イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2010/03/28 15:40
Does Music Matters really matter?
Fans advised that Music Matters - BBC News (24/3/2010)
Music matters to new anti-piracy campaign - The Guardian (24/3/2010)
Campaign launched to eradicate music piracy - Telegraph (25/3/2010)

イギリスで、音楽教育を目的としたキャンペーン「Music Matters」がローンチされました。元CMO Management(Blur, Gorillaz)で現ユニバーサルのNiamh Byrne氏が発起人となりスタートしたこのキャンペーンには、既に多数のミュージシャン、小売店、レーベル、マネージメントがサポートを表明しています。コピペですが、ローンチの時点でオフィシャルサイトに発表されていたアニメーションに参加したアーティストはBlind Willie Johnson, The Jam, John Martyn, Nick Cave, Sigur Ros, Kate Bush, the Fron Choir。ローンチ・パーティにはRay DaviesやBernard Butlerも来てたんだとか。小売店に関してはHMV, Tesco, Rough Trade(彼らはレーベルでもあるけど、多分小売としての参加だと思います)に加え、Spotify, We 7, 7Digital等の主要オンライン・ミュージック・サービスが名前を連ねています。後、オフィシャルサイトには出てこないですが、CMO Managementとユニバーサルはもちろん、Sonyコロンビアもこの雰囲気だとサポートに回っている気配なので、メジャーレーベル始めとしたサポートがありそうです。

キャンペーンは(1)ミュージシャンをテーマにしたドキュメンタリー風アニメーション・ビデオを用い、音楽の素晴らしさ、重要性などを(学校などで)教育する(2)"Music Matters"マークを導入し、合法で音楽が楽しめる場所はどこなのか分かりやすいようにする の2本柱。(2)に関しては個人的には方向性としては間違ってないのかなと思います。そのマークの効果がどれほどあるのかは正直疑問ですが・・・。

Behind the music: Does Music Matters really matter? - The Guardian Blog by Helienne Lindvall (26/3/2010)
It's the logo that really matters - CMU Daily (25/3/2010)

で、予想通り批判が飛んでくる・・・っていうのがイギリスの良いところですね。今回はなんだか良いのが見つからなかったんですけど(本当はMusic Allyが何か書いてくれることを期待してたんですが・・・)、CMUのこの部分が的を得ていると思うので引用します:

Half of them focus more on 'why music mattered' to the creators being documented than why their music mattered to others, and even those that do explain why music matters to the wider world - to bring together communities in times of strife, to promote love and peace etc - don't then go onto explain why this means you should pay to access music rather than taking it for free.
((オフィシャルサイトにアップされているアニメーション作品の)半分は、「何故音楽が人々にとって重要なのか」というよりも「何故音楽がそのクリエーターにとって重要なのか」にフォーカスしている。しかも、例えばlove&peaceを広めるために、この争いの時代には、音楽が世界中のコミュニティを1つにするための重要な意味を持っているといったようなことすら説明していない。だから、これらアニメーションは、音楽はタダで手に入れるのではなく、音楽にアクセスするためにお金を払うべきである理由を説明するとこまでは至っていないのだ。)


とてもイギリス的な批判ですが、実際そうだと思います。私もいくつかビデオを見て、どれも出来は素晴らしいのだけど、後に何も残らないというか、「良いアニメ作品だったなぁ~」とか「あのミュージシャンにはそんなことがあったのか~」というところで終わってしまうというか。ただ、ここで色々情報詰め込んだりミュージシャンを哀れに見せて「お金を払わないと、ミュージシャンが大変なんだ!」と一方的にプッシュするのはもちろん逆効果。今回のキャンペーナー達は“教育”という面を敢えて前面に出さないことで、若い子達のシニシズムを回避し、興味をひこうとしている様にも見えるのだけど、少しインパクトに欠けるというか、そうゆう意味ではクリエイティブとは言えなかったのかもしれません。このバランスは、正直取るのが難しいと思う。

