イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/12/15 06:28
The best of 2009
去年少しはやったと思ったら、全然やってなかったですね、年間ベストアルバム!みたいなやつ。元々新譜をあまり熱心に聞かないタイプ(反省)なのだけど、さらに今年はロック以外のジャンルに全然手を出さなかったのを今更反省。なんてミーハーな聴き方をしていたのかと・・・。でも、気に入ったものをちょろっとだけ。

【アルバム】
The Horrors - Primary Colours

【ソング】
The Horrors - Sea within a Sea
The Underground Railroad - 25
Animal Collective - My Girls
Graham Coxon - In the Morning
Jarvis Cocker - "Further Complications"

今年はアルバムもシングルもホラーズ。アルバムはホラーズ1本で(えぇっ!?)。中毒になるくらい好きになった。一般的に、今年はUSインディ勢(アニコレとか)が盛り上がったのかなぁ。でも、UKインディ勢もWild Beasts「Two Dancers」やThe xxのセルフタイトル、The Phantom Band「Checkmate Savage」とか、良作が多かったと思う。
曲単位では、Lily Allenの「Not Fair」をカバーしたGomezの「It's not Fair」もゆるくてかなり好きだった。それから、Jarvis Cockerの"Further Complications"は年間ベストPV(→URL)。

【ライブ】
Blur @Glastonbury Festival
Blur @Hyde Park (3 July)
Nine Inch Nails @T in the Park
Graham Coxon @King Tut's
The Temper Trap @King Tut's(11 May)

ライブは沢山行ったんですけど、やっぱり今年はブラーでした。T in the Parkももちろん良かったですが、グラスト~ハイド・パークの流れはスペシャルな空気が流れてたし、ものすごく感動的だったし、人生のベスト3くらいにはいる素晴らしいライブでした。
上記のもの以外では、自分が特にご贔屓しているUK叙情派3バンド(Muse、Coldplay、Radiohead)の(当然のことながら)素晴らしいライブが見れたのは凄く嬉しかった。それから、イギリスにいないと絶対見れない、もしくは当分来日がなさそうなバンドが見られたのラッキーでした(特にBlackbud/感涙)。

【その他】
去年秋から引き続いて、今年もブリット・ポップにずっぽりはまりました(その影響が今年のベストには反映されすぎだと思う・・・)。音源はもちろん、雑誌やらドキュメンタリーやら色々漁って、調べれば調べるほど、ムーブメントとして凄く面白いな、と。好きになったバンドは多くはなかったですが、Elasticaは凄く気に入って、2枚ともよく聞いてました。
・・・と、こんな流れもあったので、おそらく、新旧合わせると、今年1番聞いたのはブラーだったんじゃないかと思います。Summer of Loveは終わったけど、今もよく聞きます。

++++++++++++++++++++++++++

来年はもう少しロックから外れて、生音主体ののんびりした音楽を聞きたいな、と。インストとか(って毎年言ってる気がする・・・)。

ちなみに、スコットランドのカルチャー誌「The Skinny」のランキングはこちらからどうぞ。ものすごく王道過ぎてちょっとガックリなとこもあるけど、スキニーのお気に入り・The Twilight Sadの名前があるからいっか(え?)。
スポンサーサイト
お気に入り トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2009/10/23 01:50
グラスゴーへの恩返し
091022-2.jpg
超可愛いジャケット。Zoey Van Goey - The Cage Was Unlocked All Along

このブログを始めたばっかりの頃に紹介したグラスゴーのバンド、Zoey Van Goey。彼らが自主制作し、今年夏に発売したデビュー・アルバム「The Cage Was Unlocked All Along」が、この度グラスゴー最大のレーベルChemikal Underground(デルガドス、モグワイ等)との契約を機に再リリースが決まり、今月19日から日本でもamazonなどで購入可能になっています。9月のライブに行ったとき、自主制作盤がまだ少しだけ余ってるっていうから、買おうか迷って結局買わなかったことを今更後悔。でも、まさか、今更アルバム持ってないだなんて言えなかったし・・・うーん。

