディレクターが密に連絡を取ってくださり、渡英後も仕事の範囲を大幅にオーバーしてサポートしてくださったのが何よりも助けになりました。図書館がいつも工事中とか(雨漏り工事しても次の日に雨漏りとか/笑)、図書館の空いてるPC+空いてる席探しに苦労したりとか(テスト前は常に満席)、細かいことは色々ありますが、慣れれば大したことでもないし、これといった不満は本当になく、すごくラッキーだったなぁと思います。この大学の、このコースを選んで本当に良かったと思っています。

と、いうことで、大学院留学関係のお話はきっとこれが最後。留学準備も含め、大学院留学に関するあれこれは何度かブログに書いてきましたが、それらの記事が、少しでもイギリス留学に興味を持っている方の助けになればなぁと思います。

拙ブログの今後に関しては、また今度。ひとまず年内一杯は引き続き英音楽業界関連ニュースと気候変動問題について扱っていきます。
スポンサーサイト
留学生活 トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
--
2009/12/04 08:18
ひとまず
mini.jpg
12月2日、大学院を卒業しました。

mini0.jpg
式中はもちろん写真は撮れなかったけど、始まるまえにちょっとだけ隠し撮り。学校のメイン・ビルディング内にある素敵なホール(というか、礼拝堂?)にて。

グラスゴー滞在は3日間でしたが、友達にも会えたし、1年間住んでたフラットに帰れたし、楽しかったです。これからもう少しだけ、母とロンドン観光してきます。
ひとまず、ご報告までに。
留学生活 トラックバック(0) | コメント(3) | Page top↑
--
2009/08/05 19:16
I became a minority again.
090804.jpg
実家から下り坂を下ったところ。1番好きな場所。これも大都会・横浜市の風景なのです。

昨日の早朝、無事にグラスゴーに戻って参りました。
14ヶ月ぶりに日本に帰ったわけですが、どこ行っても変わったところは特になく、久々の日本での生活に違和感を感じることもなく、淡々と2週間過ごしました。車も自転車もまだちゃんと運転出来たし、満員電車に乗るのも特別でもないし。日本にいるとパッと日本モードに戻れるものですね。あまりに日本にいるのが自然すぎて、イギリスに戻れないかと思いましたが、戻れば戻ったでちゃんとイギリスモードにスイッチ・オン。なんだ、そんなもんか、と。

日本滞在中はお友達との再会から帰省、病院、買い物・・・と色々用事を済ませるので忙しく、あまりゆっくり出来ませんでしたが、やるべき事は全てこなせたかな、と。フジロックも楽しかったです。時間がなかったのでフジに行かなくても良いかなと思っていた節もあったのですが、友達に沢山会えたし、日本のフェスがどんなモノだったかを改めて思い知らされたし、そうゆう意味では行って良かったです。何より、結成時から応援している9mmの晴れ舞台を見れて嬉しかったです。

さて、修論の締め切りもすぐそこなので、思い残すことのないよう、最後まで気合いを入れて作業に取り組みたいと思います。

日本でお世話になった皆さん、本当にどうもありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
留学生活 トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
--
2009/05/08 00:22
365日
090507.jpg
グラスゴー生活最初の1ヶ月半を過ごした寮。懐かしい・・・。

今日でグラスゴーに来て丸1年経ちました。意外と記念日を気にするタイプなのですが、今回は1年経ったからといって特別な気分にはなっていません。それより、昨日イギリス生活最大の嬉しいニュース(後述)が飛び込んできて舞い上がっている状態です。

大学の交換留学で約10ヶ月が普通ですから、彼らよりは少しだけ長くいるのですが、10ヶ月でも12ヶ月でもあまり変わらない気がします。さすがに6ヶ月と12ヶ月だと雲泥の差ですが。

1年イギリスで過ごしてみて学んだことといえば:

