イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2008/08/31 08:25
寝れない!
080830.jpg
この景色が明日見られるのかと思うと浮かれて寝られない!!
・・・のではなく、明日のHydro connect festivalに行く前にエッセイを終わらせないといけないので寝られないのです。

第1回目だった去年は、メンツが大人向け(プライマルやTFCなどグラスゴー・バンドが大活躍)だったせいもあってか、比較的落ち着いた雰囲気で、地産のおいしい料理も食べられる、ちょっとおしゃれなフェスだったそう。ただし、そのフードコートが小さかったとか、大雨で大変だったとか、そんな話もちらほら。

でも、オフィシャルサイトを見てると、綺麗な場所だし牡蠣もおいしそうだし(←購入予定。ベジ失格)、期待してなかったけどちょっとヒッピーっぽいし、なんだかわくわくしてきた!(←今更)

ちなみに、他のほとんどのフェスと同様、connectも"エコ・フェス"路線。1番大きいのは、会場で使われる全ての電気が、パートナーシップを結んでいるScottish Hydro Electric(水力+風力発電)から供給されるということでしょうか。イギリスでもわずかしかない、‘完全なカーボン・ニュートラル・フェス’だそうです(こちらを参照)。これはなかなかすごいことだと思います。

とは言っても、その電力と地産地消以外はあまり期待していませ。ヘッドライナーが終わった頃には大量のゴミが落ちてるでしょうし。もちろん、実際どうなのかは明日調べてきます。

ということで、宿題に戻ります。
スポンサーサイト
グラスゴー音楽事情 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/30 05:04
今週の英音楽ニュース(29/8/2008)
イギリスの大不況到来か!?のニュースのおかげで今日ついに1ポンド197円になりましたが、円高に浮かれている間に音楽ニュースががっつりたまってました。

UK Festival Awards organisers to hold festival conference - Music Week(27/8/2008)
The UK festival Awards
が、YouropeA Greener Festivalとのパートナーシップの元、イギリス初の音楽フェス会議を行うそうです。日時は10月30日、場所はロンドンのGibson Showroomというところだそうな。ちなみに後の2団体はエコなフェスティバルを表彰するアワードを持っている団体です。詳細はほとんど書かれていませんが、これは絶対注目。会議は2ヶ月後。

Tour income to dwarf CD sales - This is money (24/8/2008)
少し前に投稿したニュースに関連しますが、海外ツアーによる収益がUK国内でのCD売上による収益を上回りそうだ、とのこと。UK国内でのCD売上と海外ツアーを比較して良いものなのか疑問ですが、PRS(SWW、作曲家、音楽出版企業の同盟)が発表しているから、きっと何か意味があるのでしょう。

Disharmony at iTunes - The Independent (29/8/2008)
音楽の無料配信が当たり前になった今、iTunesの立場はどうなるか?という記事です。iTMS、年間129.99ドルでDLし放題という案がアメリカでちらほら出ているそうですが、実は何年も前からこうゆう話が浮かんでは消えているそう。しかしながら、CDセールス(2008年予想131億)に対してデジタルDLの売上(27億)はまだ米粒のようなもの。「DLの売上がCDセールスを超えることは有り得ない」と記事も伝えているように、DLし放題になってCDが消えるかどうかは正直疑問。CD以前にレコードだって未だに需要があるわけだし。

Don't just buy the music, fans told - now you can invest in big names of the future - The Guardian (27/8/2008)
ちょっと面白かったので載せます。
ファンの投資でバンドのアルバムCDをつくろう!というベンチャー企業が立ち上がったそうです。
無事にCDがリリースされた暁には、投資者の名前がジャケットに載り、印税の1%の利益を得られる他、ライブで良席を確保できたり、限定CDが手にはいるそう。バンド側は、レーベルに所属するよりも高いパーセンテージで利益を確保できる他、楽曲の権利関係も自分で管理が出来、より自由な立場でいられるとのこと。
このベンチャー企業はこちら→Bandstocks
ちなみに、もう1つ少し似たような団体があるのでリンクを張っておきます→Power Amp Music

+++++++++++++++++++++++++++

今後も定期的にニュースのまとめを投稿していく予定です。
今週の英音楽ニュース トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/28 16:43
Clean Vibes
ほとんど毎日チェックしているRadioheadのエコ・セクション「The Most Gigantic Flying Mouth」の各会場レポート。昨晩更新分の8月22日サンフランシスコ公演に興味深い記述を見つけたので調べてみました。ちなみにこのサンフランシスコ公演はThe Outside Lands Music&Arts Festivalで行われました。TMGFMのサンフランシスコ公演のページはこちら。以下、そのページから引用、少し意訳。

Recycling:

The Outlands Festival partnered up with Clean Vibes to partner each garbage can with a compost and recycling bin, including instruction as to what should go where. Very effective system!
(The Outlands FestivalはClean Vibesとパートナーシップを結んでいた。各コンポストごみのゴミ箱とリサイクルごみのゴミ箱と一緒に、どのごみをどちらのゴミ箱に捨てればいいのか分かるような案内板が設置されていた。なんて効率の良いシステムなんでしょう!)



