イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2010/01/29 22:09
Midem2010 終了
MidemならびにMidemNetが無事終了。何せ世界最大の音楽産業コンフェレンス、全部を追いかけるのは当然無理です。が、注目セッションやニュースに関する記事は、Music Allyの以下のブログ記事でカバーできると思います:

All Music Ally’s MIDEM coverage in one place - Music Ally (29/1/2010)

今回は、個人的に注目していた2つのテーマに関するセッションを紹介します:

(1)ストリーミング・サービスの行方
Live Post: Labels and Digital Services panel, with Spotify, we7, The Orchard, WMG, Sony and Beggars - Midem(net) Blog (23/1/2010)
Spotify closing in on 100m user playlists - Music Ally (25/1/2010)

UKではSpotifyやwe7を台頭に、広告ベースの無料音楽ストリーミング・サービスが注目を集めていることは皆さんもご存じの通り。しかし、広告収入だけで果たしてこのビジネス・モデルが成り立つのかについては疑問の声も多く聞かれています。そのため、例えばSpotifyは、プレミア・メンバー(月9.99ポンド(およそ1500円))を増やす作戦をとっていましたが、7曲に1度のCMを聞けばタダで音楽が聞き放題な訳で、実際のところはそう上手くメンバーを増やせなかったのも事実。しかし、この度プレミア・メンバー向けにiPhoneの無料アプリ(オフラインでも3000曲以上をストックできる)をローンチしたことにより、購読者は一気に増えたと言われています。上記の2番目の記事によれば、Spotify側は、アプリだけでなく、「“自分だけの音楽カタログを作る楽しみ”をユーザーが体感するようになった」ことも、購読者増加に繋がったと考えているようです。そして、その楽しみを享受するためなら、リスナーは喜んでお金を払う、とも。とは言え、現在もレーベルからの投資を受けつつ運営を続けており、経済的にはまだまだ厳しいと思われる音楽のストリーミング・ビジネス。次の記事によれば、今まで完全無料で運営していたwe7も、ついに有料サービスをスタートさせるとのこと:

we7 launching subscription music service next week - Music Ally (24/1/2010)

ちなみに、企業による自己申告ではありますが、最もユーザー数が多いのは、何とVodafoneの音楽購読サービス(URL)とのこと。Vodafoneは月5ポンドでVodafoneがライセンスを受けたカタログが聞き放題な上、10曲までDLし放題というサービスをしているようですね。私がUK在住のVodafoneユーザーだったら、PCではSpotify、携帯ではVodafoneという二刀流で音楽を聞いているかもしれません。詳細は以下を参照:

Vodafone reveals 450k music subscription customers - Music Ally (26/1/2010)

また、UKのインターネット・プロバイダー大手のVirgin Mediaが開始予定の、MP3の無制限ダウンロード・サービス(定額制。既にユニバーサルと合意に達している。詳しくは拙ブログのこちらの記事参照)も話題に。以下の記事のタイトルにもある通りで、“all-you-can-eat(定額制+無制限ダウンロード)”タイプのサービスを今開始することに対しては疑問の声が多く集まっています。私個人も、現段階でこのサービスに踏み込むのは少し厳しい気がするし、BeggarsのSimon Wheeler氏がBBCのこの記事で語っている通り、今日のUKにおいては、音楽を“所有する”ことが必ずしも魅力的であるとは限らないと感じています。ともあれ、興味のある方は以下の記事をどうぞ:

Labels criticise unlimited downloads business models - Music Ally (24/1/2010)


(2)マネージャーの役割
Live Post: Developing Artists' Careers in the Digital Era - Midem(net) Blog (25/1/2010)
Panel:Developing an Artist's Career in Today's Digital Era(Video)- Midem Official Website(last accessed on 30/1/2010)
※January 25のタブを開き、左から3番目のビデオをクリックしてください。

これも今熱い注目を集めているテーマですね。レーベル離れがすすみ、マネージャーの役割がますます重要視されているという現状。今回のマネージャー・サミットの目玉は、Thin LizzyからBlur、Gorillazまで、長年に渡ってマネージメント業界で活躍しているCMO ManagementのChris Morrison氏によるセッション。特別目新しいことはないので詳しく書きませんが、CMOが大きなマネージメント企業であるのに対し、もう1人の参加者Mark Wood氏のRadius Musicは社員3人と小規模で、2人が担当するアーティストのタイプも違うので、話に広がりがあってとても興味深いセッションになっています。ライブブログとビデオと両方目は通しましたが、ブログで外された部分が意外と面白いので、英語の出来る方にはビデオの方をオススメします。
スポンサーサイト
音楽ニュース トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2010/01/25 22:39
Midem 2010を追いかけよう
21日に無事帰国し、あれこれバタバタしてブログを放置していましたが、その間に、フランス・カンヌにてMidemとMidemNetがスタートしています。まだTwitterでフォロー(URL)している内容を目で追いかけているだけで、どのセッションに関する記事も読んでいないのですが、見出しを読む限りどれも面白そう。そこで、興味のある方向けに、Midem関連の情報源となりうるウェブサイトのリンクを貼っておくことにしました。参考までにどうぞ:

- Midem 2010オフィシャルサイト
- Midem(net) Blog
- MidemNetBlo's Twitter
- Billboard.biz
- Music Ally's Blog
- CMU News-Blog

私個人は、デジタル音楽関連と、Music Managers' Forumのコンフェレンスが同時開催されているはずなので、その記事もあればそれも合わせて後日追いかけるつもりです。面白いものがあったらここでも紹介します。

それから、Midem初日23日に放送されたRadioheadのEd O'Brienへのインタビュー・ビデオに関する短信。先日、第1弾ビデオを拙ブログで紹介しましたが(URL)、第2弾がMidem(net) Blogで公開されています(URL)。内容に関しては、heatwaveさんの「P2Pとかその辺のお話」で詳しく紹介されています。「デジタル時代でもアナログのビジネスモデルを続ける」か、「デジタル時代に合わせてビジネスモデルを変容させるか」という根本的な違いが、トレード団体側とFAC側とで存在していることを改めて思い出させてくれる良いビデオです。オススメ。

Radiohead エド・オブライエン: 「音楽産業はパイラシーじゃ死なない」 - P2Pとかその辺のお話 (25/1/2009)



音楽ニュース トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2010/01/11 20:51
Big in Japan その2
Musicians counter falling CD sales with 'added value' packages to woo fans - The Guardian (3/1/2009)

前回の記事と少し被るので、併せて紹介しようと思ったのがこの記事。

ご存知の通り、“豪華デラックスBox”みたいな販売方法がここ数年で一気に増えてきました。その傾向はベテラン勢に多い気がしていたのですが、去年、新人アーティストでも、デビュー・アルバムを出して1年も経たないのに“ブレイクを機に、デラックスversionとしてアルバムを再リリース”みたいなのがあって、まぁここまでやるかとビックリしたものです。ガーディアンのこの記事は、まさにそのトレンドについて紹介したものなのですが、中には笑ってしまうような特典もあって、とても面白いです。記事から、特にユニークな特典の例をあげてみると:

- ミュージシャン本人の髪の毛(Lady Gaga)
- ミュージシャン本人とそのお友達のミュージシャンとのミニ・ゴルフ・セッション(Josh Freese(Nine Inch Nailsのドラマー))
- バンド・メンバーのものと同サイズ(と推測される)ピンクの夜のおもちゃ(Rammstein)


記事には他にも、サウンドチェックご招待とか、未発表音源プレゼントとか、もう少し普通の特典も紹介されてます。

このような生まれた背景には、言うまでもなくCDセールスの下落があります。デジタル・ミュージックに強いMusic AllyのStuart Dredge氏曰く:

「アルバムの価値が落ち、人々はアルバムを格安で、もしくはタダで購入したいと考えるようになったことを受け、アーティストは別の方法で利益を上げる必要が出てきている。その中で、アーティストは、本当の(≒コアな)ファンが欲しいと思っているものをエキストラとして与えれば、彼らはそれにお金を出すだろうということに気付き始めています。」


とのこと。昔からデラックスBoxみたいなのはあったと思うのですが、「コアなファンは、どんなに高くても欲しいものは買う」という認識を一般化させ、デラックスBox乱発な現状まで一気に押し上げたのは、やはりRadioheadとNine Inch Nailsがこぞって無料版とデラックス版を用意して後者を見事完売させたことが大きかったのではないかと思います。これは、Dredge氏も述べているように「TwitterやMyspace等で、ファンはバンドに対してかつてないほどの親近感を持つようになり、ファンクラブのメンバーシップやノベルティのバッジ以上のものが欲しいと思うようになった」ことの表れと言ってもいいのではないかと思います。