音楽に関する何かを“教育する”という認識は凄くトリッキーだと思う。これは、私が大学院時代、フェスティバルでのマナー“教育”をする上でとても苦労したことでもあるのだけど、何がどうであろうと、「ちょっとアンチやオルタナでいるのが音楽ファンのあるべき姿」的認識というのが音楽に関わる人の中には必ずある。そして、イギリス。そのアンチ精神も相まって、何をやっても皮肉られて終わるというのが、この手のキャンペーンの常。今回も、バックに主要音楽関連企業がついてるっていうだけで批判する輩もいるシニシズムの国なので、本当に手の打ちようがないというか・・・。やはり、長い目で努力していくしかないのだとは思うけど、それだったら、もっとみんなが手に取りたくなるような素晴らしい音楽を見つけ、それを世に出し、後押しできるようなシーン作りに邁進するとか、そうゆう話にしかならないっていう。過去はどうか分かりませんが、近年英音楽業界が行ってきたキャンペーンは、結局いつもそんな感じで不発に終わっているような気がします。

どこかで、キャンペーナー側が、このキャンペーンと、以前成功を収めた飲酒運転防止キャンペーンを比べている話が載っていましたが、それともまた少し違うんですよね・・・。私も、やっぱり上記のフェス関連で動いてる時に、飲酒運転防止キャンペーンの話を色んな人からされて調べたんですけど、少し状況が違すぎるということがあり・・・。

まずはどんなモノか見てみよう!ということで、最後にオフィシャルサイトにアップされてるアニメーション作品から、個人的趣味でシガロスのものをあげておきます。皆さん、どう感じられるでしょうか?

Music Matters - Sigur Ros (22-3-10) from Music Matters on Vimeo.

スポンサーサイト
P2P, Piracy, Digital トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2010/03/19 00:40
日本の音楽ファンがSpotifyを使ってみた。
最近、私の職場にSpotifyがやってきました。正確には、最近イギリスからはるばるやってきたスタッフがSpotifyのプレミアム・アカウントを持っていて、彼女発案で、誰も使っていないノートパソコンとスピーカーを繋いで、オフィスのBGMにSpotifyを使えるようになりました。ちなみに、なぜ彼女は日本でもSpotifyが使えるのかと言うと、プレミアム会員の人は、サービス・テリトリーを出てもSpotifyが使えるようになっているからです。Spotifyについては、以前拙ブログのこの記事で詳しく説明しています。

うちの職場は洋楽好きの固まりですが、Spotifyについては「名前くらいは知ってる」程度の認識。日本で似たようなサービスをしていたNapsterの事も、知ってはいるけど詳しくは分からないという感じ。自分が思っていたよりSpotifyの実態が知られていない事をまじまじと実感させられました。ということは、一般的な日本の音楽ファン内での認知度は皆無に等しいかもしれません。

さて、Spotifyが職場に導入され、さてさてとみんなが試しに使ってみる訳ですが、その様子を見るのは個人的にとても興味深いものでした。起動するとiTunesみたいな感じの画面が出てきて、キーワードを入力して検索、お目当てのアーティストや楽曲を選んで聞くわけですが、最初は、曲がかかると「おぉ~!」とちょっとビックリしたり、興味津々だったり。となると、興味を持った人から色々聞かれる訳で、イギリスでは無料で聞けるとか、私(=同じくプレミアム会員)はiPhoneにSpotifyのアプリを入れてるので、その話なんかすると、周りはもっとビックリする。SpotifyのインストールされたPCの隣にCDデッキがあって、CDもかけられるのですが、オフィス内にあるはずのCDの楽曲も、面倒くさいか何かでSpotifyでかけてる人がいることもあります。導入されてまだ1ヶ月も経ってないと思いますが、私が想像していたよりずっと早く、Spotifyが職場に定着した印象があります。業務上、CDをかけることが多いですが、それでもSpotifyの稼働率は良いかな、と。