プラスして、このフェスのエコ関連のページによれば、Clean Vibesのスタッフが各ゴミ箱についていつでも観客がゴミの分別をする手伝いができるようになっていたようです。つまり、A SEEDがやってることに近いような感じです。海外のフェス関連で、ごみ分別に関してファンを巻き込んだ形の取り組みが行われているというのを読んだのはこれが初めて。探せばもう少しありそうですが。

ちなみにClean VibesというのはNGOではなく会社のようです。さすがアメリカです。この会社が関わってるイベントを調べたらボナルー等他のフェスにも結構関わっている模様。その中に、Radioheadが出演したロラパルーザ(8月1日)もあったので、もう一度TMGFMのレポートをチェックしたところ、以下の記述がありました。

Recycling:

Clean Vibes provided plastic, glass, aluminum, tin, glass, paper, and cardboard recycling backstage. The audience area had recycling for all the product sold through concessions. Audience members were encouraged to collect trash/recyclables and trade it in for goods and prices.
(Clean Vibesがプラスチック、ビン、アルミ、缶、紙、段ボールのリサイクルを受け持った。観客エリアのごみに関しては、会場内の飲食店で売られている全ての商品がリサイクルされた。観客には、集めたゴミを商品等と引き替えるキャンペーンに参加するよう呼びかけた。)



あれ、なんかやってることが少し違う・・・。

でも、Clean Vibesの活動方針のページによれば、基本路線はファンを巻き込む形でのリサイクル活動を推奨し、ゴミの分別だけでなくリサイクルに関する教育を含んだ形でフェスティバルの会場内で活動するとしています。それから、会場での活動にはボランティアが活躍しているようです。

個人的には、ゴミの分別なんて幼稚園の時から知ってるよ、とか言ってあげたい感じですが(←攻撃的ですいません)、この会社を知れたことは大きな収穫。後は、ホームページにもう少し新しい情報とか写真があると嬉しいのですが・・・そこは残念、ということで。
フェスと環境問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/26 07:03
“音楽の町”認定
Glasgow's music scene recognised with rare honour from Unesco - The Independent

グラスゴーがユネスコから「音楽発信の町」として認定を受けたそうです。グラスゴー内では、毎週127の音楽イベントが催され、2922人が音楽産業に従事しているそうです。その経済効果は7400.6万ポンド(およそ1億4800万位?)とのこと。

ただし、その3000人近い労働者のほとんどがパートタイムでしょう。こちらにいる音楽関係者誰もが口を揃えて言ってますから間違いないでしょう。日本の状況がいまいち分かりかねますが、日本よりはパートタイマーの割合が比べようにならないほど多い気がする。メジャーレーベルのビルが建ち並ぶロンドンと違って、しょせんグラスゴーはイギリスの北の方にある産業都市ですから。

The Metro(スコットランドの無料配布の新聞)にもなんか書いてあったなーと思ったら、音楽業界関係のwebsiteがみんな取り上げててたので、いちお載せておきます。
音楽ニュース トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
--
2008/08/24 23:32
In Rainbowsツアーの取り組み・まとめ
※過去の関連記事はこちらからどうぞ
基礎編
実践編
TMGFM更新(電力供給について)
ライブ会場編
活動報告編

約2ヵ月にわたってRadioheadのIn Rainbowツアーのエコ・プランをまとめてきましたが、今回がまとめの最後です。個人的雑感を書きます。なんか口調が偉そうで嫌なので(自分で書いてるくせに)、そうゆうのが嫌な人は飛ばしてください。

この記事に関しては英語版も書きました。内容は日本語版より内容薄いですが(←英語力の限界)、言わんとしていることは同じです。もし興味のある方がいればこちらからどうぞ。

それでは、「続きを読む」からお読みください。
続きを読む
Radiohead tour plan トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
--
2008/08/24 23:12
Radiohead In Rainbows Tour Plan revision
*The Japanese version of this article is here.

I have tried to review Radiohead's "In Rainbows Tour" through a couple of months.
My attempt was to summarise all reports/infomation, which were made public in "Dead Air Space" and to translate to Japanese. This might give Japanese Radiohead fans more infomation about the band's eco-tour plan and understanding of how, more generally, touring impacts on climate change significantly. I believe this attempt would be worth as the Japanese tend not to read English articles because of poorness in English skills (you may understand it as my poor Enlgish!) and this trend results in a kind of ignorance of important information from the band such as the Best Foot Forward's report.

If you can read Japanese, here is links of posts related to the topic.
-Summary of BFF report
-Summary of the tour plan (from The Most Gigantic Flying Mouth For Sometime)
-TMGFM updated (electricity)
-Actual actions at the venue (Glasgow Green)
-Introduction of after-gig-report (from The Most Gigantic Flying Mouth For Sometime)

Now I'd like to write my impression of Radiohead's tour plan in 2008 as a conclusion of those all posts I've done.

Basically this tour is very organised and the band's efforts to reduce carbon emissions are admirable.There are many musicians who raised a voice to make something different to climate change but I doubt if they're really doing something to reduce CO2 emissions other than appearing at charity gigs or donating loads of money to a certain NGO. Needless to say, raising money is important for NGOs, but does it make sense that an artist does touring around the world as using a huge lightning system and chatering aerplanes? I have to say it is never ethic and justified. In this respect, Radiohead's efforts could be evaluated practicable and effective not to leave carbon footprint.

However, the lack of audience involvement can be seen in the tour plan. I mean that it should be much better if audience is involved in the band's efforts more. Some criticised this point(see, for example, "Going green on the festival scene"-The Guardian(7/3/2008). As the Best Foot Forward report showed, the major cause of CO2 emissios in touring is fan travel. If the band want to enlighten fans to raise awaness of climate change, they should combine practices with a sort of education to fans. One of the ideas that I can suggest as a Japanese is, for instance, to get audience sort waste into more different categories of bins. The result may be the same whoever sort waste into bins, for example, fans, promoters, recycling-oriented companies or whatever. However, at least, this suggestion is much better than subcontracting of waste management because it requires fans' actions and also may a chance for fans to think of the connection fan behaviour with climate change.

Surely fan behaviour is not what the band can control easily. In fact, it is almost impossible, although the band can affect fan behaviour in some extent. However, as I mentioned, the involvement of fans is at least necessary to improve the band's eco-friendly plan. Otherwise things won't change fundamentally.

The tour plan is still immature,in process of its development. You CAN be involved in this by joining the group of The Most Ggantic Flying Mouth For Sometime in w.a.s.t.e. central. It's such a simple way to get involved in actions for climate change. The importance is not to do something "difficult", but to do something "different" from you did yesterday. If you're interested in Radiohead's actions, please visit their website.