最初にZVGを見た時は結構グダグダだったんですけど、その次に見たのは、北野武監督の「Doll」をモチーフにしたお芝居とコラボレーションでしたが、これが本当に良くて。で、最後に見た9月のライブは、実力もしっかりついてたし、とても楽しかったです。本当に良いバンドになったなぁと思います。

091022.jpg
Zoey Van Goey are:
 Kim Moore
 Matt Brennan
 Michael John McCarthy

彼らはグラスゴーで活動中だけど、出身はイングランド、アイルランド、カナダとバラバラ。でも、サウンドは所謂グラスゴー的なネオアコというのが、個人的にはとても面白いな、と。グラスゴーの音楽シーンは多様であるとはいえ、グラスゴーだけでなく、スコットランド全体として、ネオアコ流れのバンドは確かに多いとは思います。でも、何でそうゆうバンドが輩出されやすいのかと言えば、グラスゴー人が作るとそうなるんじゃなく、グラスゴーの人達に馴染みのある音で、且つそうゆう音楽が好きだからではないかと、個人的には感じています。だから、作る方がグラスゴー出身である必要はないのかも、と。特に、ZVGの場合は、カナダとアイルランドという、フォーキーなサウンドに定評のある国出身のメンバーがいるわけで、彼らの作り出す音楽が、グラスゴー好みのサイケな感じになるのも当たり前といえば当たり前なのかも。

グラスゴー好きはマスト。そうでなくても是非聞いてみてください。
●Links
Official Website
Myspace


(冒頭部分で、典型的なグラスゴーのフラットの外観が見れます。懐かしい~涙)

昔チラッと書いたのですが、バンド、マネージメント、レーベルとも、学校繋がりで色々お世話になったので、ブログでささやかながら恩返し。・・・恩返しになってると言うのかなぁ・・・うーん。
お気に入り トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2009/06/01 18:30
待ちわびていた瞬間
090601-2.jpg

090601.jpg
上:今年も出没、パブのガーデンでタニシ化したグラスゴー人達 at Ashton Lane
下:Blackbud at King Tut's Wah Wah Hut

この週末、25度近くまで気温が上がり、まさに夏と言うに相応しいお天気でした。今日も晴天です。こうゆう時に夏を楽しまなくていつ楽しむ!?なので、昨日はワンピースを着て、フラット裏のガーデンでフラットメイトのBBQに後乗りして(BBQ自体はもう終わってたけど)、まったり。今週は中頃からまた15度くらいに戻るみたいなので、明日明後日、この晴天を存分に楽しもうと思います。

そして、昨日はBlackbudのライブの日でもありました。3年以上待って初めてのライブでしたが、Museを見るのに6年待ったことやRATMを見るのに7年待ったのと同じくらいの重みがありました。ライブは大満足とまではいきませんでしたが、彼ららしさと、イメージとは良い意味で違ったところとあって、やっぱり生は違うなぁとしみじみ。ライブ後にお話ししたメンバーも本当にみんな気さくで親切な人達でした。幸せな夏の夜のひととき。これ以上幸せになれないかも。Blackbudを好きで本当に良かった。

さて、幸せの充電も終わったので、気合いを入れて勉強に戻りたいと思いますが、その前に、これから再びロンドンに行ってパワーアップしてきます。ロンドンもっと暑そうだなぁ・・・うう。
お気に入り トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/12/24 10:09
アイルランドを知り尽くせ!
081224.jpg

クリスマスと年の瀬の記念という名目で、今日はシリアスなニュースもイギリス・ネタも中止!(最後に出てくるけど)代わりに、部屋にはアイルランド国旗を飾っている私より、ちょっと前に見つけたアイルランドのアニメ・スタジオ「eyebrowy.com」を紹介します。彼らが題材にしているのは、主にアイルランドを含めたインディミュージシャン。これがとにかく似てる!ネタが細かい!そして笑えます!