と、ここまで読んでいると、どうも日本の演歌/歌謡歌手が行っていたマーケティング方法に近い気がするのは気のせいでしょうか。以前「外タレが日本で売れるためには?」をテーマに大学院でプレゼンをやった時、森進一さんの後援会での活動を通じたファンとミュージシャンの関係に関する論文を参考にしたことがあるのですが、そこでもテーマになっていたのはやはり「親近感」(プレゼンの内容に関しては以前拙ブログでも書かせていただきました。こちらからどうぞ)。日本の場合、外タレには親近感を持ちにくいというのも、洋楽不振に繋がっているのではないかと個人的には感じているのですが、今じゃ海外でも親近感を持たせ、根強いファンベースを作り、彼らを特に狙い撃ちしたマーケティングが流行っているのかなぁ思いました。まぁ、日本で言う“親近感”とイギリスのそれとでは、また少し違うのかもしれませんが。

・・・と、そんな事を考えていた矢先、ポピュラー音楽学を教えていらっしゃる安田昌弘先生のTwitter経由で、日本進出を目指す海外ミュージシャン向けの、日本のマーケティング関連情報サイトの存在を知りました:

Japanese Music Marketing Resources - JICS (last accessed on 8/01/10)

詳細且つ正確な内容と十分な情報量で、このウェブサイトはかなり使えるのではないかと思います。感心してしまいました。ただ、日本の(若者の)音楽文化についてもさらってある(これはちょっと違う・・・と思うところもあるけど、ウェブ作成者が日本で学生時代を過ごした訳ではないようなので仕方ない)のですが、数的な情報と同じくらい、文化/社会面の考察をもう少し加えても良いのではないかと感じました。まぁ、こういったウェブサイトを読む人は元々日本の音楽マーケットに興味がある人でしょうから、一般の外国人以上に日本に対する知識/理解はあるのかもしれません。しかし、私のUKでの経験上ですが、日本と関わりのあるイギリス人(仕事で行ったことがあるとか、日本人の友達がいるとか)でも、突然トンデモな質問をされて驚くことが多々あります(その逆ももちろんあるわけですが)。ツアーで日本に来るだけでは、ミュージシャンも日本のぶっ飛んだところしか見られない訳だし、ちゃんとしたファンベースを築くには、数字以上の、もう少し深い理解が必要かな、と。「親近感」がものすごく大事なのに、様々な要因でそれを生み出すのが難しい訳だから、日本の音楽シーンでブレイクしたいなら、ミュージシャンサイドも丁寧なマーケティング戦略が必要だと思う。土佐周りみたいなのは無理なので、だったらミーグリなんてやらずとも、イギリスでやってるのと同じように、(まだ新人で且つ本人が乗り気なら)物販に出てきて売り子やるくらいはやっても良いのではないかと(今ふと思い出しましたが、去年、本国では今でも大人気のグレアム・コクソンですら、小規模ライブハウス・ツアー(もちろんsold out)では物販出てました。そんなもんです)。

ただ、話はブログの本題と逸れますが、ミュージシャンが親日家だったり、日本で既に売れてたりしない限り、イギリス側としては、日本のマーケットなんてぶっちゃけよく知らないし、最悪バンドが売れてない場合は日本はすっぱり切り捨てる場合が少なからずあると感じます(あくまでも個人的な印象ですが)。日本が優先順位低くなるのは当然なので仕方ないですが。ただ、ヨーロッパですら来てくれない国があるのに、日本に来てくれるっていうのはそれだけでも有り難いなぁ・・・と。かといって、外タレに(主に呼び屋が)変なサービスする必要もないと思うんですけど(だから一向に理解が進まないのでは?)。まぁ、この辺は実務経験のない私の推測なので何とも言えませんが・・・。
英音楽事情 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2010/01/09 03:37
「In Rainbows」の実験的リリース方法がバンドにもたらした本当の気付きとは?
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
年末はニュースが何もなくなって寂しい感じでしたが、年が明けて一気に色んなニュースが入ってきました。今年もどんな出来事が起こるのか楽しみです。ひとまず、間を空けすぎていたので、まずは軽い話題から1つ。

Exclusive MIDEM inteview with Ed O'Brien from Radiohead(video interview, last accecced on 8/1/2010)
Radiohead: We Rejected Digital-Only To Reach More People - PaidContent:UK(8/1/2010)

世界最大の国際音楽産業見本市MIDEMの開催が再来週に迫ってきましたが、興味深いインタビュー動画がMIDEMのオフィシャルサイトに上がっています。これは、RadioheadのギタリストEd O'Brienに対してMIDEMが行った独占インタビューで、革新的な「Pay-what-you-like」方式で2007年にデジタル・リリースされたRadiohead7枚目のアルバム「In Rainbows」から得た教訓について語られています。MIDEMのプログラムをチェックした限りでは、1月23日のMidemNetのオープニングである“From Content to Context - Monetising the New Music Experience”というセッションの最後に放送される彼のインタビューに先立って公開されたもの推測されます。