I'm even not sure what I can do to reduce CO2 emissions in music context, but I was influenced by their actions and, in fact, I've changed my life style, whereas the changes may be very small.
I'm now planning to research for the relation between touring and climate change as my dissartation. I hope that I can find something practical ideas to make fans get involved in tackling climate change and do something biggar than individual actions.

At the end of this post, I'd like introduce an organisation, 'Julie's Bicycle'. They are dealing with the environmental issues in the UK popular music industries. What I should note about the organisation is that they conducted the first report of CO2e emissions from the music industries in the UK and published the report in April, 2008. All information on the website is very useful and it will help you with understanding the issues more.
Julie's Bicycle: http://www.juliesbicycle.com/
Julie's Bicycle 'first step' full report: http://www.juliesbicycle.com/wp-content/uploads/2008/05/jb-first-step-e-report.pdf
Radiohead tour plan トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/21 15:51
"Eco-EP"リリース - Moshi Moshi Records
きました!このニュースを待ってました!

MOSHI MOSHI AND THE WAVE PICTURES MAKE ECO-EP -CMU Daily (20/08/2008)

Moshi Moshi Records(名前は聞いたことある・・・)が次にリリースするロンドンのネオ・アコバンドThe Wave PicturesのEPが、ネット限定でリリースされ、プロモーションで使用される音源や資料等も全てメールでのやりとりのみで行うことが明らかになりました。

記事によれば、レコーディングはソーラーパネルで稼働するスタジオで行われ(おそらくロンドンのThe Premises, Studio A)、メンバーやエンジニアは徒歩でスタジオまで通う徹底ぶりだったようです。

これに関しては、バンド側から直接提案があり、Moshi MoshiサイドはJulie's Bicycleのアドバイスを受けながら実現したとのこと。

Moshi Moshiの共同設立者であるMichael McClatchey氏も「実験」と称している通り、果たしてこの方式がうまく稼働するかどうかはまだまだ未知数です。もちろん、もっと小規模なレーベルであれば、環境問題と関係なく、必然的に彼らと同じようなスタイルで売り出しているところもあるでしょう。重要なのは、少しは知名度があるようなレーベルやバンドがこうゆう取り組みを行って、それをニュースとして取り上げてもらうことで、同じようなリリース形態を普及させる流れをつくることです。記事にもあるとおり、これが果たして最良の方法なのかどうかは分かりませんが、現在のCDリリース方式よりはずっと環境負荷が少ないことは間違いないでしょう。

私を含め、「やっぱりCDが手元にないと!」と考える人が大半だとは思いますが、少なくても、プロモ盤はいらないでしょう。ある意味“プロモ盤文化”とも言えるものが存在しているのも理解できますが、プロモ盤をなくして、Block Partyのように「出来たからさっさとリリースすることにした」くらいの勢いでリリースしてくれた方が個人的には嬉しいです。

ということで、今後もこんなニュースを取り上げてまいります。
音楽と環境問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/21 03:59
アラン・マッギー、グラスゴーを語る。
Alan McGee: An original beauty is born in Scotland's rock'n'roll city - The independent

オアシスを発掘したことでも有名なCreation Records創設者・アラン・マッギーの書いたグラスゴー音楽事情です。

グラスベガスが「次のイギリス・ロックシーンのトップの握るであろうバンド」だと思っているのは、多分NMEとアラン・マッギーくらいだとは思いますが、最後のところは結構納得。つまり、エディンバラに主要な政府機関や会社のヘッド・オフィスがあって、中産階級が結構多い町だけど、グラスゴーはそれより下の労働階級が多い。上流階級なんているはずもない。ここから抜け出したいなら、サッカー選手になるかファッションで売れるかミュージシャンになるか、そうでなければ犯罪に走るしかない。イギリス第3の都市は、こんな寂れた町なのです。だからこそ盛り上がっているのが音楽シーンだというのは、誰もが認めるところだとは思います。

以前インターン先の社長とお話した時、イギリスのロックミュージシャンは未だにほとんどが労働階級出身だと教えてくれました。アクモンとか、初期のライブはつんつんしたファンばかりでかなり危険な感じだったそうです。

「階級が低い」と聞くと、“高卒でちんぴら”みたいな感じなのかと個人的に想像したりしていたのですが、イギリスも大学卒のミュージシャンは結構多い。名前忘れましたが、Oxford大学の学生同士で結成して結構売れた新人バンドがいるし、Coldplayがロンドン大で結成、Radioheadもジョニー以外は大卒。彼らはおそらく中流階級だとは思いますが、たとえ労働階級でも、こちらは大学の授業料が無料なので、大学ぐらいは行けるのかもしれないです。そう考えると、階級差が音楽体験の機会にどう影響するのかは正直よく分かりません。これ系の本が図書館にあったはずなのでいつか読もうとは思っていますが。

イギリスにいると、この「階級」というのが非常に面倒であることがよく分かります。私にはその概念が全くないので、理解するのが難しい・・・。むむむ。
グラスゴー音楽事情 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/19 05:24
ありがとうございます
080818.jpg

日記は日本時間に合わせてあるので19日になっているけど、イギリス時間の今日8月18日は私の誕生日です。ちやほやされるのが苦手なので、今日も、一人日本食パーティ(麦茶+サラダうどん)をしたくらいで、ごく普通に過ごしました。でも、本当に何事もなく寮に帰ってきたら、部屋のドアにちょっとしたサプライズを発見(上の写真)。

誕生日をあまり人に教えてないはずなのに、SNS系のサイトはお友達のお誕生日通知機能とかあるのかな、親友から何ヶ月も連絡とってなかった友達から誕生日なぞ知らないはずのフラットメイトまで、色々メッセージをもらいました。昨日も、道でばったり会った同じ大学の日本人の方にお茶とケーキと楽しい時間をプレゼントしてもらって、ほんわか幸せな誕生日です。皆さんありがとうございました。メッセージをくれた方、暇をみてお返事させていただきますので、気長に待ってやってください。

この後、家族が送ってくれた羊羹を食べながら、これも家族に送ってもらったRadioheadのDVD見て(届いてからほぼ毎日見ているような・・・)早めに寝ようかと思っています。

micaちゃんが昔ブログに書いてたお誕生日の話が好きで、私もいつか言いたいなと思っていたのでお借りします。

お父さん&お母さん、心身共に健康な24歳に育ててくれてありがとう。
お姉ちゃん&妹、これからもよろしく。

今まで出会った全て感謝!24歳!人生あっという間だっ!

