イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/06/15 17:13
グラスゴーの夏
090615.jpg
The Degree Show at Glasgow School of Art, 13/6/2009
090615-2.jpg
Kelvin Avenue (West End Festival), 14/6/2009
090615-3.jpg
West End Festival, 14/6/2009

グラスゴーの夏のお祭りと言えば、やっぱりGSAのthe Degree Show(卒業制作展)とWest End Festival。The Degree Showは去年も行ったけど、West End Festivalは今年が初めて(去年の今頃はアイルランド旅行中)で、それは盛大に行われると聞いていたので楽しみにしていました。

The Degree Showは去年も誘ってくれたアートスクールの友達と行きました。とても全部見る時間がないので、マッキントッシュ・ビルディングの部分だけ。去年も思いましたが、the Degree Showにはものすごーくおしゃれな学生や関係者が集まってくるので、会場のどこにいても強力なクリエイティビティに溢れていて圧倒されます。UKのミュージシャンにはアートスクール出身が多いと言われていますが、このクリエイティビティを音楽に持ち込まれたら、そりゃ敵いません・・・世界中の人々を惹きつけるパワーはここにあるのでしょう。個人的な感想ですが、音楽もクリエイティブなものだけど、アートの持つクリエイティビティの方がメッセージ性が強く、説得力がある気がするのです。
ちなみに、1番面白かったのが上の写真の作品。写真だけでは何が何かさっぱり分からないと思いますが、そこはご想像にお任せします。

そして残りの2つの写真は、West End Festival。先週土曜から今月末まで続くながーいお祭りで、各地でイベントが行われるのですが、昨日のオープニングパレードが1番の見所。さすがイギリスだけあって、パレード参加者の気合いが違います、衣装が。仮装大会同然です。後、グラスゴーにいていつも不思議に思うのですが、パーカスの団体 - ラテン系やアフリカ系の音楽を(白人が)演奏する -が本当に多い。 昨日は年配の方がメンバーにいるような団体も多く、ビックリしました。こうゆう音楽、人気があるのかなぁ。でも、おかげで、久々にフジのヘヴンにいるような気分になって、一時の幸せを味わえました。

では、これから修論にいそしみますが、おまけにこのライブ映像のリンク貼っておきます(URL)。2週間後に彼らが見られる!楽しみすぎて死にそう・・・!
スポンサーサイト
お出かけ(グラスゴー) トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/13 03:13
Glasgow International Piping Festival
080812-3.jpg

昨日から始まった世界最大のバクパイプのお祭り「Glasgow International Piping Festival」のイベントを見に行きました。

土曜日にはグラスゴー・グリーンで国際大会も行われるこのイベント。City Centreのジョージ・スクエアでは毎日各国からやってきたバクパイプ・バンドの演奏が行われています。
080812-4.jpg
彼らはアメリカからはるばるいらっしゃいました。

080812.jpg
オマーンの軍隊の皆さんは、バクパイプとオマーンの太鼓&伝統音楽のミックス。一緒にいたイラン人が「このメロディはアラビックのメロディだよ」と懐かしそうでした。

バクパイプの音を聞くとアイルランドよりスコットランドを思い浮かべてしまい、アイルランド仲間の皆さんには非常に申し訳なく感じる今日この頃(アイルランドはセッションの音の方がアイリッシュっぽい感じしませんか?)ですが、そんなことは忘れさせてくれるほど感動的だったのは、The National Youth Pipe Band of Scotlandの素晴らしい演奏!彼らは10歳から25歳までのスコットランドのユース・バンド。若いとは言っても演奏はものすごく上手。日本で聞いたことのあるバクパイプの演奏とは比べようがないほど上手でビックリ(日本のバクパイプ愛好家の皆さん、すいません)。

080812-2.jpg
最初のパーカッションだけの演奏の時は舞台の上で戦って見せたり、途中地元のダンスグループと競演したりとなかなか演技派。女の子も意外と多いんです。現代音楽や他国の民族音楽(パーカッションとか)が大胆に取り入れられていて、音楽的にもとても興味深かったです。演奏している本人達はものすごい練習を重ねたのだろうと思いますが、みんなとても楽しそうだし演奏するのが大好き!というオーラが溢れてるし、こうゆう伝統の受け継ぎ方は良いなぁとしみじみ感じました。

土曜日のチャンピョンシップは行かないのですが、来年は行きたいなぁ(←じゃあ今年行け、とかいうつっこみはなし)。
お出かけ(グラスゴー) トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。