イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2011/04/29 23:49
ポピュラー音楽とチャリティーに対する雑感
11-4-29.jpg
上のジャケット写真は、輸入盤で初のオリコン総合チャートトップ10入りした洋楽コンピ『Songs For Japan』です。収益金は、東日本大震災で被災した方への復旧復興のために寄付されます。

所謂“ポピュラー音楽”と言われているものを通じたチャリティーが盛んに行われているのは、市民に社会問題解決のための参加を促す最も敷居の低い方法の1つだからでしょう。複雑で政治的な問題に誰にも身近な音楽を絡めることで、よりアクションを起こしやすい環境が作れると考えられています。グラストンベリーやフジロックのようなフェスティバルでは、多くのチャリティー団体が関係していますが、彼らの狙いもまさにここです。また、音楽とチャリティーが結びつきやすいのは、ミュージシャンを生業にする人達には社会問題に敏感な人達が多いからと考えることも出来ると思います。

チャリティー団体が、ロビー活動をしつつ市民向けのユニークなキャンペーンを行っているのは別にして、個人的に、商業活動の中から生み出される“お手軽”なチャリティー・アルバムやチャリティー・ライブに対して、これまでやや懐疑的に見てきました。ポピュラー音楽を通じたチャリティーに対して、例えば「環境問題考えるならそもそもフェスを開催しない方が良い」とか、チャリティー・アルバムでは大した寄付額にならない」「売名行為」といった類の批判が出てくるのも理解出来る。私は大学院でライブ産業と環境問題を研究する中で、ポピュラー音楽という商業活動の中で直接利益にならないチャリティー活動がどう位置づけされているかも見てきました。そんなこともあり、音楽を通さないでもっと直接的に問題解決に繋がるアクションに結びつくキャンペーンが必要だと思っていました。しかしながら、今回の東日本大震災を経験して、音楽を通じたチャリティー活動もアリというか、この役割は無視できないと思うようになってきました。

横浜に住む私には自身による直接的な被害はありませんでしたが、地震当日には帰宅難民になり、計画停電や買いだめが起こる町で暮らす中で、初めて自分が大震災の当事者になる経験を味わいました。他の多くの人がそうであったように、「これは行動しなければ!!」という強い気持ちに駆られ、私も募金や救援物資の仕分けボランティアをさせて頂きました。ただ、初めて自分が当事者になって見えてきたのは、多くの人達が被災地支援のためにアクションを起こしているとは言っても、実際にボランティアのような労力を伴う活動やまとまった額のお金を出すにはある程度の勇気が必要で、そう多くの人ができる訳ではないということ。例えば、立ち寄ったコンビニの募金箱にお金を入れるのは簡単だけど、同じ額を赤十字に直接振り込むのはそれより手間がかかる。この小さな違いは、活動を起こす側となる人の中ではものすごい大きな違いなはずです。もちろん、一人一人が「出来ること」をやることが大事なのですが、この違いでアクションが起こせるかどうかのラインが引かれるなら、このラインを下げる努力が必要だと思います。また、これは個人的にですが、被災していないエリアで住む人の中で、我が家のように身近に被災した知り合いがいる人とそうでない人とで気持ちにも違いが出てきていると感じることが増えました。自分自身も含め、継続的支援をどう実現させていくかについても、もっと考えないといけません。

そう考えた時、やはりより気軽に出来るチャリティーの形があっても良いはずではないかと思うようになりました。チャリティーでなくても元々そのCDを買うポテンシャルのありそうな消費者が、それがチャリティーCDであることによって少しのお金でも寄付されるなら、それはそれで良いことではないかと。購入者にとっても、「自分のお金の一部が復興に使われる」と思えば意識も高まってくるでしょうし。チャリティー・ライブもしかり。特に、音楽の購買層は小学生からご高齢の方まで幅広い。どんなに額が小さくても、音楽のように老若男女問わず「復興支援のために何かやった」という意識を与えられるのは素晴らしいと思うのです。

RIMG0824-.jpg RIMG0815-.jpg
最後に。上の写真は、東日本大震災から1ヶ月経った今月のある日に、父の地元、気仙沼市を訪ねた際に撮影したものです。1枚目が鹿折唐桑地区。真ん中の船がある辺りが鹿折唐桑駅です。2枚目はホテル望洋方面を撮影したもの。写真を撮った私の背中の方には、一時約300人が孤立したヤヨイ食品の建物があります。私は東京出身ですが、父の実家を津波でなくし、被災地に多くの親戚を持つ身として、これからも何かやらなければならないという気持ちでいっぱいです(幸い近親者は全員無事です)。現地で見たり聞いたりしたことや現地で感じたことを一生忘れず、毎日を大切に、私は私ができることを精一杯やっていきます。
スポンサーサイト
社会問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2009/10/16 01:13
ブログ・アクション・デイ