小話 トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
--
2008/08/18 07:52
交通費無料(Pukkelpop Festival)
Free fan travel boosts Belgian festival eco-efforts -Julie's Bicycle(15/8/2008)

Julie's Bicycleに2連続で投稿されたフェス・ネタの1つで、ベルギーはブリュッセルのフェス「Pukkelpop」による観客の移動によるcarbon footprint削減の取り組みを紹介しています。

フェスのオフィシャルサイトによれば、何年も前から、Pukkelpopの観客は会場に向かう国内のバスと電車に無料で乗車できるようになっているそうです。さらに、駐輪場も設けて自転車での来場を促しているとのこと。結果、昨年は観客の70%が公共交通機関を利用して来場したそうです。
その他の項目では、こちらではメジャーなエコ系洗剤「Ecover」と提携してる点が面白いと思いましたが、その他の点では特別目新しいことは見つからず。ゴミの分別ではFost Pulsという団体と提携しているそうなのでサイトを見てみましたが、英語版は全然更新されてなくて情報得られず。うーむ。

それにしても、このオフィシャルサイトがとってもかわいいです。フェスのメンツもなかなか無難に揃ってます。メタリカ浮きすぎだけど。
フェスと環境問題 トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
--
2008/08/15 05:09
The Greener Festival Awards 2008
Eighteen events collect Greener Festival Awards -Julie's Bicycle(14/08/2008)

イギリスのフェスと環境問題を考えるNGO「A Greener Festival」がエコなフェスに送る「The Greener Festival Awards」の受賞イベント全18イベントが発表されました。

[UK]
Big Session Festival,
Camden Green Fair
The Cambridge Folk Festival
City Blues Festival (Leicester)
Download
The Glade Festival
The Glastonbury Festival
Hard Rock Calling
Latitude
Leicester City Blues Festival
Lounge on the Farm
02 Wireless Festival
T-in-the-Park
Workhouse Festival
2000 Trees

[International]
The Bonnaroo Music & Arts Festival (USA)
Bluesfest - Eastcoast Blues & Roots Festival (Australia)
The Falls Festival (Australia)
West Coast Blues n Roots Festival (Australia)

各受賞イベントに対する評価やwebsiteへのリンクはJulie's Bicycleの記事に載っていますので参照ください。私もこれから読みます。

こっちのフェスに行ったことがないので、果たして本当にエコなのかどうかは正直判断できません。Tなんて全然良い噂聞かないし・・・。ちなみに、TとはT in the Parkのこと。こちらでは「T」のみで表現することが多いです。

フェスといえばもう1点、8/11にBBC 6で放送されたThe World Tonight内でフェスとエコについての話題がありました(大学の先生からメールで連絡もらいました。ありがとうございます)。先週末行われたニューヨークのフェス「All Points West」での取材で、フェスのオーガナイザーへのインタビューの他、出演者であったジャック・ジョンソンや彼のファンの取り組み、Radioheadの取り組みとBFFのインタビューなど。このブログで紹介してきたようなことをぎゅっとまとめてある感じで、数分の特集ですがなかなか面白かったです。このフェスでは、リサイクル可能なゴミを集めて持って行くとプレゼントがもらえる仕組みになっていたみたいです。フジのタワレコブースみたいな感じでしょうか。このイベントを行ったのはアメリカの「Grobal Inheritance」というNGOのようですが、サイトにある写真を見ると面白そうですね。フェスでの効果はいかほどだったのか気になるところです。

このラジオですが、イギリス国内にいる人は今月18日までBBCのiPlayerで聞けます。29分頃からです。
フェスと環境問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/15 04:37
プレゼント
080814-2.jpg
昨日、フラットに戻るとちっちゃな小包が到着していました。







中身は・・・






080814.jpg
家族から、少し早いお誕生日プレゼントでした。
たくさんの日本食(主に乾物)と、プレゼントの文具、日本アイルランド協会の機関誌、それから頼んでいたUSBやヘッドフォン(こっちのヘッドフォン3日もしないうちに壊れた、2回も。意味不明・・・)、その他諸々本当にたくさん入ってました。

でも、1番嬉しかったのはやっぱり家族からの手紙です。姉がつくってくれたに違いない手作りのカード。相変わらずマイペースすぎる妹からはメッセージがなかったけど、それも妹らしくて良いか、と許してしまうような妹に甘い姉とは私のことです。

荷物がどーんと届いて、封を開けたら1番上に手紙がのってて、そこから宝探しのように1つずつ中身を取り出しては、家族が(特に母が)私のどうゆうことを心配して、もしくはどうゆうものを送ったら私が喜ぶか考えて選んでくれたんだろうなというのをヒシヒシと感じて、それがとても嬉しくて、恥ずかしながらエンエン泣いてしまいました。昔住んでいた秦野市の名産品・甘納豆を見つけた時には、何故か号泣。普段はホームシックも何も感じないけど、宛名を書いた(と思われる)姉や署名をした母親の筆跡とか、中敷きになってた朝日新聞の朝刊(谷選手が銅メダルだった日のもの)とか、大したことでも難でもないこと全てがプレゼントみたいで、とても不思議な感覚でした。

もったいなすぎて使えません。秋になって寂しくなってきた頃にちまちま食べようと思います。
あ!でもその前に誕生日には送ってもらった和菓子やお茶でまたひっそり日本食パーティやります。