「In Rainbows」のリリースから学んだこととして、エドはまず"It's this feeling of empowerment, it's this feeling of creativity. It completely rejuvenated us (権限を得たという感覚、創造的であるという感覚で、それは僕らを活気づけるものだったんだ)"という感覚的な話から始めていきます。これは、後に出てくる不公平感に関する問題に繋がってきます。

彼は、「当初は、デジタルのみでのリリースという考え方もあった」ことを明かしています(注:以前、彼らのマネージャーChris HuffordとBryce Edgeは、Music Weekに対して、「ウェブサイトからのDLは、その後のCDリリースに向けたプロモーションの一環」と説明しており(URL)、その辺の事実関係がどうなっているのかはよく分かりません)。しかし、バンドがデジタル・リリースのみという実験で気付いたのは、「人々はある特定の(自分が心地よく感じる)方法で音源を入手したいと思っている」こと。CDで買いたい人もいればiTunesで買いたい人もいる。BitTorrentでDLする人だって、いつもアクセスしているお気に入りのTorrent検索サイトからDLするわけで、他のサイトには行かない。つまり、実験の過程で、バンドは、消費者の多様な好みに合わせて、様々な音源入手方法を用意する必要があると感じたようです。それは、彼曰く「メジャー・レーベルが“No”と言ってることなんだけど(笑)」。

そして、話はデジタル・ミュージック積極派からよく聞かれる話へと流れていきます。バンドは、バンドとレーベルで結ばれる契約が、法的にレーベルに圧倒的有利であることが問題であると感じていたと言います。しかし、「In Rainbows」で、レーベルとバンドを結んでいたのはパートナーシップだったと説明。これが、先述した“Empowerment(権利付与)”に繋がっています。そして最後は、「僕は、アナログ時代のビジネス・モデルから脱却しなければならないと思っている。(中略)従来の(ビジネス)モデルは、僕らの生きるデジタル時代には適合しない。」との言葉でインタビューは締めくくられます。

リリースから早2年以上経った今でも、「In Rainbows」のリリース方法に関する議論はよく見かけます。アカデミックの世界でも、オーストラリアの学者がこの件に関する論文を発表しています(URL)。私も、まだまだこの件に関するニュースは好んで読んでいますが、今回のインタビューは、過去見聞きしたニュースやインタビューの中でも面白い分類に入るものだと思いました。これまで、「Pay-what-you-like」方式によるデジタル・リリースに関しては:(1)「ファン-バンドをダイレクトにつなぐビジネス・モデル」(2)レーベル無しでリリースする - の2点が主な焦点として語られていた感があります。しかし、今回エドがインタビュー中盤で語っている「音源への様々なアクセス方法の提供」というのは、語られていなかった訳ではないのですが、彼が、「例えば、お気に入りのCDショップでいつも買い物するように、Torrent検索サイトもどのサイトでも良いというわけではなく、いつも利用しているサイトからDLしたいというユーザーの消費傾向がある」と主張しているのが興味深いな、と。

この件に関して、エドは「「僕たちのウェブサイトから(新曲を)タダでダウンロード出来る」と母親に言ったら、「いや、私はそれは出来ない」と言われた」と話していますが、こういった事例からバンドが気付いたのは、「大切なのは、リスナーは自分たちが好む方法で音楽を入手し、聞きたいと思っている」ことだったのではないか、と感じました。つまり、「リスナーは音楽にお金を払う気があるのか」より「リスナーがどんな方法で音源を入手したがっているのか」について考える事の方が大事だ、と。もちろん「ファンが自分たちの作品にどれほどの価値を見いだすか試したかった」というのは、彼らを“Pay-what-you-like”方式に駆り立てた最も大きな動機の1つだったと思います。しかし、実験後(もしくは実験以前から)彼らが感じたのは、「P2PによるDLを取り除くことは出来ない」ことを前提とした上で、「リスナーが好む音源入手方法の傾向を分析し、そこからどう利益を上げるか」が真のテーマである、ということだったのではないでしょうか。

となると、よく言われてはいるのとはまた別に、Radiohead級の大物バンドでなければ不可能な壮大なマーケティング調査だなぁ・・・と改めて感心してしまう私です。こう考えれば、FACのアジェンダもより深く理解できるかな、と。

最後に、去年のMIDEMでRadioheadの共同マネージャーBrian Message氏が行ったキーノートに関する拙ブログの記事を貼っておきます。参考までに。

Midem2009続報 - Green Sound from Glasgow (21/1/2009)
P2P, Piracy, Digital トラックバック(1) | コメント(2) | Page top↑
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。