まずは入門編の「NATURAL BORN SINGERS」。某動画サイトで話題になっていたので、知ってる人もいるかも(こちら。訳付き)。この作品はUKバンドがメインなので分かりやすい。Webからそのままコピペすると、出演はOasis, Coldplay, U2, James Blunt等。Coldplayのお子さん達も登場します(ものすごい感じで)。ギャラガー兄弟の強烈なマンチェ訛りとビートルズ愛には感動すら覚えます。終盤の、突然の場面展開からアーティスト全員集合的なシーンも要注目!

そして、アイルランド好きなら絶対見ておきたいのが、ダブリンを舞台にした映画「Once」でも話題になったThe Framesのグレン出演作。同じアイリッシュのダミアン・ライスと共演しているこちらがオススメ。冒頭の思いっきりな「デミエン・ロイス」といい、アイリッシュな言い回し(moiとかcrackとか)といい、ちょっと古風なグレンっぽさが満載。そして最後に、ダブリンのレコード屋さんと言えばここ!なRoad Recordsが登場!これはアイルランド好きな日本人でもインディ音楽を聞いてない人じゃないと知らないはず!こうゆうネタが実はかなり多くて、the White Stripsの作品がある一方、Bell x1(←アイルランドのロックバンド)の作品があったり、Electric Picnic(アイルランドのフジロック)ガイド、Phantom FM(インディ系に強いアイルランドのFMラジオ)なんて作品もあったりします。

アイルランドでは「邦楽」扱いになる北アイルランドのバンドも登場。Ashもあるけど、北アイルランドからスコットランドにやってきて活動していたSnow Patrolの「Tour Dairy」という作品は、短いですがアイロニックで笑えます。ベルファスト、グラスゴー、ダブリンと彼らの"ホーム"でライブをやって、最後にイングランドのノーウィッチに来るのですが、ここのオチがもろアイルランド人らしい。

ちなみに、BBC Northern Irelandでも少し見れます。北アイルランド出身のThe Undertonesまでネタになっている!しかもおじいちゃん扱い!

ちなみに、DVDも出ているようです。次に「自分にご褒美」の機会をつくるとしたら、このDVDを買うことにします。
お気に入り トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/10/19 03:45
応援中
081017.jpg

日本より、amazonで購入した9mm Parabellum Bullet(→official website)の新譜「Vampire」(のmp3ファイル)(と、Thom Yorkeのソロremix盤のmp3ファイル)がグラスゴーに到着です(thanks: 妹!)。

9mm Parabellum Bulletは、今作でオリコンのデイリーチャートで発売日に1位を獲得、今日行われたはずの日比谷野音のワンマンも大盛況で終了したらしい・・・というバンドです。

留学を決めたとき、フジロックと同じくらい悔しかったのが、9mmのライブに行けなくなる事。今活躍しているギターロック系のバンドには全く興味がないけど、このバンドだけはずっと応援してきました(一時期全くライブ行かなかった時期もあったけど)。9mmやあの頃出会ったみんながいなかったら、今頃私はもう音楽なんて聞くこともなかったと思うから、こうやってグラスゴーまで来て音楽に関わることを学んでいるなんて、少し不思議な気分。そういえば、グラスゴーの音楽を教えてたのも、あの頃出会った後輩だったっけ。ともかく、そんなこんなでやってきたグラスゴーで、まさにこれが9mmと言わんばかりの、こんなに素晴らしいアルバムが聞けて、本当に幸せ。

日本に帰って次に彼らのライブを見る時、グラスゴーでやってきたことを自信を持って説明できるような自分でありたいです。でも、しばらくはこのアルバムを聞いてこの素晴らしいアルバムの完成をお祝いしようと思います。
お気に入り トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
NEXT →
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。