日本にいる家族の皆さん、荷物たくさんありがとう!
小話 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/13 07:22
英音楽ニュース、まとめてどうぞ
集中力が持たないので、夜も9時半を過ぎると「さぁ寝る準備・・・おっと、最後に少しだけニュースでもチェックするか」とネットを徘徊し始めるのですが、気づけば11時じゃんか!寝たいのは山々だけどその前にまとめておきたいニュースを貼り付けておきます。

Google offers free music downloads in China - The Guardian(6/8/2008)
中国のグーグルが音楽検索サイトを公開したそうで、グーグルがライセンスを持ってる音楽はそこから無料でダウンロードできるらしい。どんなバンドのライセンスを持っているのかは不明です。
ちなみに、中国ではBaidu.comという検索サイトが63%の中国国内のユーザーを獲得しているのに対し、グーグルは26%だそうです。

Songwriters see slump in profits from CD sales - The Guardian(10/8/2008)
ソングライターがCDの売上から得る印税が今年半年だけで15%も落ち込んだというありがちな話なのですが、なんと、今年の終わりには、アーティストの収入に関しては、初めて、CDからの印税よりツアーやプロモーションのためのライブ活動からの収入の方が上回る見込みとのこと。ついに、ライブが金になる時代がやってきました!!!・・・ってそれは言い過ぎ且つ半分冗談ですが、この話を聞くと、「ツアーのためにCDを売る」日本の音楽業界とイギリスは少し違うのかなぁと感じます。CD売上の印税についてはちょろっとテキストを読みましたが、ライブでの収入ってどうゆう仕組みになってるのか実は全然知りません・・・10年近く前に昔読んだ「日経エンタテイメント」の記事の内容しか知りません(しかも、多分それも少し変わってるはず)。この点はマスターが始まる前にクリアにしておかねば。

Music industry ‘should embrace illegal websites’ - Financial Times(3/8/2008)
例の、"In Rainbows"(Radiohead)のダウンロード数はオフィシャルより違法なファイル共有サイトからの方が多かったという調査結果の別記事です(参照:「“違法ダウンロード”は次の次元へ」(8/8/2008)。この調査を担当したEric Garland氏が、個人的解釈入れまくって意訳すると「音楽業界は、さっさと、違法ファイル共有サイトを何とかぶっつぶそうなんてことはもう出来ないのだということを悟った方が良い」と述べているほか、米Big Campaign(この会社についてはよく知りません・・・)のGarland氏も「コンサートチケットの好調な売り上げを含め、Radioheadがこのアルバムの人気から得た利益は注目に値する」としているそうな。
そしてよく分からないのが、この調査を行ったMCPS-PRSのWill Page氏の発言。記事で、「これは何とか考えないといかんな~」とか「Radioheadのこの"実験"は後に続くバンドのリスクとコストを減らした」とか、何となく前向きなことを言っているにも関わらず、最後にこんなことを言っているのです。

He described the launch of In Rainbows as “stunt marketing at its best”
(彼(Will Page氏)は、"In Rainbows"のリリースに関して、「せいぜい派手なマーケティングってとこだよ」と表現した。)


まだまだPRSは粘る気なのでしょうか?リーディング弱いので、この解釈で合ってるのかちょっと自信なし。日本のジャスラックもそうですが、PRSも一体何がしたいのかよく分かりません。

以上、ニュースまとめてどーんでした(←別にコーナー化しているわけではない)。
今週の英音楽ニュース トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/13 03:13
Glasgow International Piping Festival
080812-3.jpg

昨日から始まった世界最大のバクパイプのお祭り「Glasgow International Piping Festival」のイベントを見に行きました。

土曜日にはグラスゴー・グリーンで国際大会も行われるこのイベント。City Centreのジョージ・スクエアでは毎日各国からやってきたバクパイプ・バンドの演奏が行われています。
080812-4.jpg
彼らはアメリカからはるばるいらっしゃいました。

080812.jpg
オマーンの軍隊の皆さんは、バクパイプとオマーンの太鼓&伝統音楽のミックス。一緒にいたイラン人が「このメロディはアラビックのメロディだよ」と懐かしそうでした。

バクパイプの音を聞くとアイルランドよりスコットランドを思い浮かべてしまい、アイルランド仲間の皆さんには非常に申し訳なく感じる今日この頃(アイルランドはセッションの音の方がアイリッシュっぽい感じしませんか?)ですが、そんなことは忘れさせてくれるほど感動的だったのは、The National Youth Pipe Band of Scotlandの素晴らしい演奏!彼らは10歳から25歳までのスコットランドのユース・バンド。若いとは言っても演奏はものすごく上手。日本で聞いたことのあるバクパイプの演奏とは比べようがないほど上手でビックリ(日本のバクパイプ愛好家の皆さん、すいません)。

080812-2.jpg
最初のパーカッションだけの演奏の時は舞台の上で戦って見せたり、途中地元のダンスグループと競演したりとなかなか演技派。女の子も意外と多いんです。現代音楽や他国の民族音楽(パーカッションとか)が大胆に取り入れられていて、音楽的にもとても興味深かったです。演奏している本人達はものすごい練習を重ねたのだろうと思いますが、みんなとても楽しそうだし演奏するのが大好き!というオーラが溢れてるし、こうゆう伝統の受け継ぎ方は良いなぁとしみじみ感じました。

土曜日のチャンピョンシップは行かないのですが、来年は行きたいなぁ(←じゃあ今年行け、とかいうつっこみはなし)。
お出かけ(グラスゴー) トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/11 02:49
[news] 2013年夏、北極の氷が消える?
Meltdown in the Arctic is speeding up - The Guartian

タイトル通りのニュースをJulie's Bicycleで知りました。

現在北極にある氷河は、昨年をさらに上回る早さで消滅しているとのこと。さらに、米カリフォルニアのNaval Postgraduate SchoolのWieslaw Maslowski教授が数ヶ月前に行ったシミュレーションにより、2013年までに、6月中旬から9月中旬頃の北極地域の氷河が一部を除きほぼ全て消滅するとの予測がたたき出されたとのこと。

これに関しては、「温暖化いろいろ」さんが詳しく書いてくださっています。必読です。
→「北極の海氷の減少は「オゾンホール発見」物語のようなものか?