今日10月15日はブログ・アクション・デイです。世界中のブロガーが手を取り合って、1つの問題について記事を投稿しようという日。今年のテーマは「気候変動問題」とのことで、是非私も参加してみようと思います。オフィシャルサイトはこちら

で、私はどんなニュースを載せれば・・・と思ったのですが、素敵ブロガーcupnoodleさんの「かっぷぬーどるの洋楽ブログ」経由で、気候変動関係のExhibitionがあるとの情報をキャッチしたので、紹介してみます。

underwater.gif

Tank GirlやGorillazで知られるアーティスト・Jamie HewlettがOxfamと共にバングラデシュを訪問。そこで得たインスピレーションを元に描いた作品が、「Under Water Colours Exhibition」の一環として、流行発信地・イーストロンドンはBrick Laneのギャラリーに展示されます。ちなみに、バングラデシュは、元々、地理的な問題から洪水の被害を受けやすいことで有名ですが、今は温暖化の影響を最も早く被っている国としても知られています。

こうゆうコラボはバッシングの対象になりがち(「飛行機飛んでバングラ行ったんだろ?」的な)だし、イギリスでは、気候変動問題とバングラの話になると、しょっちゅうバングラ側にバッシングが飛ぶ(まぁ、元英植民地だった影響もあるんだろうけど)んですけど、「んなバッシングしてる暇があるなら、まずは現実を見よ」と、個人的には思います・・・。

ちょうど今週末Brick Lane行こうと思っていたので(先週末も行ったけど/苦笑)、足を伸ばしてみようと思います。もしロンドン近郊在住の方がいれば、是非。これを機会に、気候変動問題に対する関心が高まればと思います。以下、Oxfamのウェブより引用。

Under Water Colours Exhibition featuring Jamie Hewlett

Saturday 17–31 October 2009
Open every day 10.00 am – 6.00 pm
Free admission

Dray Walk Gallery (next to the Big Chill Bar, off Brick Lane)
Truman Brewery
Dray Walk, London E1W 6QL

(source: Jamie Hewlett climate change exhibition - Oxfam, accessed on 15/10/09)

社会問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2009/01/21 08:31
日本人の立場
090120.jpg
The Guardianより。オバマ米大統領就任式。

インターン先から帰宅して、真っ先にThe Guardianのwebpageを開いて、飛び込んできたのがこの写真。100万人を超える群衆。真ん中の塔の位置まで人、人、人!

アメリカ以外の多くの国の人々(私を含め)が、8年間も続いたブッシュ政権の一刻も早い終焉を願い、オバマ新政権の誕生を今か今かと心待ちにしていたと思いますが、アフリカ系アメリカ人をはじめとした黒人の方の想いの深さには到底及ばないものなのだと実感しています。

何でこんなことを書こうと思ったのかというと、私のフラットメイトの1人がアフリカ人だからです(※うちのフラットに住むのは、ジンバブエ人とアイリッシュの黒人&白人カップル、そして私(日本人)の3人)。ジンバブエ人の彼は、元々、政治や経済への関心・興味が高いのですが、殊更、この米大統領選に関しての興味は高く、選挙期間中も盛んにブッシュ批判とオバマ支持を繰り返し唱えていました。次期大統領決定選挙の際も、開票速報をずーっとTVで見ていたし、今日も、イギリス時間で2時から始まった就任式の生中継を見るために、午後休をとる程の熱心ぶり。彼は高校から今までずっとスコットランドに住んでいるし、仲の良い友達はほぼ全員白人だし、そうゆう意味では、アフリカ系アメリカ人とも、アフリカ在住のアフリカ人ともまた少し違うでしょう。でも、そんな彼でも、この盛り上がりなのです。さっき、彼女の方と少し話したのですが、曰く「例え彼はアフリカ系アメリカ人とは違うとしても、白人に長年国を占領されてきたという思いがあるだろうし、そう考えれば、オバマ氏の大統領就任には特別な思いがあると思う」とのこと。そんな彼の姿を見ていると、彼にとって、オバマ氏が大統領になるということは、“ブッシュの悪政の終焉と希望に満ちた新政権の誕生”以上の様々な意味があるのだということを実感せざるを得ないのです。