- イギリスは魅力的な国だけど、正直生活は荒んでいる。
- イギリス人の適当さにはもはや尊敬の念すら覚える。
- 英語が少し出来るようになったが、1年留学では大した英語力がつかないことが分かった。
- 日本人に限らず留学生全体的にそうだが、留学生同士で固まる傾向にあり、現地の友達を作るのは非常に難しい(特に大学院生)。
- イギリス人は週末をものすごく大事にする。「どちらか1日は何もしないで休め」 と言われるが、他のアジア人に聞くと大抵「週末はイギリス人が図書館にいなくて空いてるからこそ、勉強のチャンス!」という話になる。
- ライブが夜8時半位から始まって、終わるのが11時。朝型なので体質に合わなくてしんどい。
- ライブでも何でも、夜出かけるとなると突然化粧が濃くなり、ドレスアップする女子共にはげんなりする。
- 大学も市街地もライブハウスも徒歩圏内なので、電車に乗って通勤・・・なんて生活がもはや信じられない。
- スコットランドの独立性には驚く。
- イギリスと日本の音楽業界どっちが面白いかと聞かれたら、間違いなくイギリスと答える。でも、リスナーとしてだったら、日本は色んな音楽があって良いと思う。


そして1年経っても寂しいこと:

- 朝ご飯に納豆(週1くらいで食べてるけど)。
- 好きな日本のバンドが見たい(ほとんどいないけど)。
- 髪の毛切りたい。一昨年の12月から1度も切っていないから貞子みたいだし枝毛だらけだしでかなりだらしない。
- 半袖着て外を歩き回りたい。今年こそグラスゴーにも夏がありますように。


人恋しさは実はあまりないです。あまり日本語は頭に入れたくない(と言いつつ日本語でブログを書いている)っていうのもあるし、電話やメールや手紙があるし。くだらない話をして笑うのは、次の機会のお楽しみ。

++++++++++++++++++++++++++++++

そして、丸1年記念かのように昨日舞い込んできたニュースが、Blackbudのグラスゴー公演決定(今月31日なのにまだチケット発売されてない様子・・・心配)。このバンドを見るためにイギリスに来たと言っても過言でない位、思い入れているバンドなのです。売れ線じゃないのは百も承知だけど、「これで日本盤が出なかったら、日本のレコード会社の人達の耳はどうかしてる」とおっしゃったファンの方の気持ちもよく分かります。こうゆう良質なバンドこそ、日の目を浴びる機会があって欲しいのに。
6月8日リリースのアルバムがオフィで全曲試聴出来るので、興味のある方は是非。
http://www.blackbud.co.uk/

Blackbudの前にも、実はSubpoltsDirectorThe Horrorsと欲しいアルバムが目白押しなのですが、3枚とも買うお金がありません・・・ううう。少し辛いですが、ネットで聞いて持ちこたえることにします。
留学生活 トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
--
2008/11/15 19:27
日本のテレビ
留学する上で、日本にいないが故に悔しいことの第1位がフジロックだとしたら、第2位はフィギュアスケートが見られないこと。大の浅田真央ファンで、暇さえあればyoutubeで過去の演技なんかを2時間も3時間も見ている超ミーハー。イギリスは全くフィギュアとは無縁の国なので、テレビ中継ももちろんなし。youtubeで何とかなるだろうと思ってはいたのですが、なんと、日本の地上波放送が生で見られるネットチャンネルがあることを発見!それが、KeyholeTV。"総務省の「次世代P2P型コンテンツ流通高度化技術に関する研究開発」によって開発されたP2Pテレビを受信する為のアプリケーション"(wikiより)だそうです。

今日のSPの結果はもうネットで見てyoutubeでも見てしまったのですが、日本人の熱血解説が好きなので(特に伊藤みどりさんのが好き)、今テレ朝の放送をまさにKeyholeTVで視聴しています。
081115.jpg
ウォーミングアップ中の真央ちゃん(涙)!

半年ぶりの日本のTVです。すごいなぁ。これでNHKのニュースも見られるのかぁ(←ニュースはNHK派)。あ!後、年越し番組も見られるのか!ガキ使の笑ってはいけないシリーズ!見たいと思ってたんだ!わわわー!何でも出来るなぁ、このご時世。でも、フィギュアとガキ使以外で見る予定はないかな。日本語を読むだけならともかく、聞く回数まで増えると英語に慣れた耳がダメになる気がするし、テレビがなくてもasahi.comとか行けばニュースは読めるし。

関係ないけど、今やってる小塚選手のSPの曲はAJICOがライブでカバーした曲だ(そしてそれサークルでコピーした)。この曲好き。明日のFPも中継見ます!真央ちゃん頑張れー!
留学生活 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
NEXT →
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。