これでも何もしないのでしょうか、各国のお偉いさん達は。
気候変動 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/10 19:27
英音楽業界温暖化効果ガス排出量2007年版 - Julie's Bicycle
以前このブログでも紹介した(「予告」24/7/2008)英音楽業界の環境問題対策を取り扱う団体「Julie's Bicycle」の、今年4月に発表した「英音楽業界温暖化効果ガス排出量レポート(First Step UK Music Industry Greenhouse Gas Emissions for 2007)」をようやく読破しました。70ページに及ぶこのレポートはイギリス音楽業界全体での温暖化効果ガス排出に関わる初めてのレポートとのことで、読む価値十分です。様々な業界の組み合わせで成り立っている音楽業界という性質やデータ不足などで、100%正確な結果になっているわけではありませんが、調査したのがオックスフォード大学なのでなかなか信頼できるかなと個人的には思っています。

で、これをまとめようというのは私の実力では無理なので、英語が読める方は要約レポート(Excutive summary・英語)をご覧ください。以下、個人的に気になった点をいくつかピックアップします。
続きを読む
音楽と環境問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/10 00:50
日本食をごちそうするなら
昨日、前期終了に合わせてEFL主催のビュッフェ・パーティがありました。といっても、食事はみんなで作って持ち寄りですが。
アラブ系の学生は大抵家族連れのためにこうゆう場にはほとんど来ません。つまり、大半は中国人+台湾人になります。その結果・・・

080809.jpg
中華料理の山です。ほとんど野菜炒めです。

タイ人の学生も何人かいるのでタイ料理を楽しみにしていたのに、「ごめん、インド料理つくってきた」って・・・えー!タイ料理は??(涙)トルコ人やイラン人もいるのですが「ごめん、何もつくってこなかった」って・・・(涙)。

3人しかいなかった日本人参加者の一人である私は、これで勝負!
080809-2.jpg
い・な・り・ず・し!!

油揚げは、先週末にグラスゴー最大の中華食材店「Sea Woo」で買ってきた貴重品。EFLのSocial Programme&Walfare担当のスタッフさんが日本語を習ってたこともある親日家で、おいなりさんを知らないというのでつくってきました。実家にいたときも記憶の限り1回しかつくったことがなかったので、一瞬、炊いたお米をそのまましゃもじで突っ込もうとしてしまいましたが、間違いに気づいて無事に完成です。
朝のうちに紫キャベツの酢漬けをつくっているタッパにショウガを入れておいて、刻んで紅ショウガ気取りでお米に混ぜてみましたが、ショウガの量が少なすぎた上にしみこみ具合も足りず、ちょっと失敗。次回の課題です。

インターン先でイギリス人ご一行が来たときに、「外国人の口に意外とおいなりさんが合うらしいから買ってきて欲しい」と言われて買っていったことがあるのですが、その時見事に完食だったため、今回は自信満々で持って行きました。結果、やっぱりかなり好評。まずおいなりさんが「寿司」であること自体が外国人には驚き、食べたらおいしくてまた驚き、となかなか面白いです。

ということで、日本人留学生の皆さん、おいなりさん、おすすめです。
続きを読む
留学生活 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/08 22:46
"違法ダウンロード"は次の次元へ
"Radiohead sales show fan's loyalty to illegal sites"- The Independent(4/8/2008)

イギリスの新聞「The Independent」によると、Performing Rights Society(イギリスの音楽ライセンスに関わる団体)の調査により、Radioheadの「In Rainbows」のダウンロード数は、違法な音楽ファイル共有サイトからのDL数の方が、無料でDLできたオフィシャルサイト経由より多かったことが明らかになったそうです。オンラインでDL可能になった初日に4万件の違法アクセスがあり、その後4週間以内にその数は230万件までふくれあがったとのこと。イギリスの年間の違法DL数が650万件らしいので、230万件というのは相当な数になります(数値の確実性は、ネットの性質上高くはないとは思いますが)。ただし、バンドはこのアルバムのDL数を発表していないため、この調査がどうやって「オフィシャルより違法ダウンロードからのDLの方が多かった」と結論づけた根拠は分かりません(大本のレポートファイルも探したけど見つからず)。

ここで記事が注目しているのは、Radioheadが云々ではなく、オフィシャルサイトでも楽曲を無料でダウンロード出来たにも関わらず、違法サイトに人が集まったという事実。今は人気のあるなしに関わらず多くのバンドがフリー音源を提供していますが、調査結果から推測すれば、他のアーティストのフリー音源についても、オフィシャルサイトからではなく違法ダウンロードサイトからDLしている人の方が多い可能性が高いということです。記事にも似たようなことが書かれていますが、仮に全てのバンドが音源を無料で提供し始めたとしても、ユーザーは違法ダウンロードサイトから離れられないのではないかと思います。使い慣れたサイトで曲がDLできるなら、わざわざオフィシャルサイトまで行く必要もないですし、口コミやレコメンデーション(「このアーティストを好きな人はこれも聞いてます」みたいなやつ)がラジオのDJよりも信頼を得ている時代なので、ファイル共有が外れなく音楽の幅を広げるのにも便利だと思っている人も多いでしょう。もう話は無料か有料かの次元ではありません。

「違法ダウンロードが定着した」と言っても良いのだと思います。ここまで来ると、著作権やらライセンスやらとデジタル音楽をうまく組み合わせて新しいシステムを構築云々なんて一生実現できないような気さえしてきます。そもそも、「CDの貸し借りが今はネット上のファイル共有になっただけなのに、これを違法言えるのか?」という論もあるわけで、何が良くて何が悪くて何がどうなのか、こんがらがりすぎてよく分からなくなってきました。