・・・と、そんなことを考えていると必ず思い出すのが、西洋の世界におけるアジア人の不在。日本にいた時から考えていたことではあるのだけど、イギリスに来てからとても気になるようになりました。イギリスは多民族国家の1つですが、政治家になる移民系イギリス人は少数ない上に、アジア系は確かゼロかイチだったような記憶があります。英米ポピュラー音楽業界を考えても、“ミュージシャン”という世界にアジア人に入る隙はなし(そう考えると、タカさん(Feeder)とかThe Go! Teamの2人(しかも女性)とか、本当にすごいと思う)。ここはイギリスなので、わざわざアジア人が活躍する必要はないのかもしれませんが、イギリス全土で生活するアジア系イギリス人(特にインド系)を無視するわけにはいかないはずです(特に政治)。でも、インド系はともかく、極東アジア系や中東系移民は、黒人とは違って新しい移民なので、余計に話題になることがないというか・・・。アジア系も棲み分けが進んでいるから、白人の人達も「中国人はよく見かけるけど、中華レストラン以外はよく知らない」といった感じなのだろうと思いますが、そんな状況は少し悲しい。

そして私は、移民ではなく、期間限定でイギリスに住んでいるただの日本人留学生。経済的にも思想的にも他の極東アジア人とは少し違うし、日本系イギリス人がたくさんいるわけでもないので、100%日本人としてイギリスに住む人の立場ってなんなんだろうなぁと考えてしまいます。まぁ、中国人に間違えられて中国人扱いされておしまい、といったところでしょうか。それもなんだか悲しいですね。
社会問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/11/12 08:38
死ぬ権利
081112.jpg
The Guardianより。

Teenager who won right to die: 'I have had too much trauma' - The Guardian(11/11/2008)
Girl wins right to refuse heart - BBC News(11/11/2008)

日本でも報道されていることを願います。

イングランドHerefordshireに住む13歳のハンナちゃんが、裁判で“死ぬ権利”を勝ち取ったという衝撃的なニュース。波紋が広がりそうです。

彼女が4歳の頃から病院通いが始まり、5歳の時、症例の少ない特殊な白血病と診断されたとのこと。治療のために、彼女曰く「あまりにも長く病院で時間を過ごしすぎた」。life-saving heart(人工心臓?)の移植手術が必要と診断され、病院は手術をするよう強くすすめたにも関わらず、彼女は「リスキーすぎる」「病院にはこれ以上行きたくない。トラウマになっている」「手術で良くなるかもしれないけど悪くなる可能性だってある」等の理由で拒否。ついに裁判となり、結果、「彼女には意志決定する能力がある」として、ハンナちゃんが勝利。余命数ヶ月との宣告されているそうですが、彼女は意志を変えるつもりがなく、自宅で家族や友人に囲まれて人生を終えることを望んでいるとのこと。彼女の両親は「彼女は本当によく育った。素晴らしい娘」と、彼女の意志を全面的に尊重。現在、家族は12月にディズニーワールドに行く予定を立てているそうですが、保険旅行の加入を拒否されているため、彼女の状況を公表することで、エージェントを探しの助けにしたいとのこと。

英ニュース専門チャンネルSky Newsでは、ハンナちゃんと彼女の母親にインタビューしている映像が繰り返し放送されています。そのインタビューはこちらからどうぞ。とてもしっかりしたお子さんに見えます。本当にしっかりしているように見えます。そして隣には穏やかな表情の母親。見ているこちらは正直複雑な心境です。インタビューアーのアナウンサーも何とも言えない表情。

日本では報道されていますか?どのような反応があったか、もしご存じの方がいたら是非教えていただきたいです。
社会問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/07/08 00:30
G8 洞爺湖サミット-英国報道より
080707-3.jpg

洞爺湖サミット初日が終了しましたね。
大学時代のお友達から早速が速報届いて「2、3日前の静けさが嘘のように、どこもかしこもサミットの話題でもちきりだよ(ウルトラ級にくだらない話題も含む)」とのこと。残念ながら寮ではテレビが見られないので、英オンライン・ニュースからイギリスでの報道を少しだけ取りあげてみます。長いので、ここから先は「続きを読む」をクリックしてください。
続きを読む
社会問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。