ちなみに、これに対して、例の英レコード協会とも言うべきBPI(the British Phonographic Industry)のMatt Phillips氏は「インターネットが"コントロール不可"というのは事実ではない。難しいのは、今までこの問題に対して何も対策が行われてこなかったことなのだ。」と述べたそうですが、「CCCDとか散々的はずれなことやってきたじゃん・・・」と心の中でぼそっとつぶやきたくなりました。また変なことしないでくださいよ・・・。
P2P, Piracy, Digital トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/08 06:48
これからの私たちが向かう先
"Going green on the festival scene"-The Independent

ロック・フェスティバルが温暖化に与えるインパクトの大きさと、それに対する運営側の努力について書かれた記事です。今年3月の記事で少し古いですが、英NGO「A Greener Festival」のBen Challis氏がどんぴしゃな発言をしているので取り上げてみます。

Ben氏はDownloadフェスでの取り組みを取り上げた後、以下のように発言しています。

Now, it's up to the audiences to do more. Driving to a festival without thinking about lift-share now starts to feel irresponsible. What Thom Yorke is doing is great, but he's not quite right; the real carbon footprint is from the audience, not the band."
(これ以上の行動を起こすかどうかはお客さん次第だ。車をシェアすることを考えもせずに車でフェスに来ることは、今や無責任な行動のように感じられる。トム・ヨーク(Radiohead)のやっていることは確かに素晴らしいが、彼の考えが完全に正しいというわけではない。CO2を大量に排出しているのはお客さんであって、バンド自体ではないのだ。)


これが言いたかった!と言わんばかりの発言に感動。「A Greener Festivalは良いのか悪いのか判断しがたい・・・」とか思っていたところだったので、「すいません」と思わず謝りたくなりました(それは言い過ぎか)。

ファンをどう巻き込むかという点は絶対的に重用視されるべきところのはずなのに、Radioheadのプランはそこがほぼ抜け落ちてる(バンド1つではどうしようもない点でもあるので、仕方ないとは思っているのですが)。

これは音楽に限ったことではなく、イギリスの環境NGOの活動は、普段の生活でも何か出来るのだという視点が極端に欠けていると思う。ニュージーランドに留学していた妹が「現地の団体は専門的過ぎる。日本みたいにもっと気軽に参加できるような取り組み方の方が良い」と言っていたのですが、その意味がこちらに来て痛いほどよく分かります。

一般市民を巻き込む努力という点では、日本の、特にアースデイやA SEED JAPANの活動は良いお手本になると思います。ただ、日本の環境NGOは、イギリスと逆で、大がかりなロビー活動が出来ないという悩みを抱えているのですが・・・。
音楽と環境問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/07 05:58
Camp for climate change(in Kent, England)
"Coal Scuttled"- Monbiot.com
"Showdown looms for 'climate camp"-BBC News

今日からイングランド南東部のKentnorth Power Station付近でClimate Camp Actionというキャンペーンが始まりました。ドイツの電力会社E.ONの、イギリスでは初めてとなる石炭ベースの電力発電所の営業停止がこのキャンペーンの目的のようです。このキャンペーンは、2006年のDrax電力発電所、2007年ヒースロー空港拡大工事への反対活動に続き3年連続とのこと。

キャンペーンのホームページによれば、8/6夜9時の時点でおよそ1200人がこのキャンプに参加しているとのこと。BBCのレポートによれば、彼らは、最悪の場合法を犯しての行動も辞さない覚悟のようです。

George Monbiotの記事にもありますが、環境活動家や環境NGOの最近の主張は「様々な再生可能なエネルギー(太陽光、風力、潮汐等)を組み合わせることで、必要なエネルギー需要を補うことは十分に可能」というもので、それを裏付ける論文もそれなり発表されているようです。この流れを考えると、今更何故石炭を利用した発電所が必要なのか全く理解できません。法を犯してまでの反対活動は許されるものではないですが、そう言いたくなる気持ちも正直理解出来るので何とも言えません・・・。

ともかく、1週間、動向を伺うつもりです。

※8/8一部修正済み
気候変動 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/07 04:49
テストが終わったので・・・
昨日でサマーコース前期の課題&テストが全て終了しました(コースはまだまだ続く)。
成績に最も大きく影響する課題はグループ・プロジェクト(レポート+プレゼンテーション)とエッセイ(extended essayと呼んでいました)の2種類。それとは別に、リーディング、リスニング、エッセイ(時間制限有り)のテストがありました。

グループ・プロジェクトはグループ内で意見がしょっちゅう食い違って、毎日ケンカのような話し合いの連続(みんな仲良しだったけど)。ただ、「出来るだけやるのが簡単なテーマにしよう!」と安全策をとった我がグループだったので、内容もそれなりレベルの低い感じに・・・。問題は内容よりプレゼンでの発表の仕方や英語力のはずなので、その辺はあまり気にしませんが、合同で発表会をやった隣のクラス(今回の英語コースで1番上のクラス)と比べるとその差が歴然・・・。これはプロジェクトのクラスを受け持った先生が違ったことが大きいと思うけど(うちのプレゼンの先生はちょっと問題アリなので・・・)。フィートバックは明日もらいます。

逆にextended essayの方は気合いを入れてやりました。1000~1500wordsという字数制限はさほど長いとは思わなかったけど、手を抜きたくなかったので(いや、でも手抜きしたな・・・)、最初の原稿提出の前にガリガリやりまくり。でも、そのおかげで後半は楽チンでした。テーマが「都市化と持続可能な発展の関係性」で、私はゴミ問題を中心に構成を練ったのですが、昔から興味のある分野だし、最近それ関係のテキストばっか読んできた経緯もあり、書いててとても楽しかったです。
エッセイに関しては先生の教え方がすごく上手くて、かなり助けられました。今日もらった評価も想像以上に良くて、授業中にほめてもらったのは何よりも嬉しかったです。でも、同じクラスの日本人の方の驚異のエッセイには遠く及ばない出来でした・・・EFLで学んでる人とは思えない程の完成度で軽くショックです。

金曜日に前期5週間の中間レポートをもらって、来週からは後期です。「死ぬほど大変」と聞いていた割にはあまり大変ではなかった5週間でした。うーん、気合いが足りないのかな。もっと何か出来る気がする。
語学学校 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/05 07:31
ツアーにおける炭素削減の取り組み-Radiohead(活動報告編)
※この記事は基礎編実践編ライブ会場編TMGFM更新の続きになります。

Radioheadのツアーで今何が起こっているのか、意訳の多すぎる適当な日本語訳(すいません)でまとめていますが、今回は、各公演での活動レポートについてです。

各公演における炭素排出に関わる分野での活動報告がオフィシャルサイトで随時更新されています。閲覧方法は2種類:
1.DAS内の「Tour Date」ページ。
2.「w.a.s.t.e. central」(今ツアーのためのオフィシャルSNS)内の「The Most Gigantic Flying Mouth」ページ。

Tour Dateでは、会場までの移動方法等の公演前の事前情報も併せて参照できます。
SNSの方では、この活動に関してSNSのメンバーが自由に意見を述べたり議論したり出来るようになっています。ただし、正直、アメリカツアーの時と比べ、ヨーロッパツアー中は議論の場としてはあまり機能していませんでした。記事の内容によって、たまにこのページを担当しているエコ担当のスタッフがレスポンスしてくれることはあります。

個人的には、参加型且つレポートが見やすいSNSの方がおすすめ。日本公演のコミュニティもあり、シンプルに情報交換も出来ます。SNS自体にはメールアドレスを登録するだけで会員になれますので、読みたい方は是非登録を。

今回は、そのレポートの内容について少し見ていきます。
続きを読む
Radiohead tour plan トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/03 04:58
TMGFM更新(電力供給について) - Radiohead
ほとんどの人は気づいていないと思いますが、7/18付でDAS内の"The Most Gigantic Flying Mouth For Sometime"が更新されています。今回は発電機について。おそらく、ファンから寄せられた発電機に対する意見への返答も含まれているかと思います。実際にツアーで使用されている発電機の決定に至るまで、苦悩の連続だったようです。この規模で今回採用されているような方法論を採ったバンドがおらず、全て手探り状態だったと思われる様子が、文面から伺えます。

例によってまとめてみたのですが、電気関係全く疎いため訳がめちゃくちゃです。事実関係がぶれないようには訳されているとは思いますが・・・。大意を捉える感じで読んでいただければ幸いですが、英語が読める方はストレートに"The Most Gigantic Flying Mouth For Sometime"へどうぞ(弱気)。
続きを読む
Radiohead tour plan トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/03 04:28
フライパンからピザ
080802-2.jpg
ピザつくったよー!

某在英の方のブログで知ったフライパンを使ったピザの作り方。
生地のレシピは【強力粉150g、ベーキングパウダー小さじ1、水100g】らしいのですが、強力粉を買わないといけない。ベーキングパウダーも巨大なのしか売ってない。でも、どうしても食べたい!そこで友達からもらったまま放置してあった「Self-raising flour(ベーキングパウダー入り薄力粉)」を使ってピザ作り強行!

作り方は簡単。

1.小麦粉とベーキングパウダーを混ぜた後、水(私は豆乳を使用)を加えてこねる(ちょっとかためが良いそうです)
2.フライパンをよく熱してオリーブオイルをのばす。
3.薄くのばした生地をフライパンで弱火で焼く。
4.プツプツきたらひっくり返す。
5.ソースとチーズをのせ、ふたをする。
6.ほどよく焼けたらお皿に移し、野菜をのせてできあがり。

080802.jpg

薄力粉でつくった私のピザですが、薄くしたつもりが全然厚かったらしく、ソフトクッキーをさらにもっさりさせたような感じの生地になってしまいました。でもこれはこれですごくおいしかった!

野菜は適当にサラダほうれん草、トマト、セロリ、ブロッコリー、アルファルファのスプラウト。ソースはバジルペースト(ヴィーガン用)で、野菜をのせてからオリーブオイルとレモン汁ベースのドレッシングをパパパッとふりかけました。
チーズもヴィーガン用のものを初めて買ったのだけど、言われるほどまずい感じはしなかったです。豆っぽいけど、焼いてしまえば十分チーズっぽくなります。

さくら組のピザ(フジロックのFIELD OF HEAVENに毎年出店)に負けないつもりで頑張りましたが、さすがにそれは無謀でした。でも、おいしすぎてはまってしまいそう。また明日もつくろうかなぁ。

ごちそうさまでした。
食生活 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2008/08/02 06:17
結婚式
080801.jpg

図書館に行こうと思って、近道してケルビングローブ公園から大学構内を通っている時に遭遇しました。

夏休み期間中の6月から8月にかけて、大学のメイン校舎は人気の結婚式場に早変わり。特に中庭は四方を荘厳な赤煉瓦の建物に囲まれてとても綺麗。結婚式現場に遭遇するのはこれで2回目だけど、主役の2人にお目にかかれたのは今回が初めて。

最前列の奥手には、スコットランドの伝統衣装であるキルトを着た男性が数名。お祝い事でキルトを着るのは結構普通のようで、6月終わりから7月頭にかけての卒業式シーズンでも、見かけた男性の半分以上はキルトを着ていました。

ちょうど記念撮影をしているこの時間帯は、まさに小雨がぱらっと降ってきた頃。数分で止みましたが、この写真の現場の右側では、警備員さんが傘を持って待機していました。うーん、さすがスコットランド。
グラスゴーの風景 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。