これはあくまでもオフィスだけの話で、同僚達は、普段はCDで音楽を聞く熱心な音楽ファン。オフィス外でSpotifyが使えるとしても、果たして彼らが使うかどうかまではさすがに分かりません。ただ、今回の一連の動きを見て思ったのは、やはり、Spotifyの良さは使ってみないと分からないということです。最初は「こんなんあったらCDなんていらないじゃん!」と恐ろしい気持ちになるでしょうし、「CDどうなるんだろ?」という思いは私も消えることはありません。しかし、Napsterユーザーの人もきっと同じ事を思われていたと思いますが、普段PCと向き合うことの多い人やPC/iPodレベルの音質で音楽を聞くことに抵抗のない人であれば、リスナーとしてはSpotifyほど便利なものはないと思います。しかも、ただ便利なだけでなく、「聞いてみたい!」と思ったアーティストの楽曲にすぐアクセス出来るので、音楽の裾野も広げられる。Spotifyのようなサービスが既に浸透しつつあるイギリスやアメリカでは、まだまだ問題山積みと言え、この新しいビジネス・モデルを確立させようとするポジティブな流れがあります。もちろん、それらの国では日本よりはるかに早くデジタルに移行していたというバックグラウンドもあるわけですが、それ以上に、実際にストリーミング・サービスを体験して、その良さを体感したからというのも、1つの要因だと思います。

先日、Napster Japanが5月末でサービスを終了すると発表しましたが、英米のこういった流れの中、日本から購読型サービスが完全に消えてしまった事に私は強い危惧を感じています。ストリーミング・サービスを体験出来る機会が日本にないということは、その良さが全く実感できないと言うこと。良さが分からなければ、「これを何とかビジネスとして運営できるよう支えよう」なんて流れも起きない。前回も書いたのですが、少なくてもイギリスではものすごい勢いでデジタル音楽関連のサービスが普及しています。知ってる限りでは、アメリカでもデジタル化が進んでいる。「日本はフィジカルがメインという、日本独自の音楽文化を持てばいい」という人もいると思いますが、アメリカがデジタル化に一気に舵を取った場合、日本も何かしらの影響を受けるのは目に見えています。その時、日本は全く対応できないという最悪のシナリオは避けなければなりません。Spotifyの普及とNapster Japanの終了というのは、音楽業界のフォーマットを変える力のある欧米と受け身にならざるを得ない日本という対比をハッキリ映し出した例だと思い、取り上げたまでです。

まず、世界の音楽業界に影響力のある国々でどんなことが起きているのか、音楽ファンは知らされる権利があると思います。その上で、特殊な音楽シーンを持つ日本の音楽業界はどう進むべきなのか、本質的な議論が進められたら良いと思います。そんなことを考えつつ、ネット上でブロガーさん達が個々に上げている声を、何かこう、1つの声になるように出来ないかなぁ・・・と個人的に模索しているところです。
P2P, Piracy, Digital トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
--
2010/03/14 08:29
今週の英音楽ニュース(14/3/2010)
結局先週は全く更新できず、2週間空いてしまいました・・・。意外と時間がないので、会社の通勤/帰宅中にiPhoneで必死にニュースをチェックしております。Twitterでどうでもいい呟きと一緒にニュースも呟いてますが、そこで上げたニュースを超短信ニュースとしてまとめてみます。

Sony Music to drop promo CDs - CMU Daily (4/3/2010)
Sony Musicが5月1日から、全てのプロモーション用CDの製造/配布をストップするというニュース。プロモーション用に音源を配布するというのは、メディアの発達でライブ音楽から録音音楽を楽しむ風潮が生まれたことで生まれた文化(1900年代初頭)。しかし、デジタル化が進み、多くのレーベルがストリーミングなどオンライン上でプロモ音源の試聴が行われるようになったため、わざわざCDを作る必要が正直なくなったと言うところだと思います。上記の記事にもあるように、「プロモCDのための経費をレーベルはいつまで正当化できるか?」というのは誰もが思ってた事だったのではないかな、と。ただ、業界の中では「いや、CDで聞きたいんだ!」という人が居るのは事実でしょうが(そうゆう話はポロポロ聞きます)、いずれデジタルが主流になるのはほぼ間違いないと個人的には思っています。
デジタルvsフィジカルの環境負荷に関しては信頼できるデータはないけど、個人的には「プロモ盤制作は資源の無駄」という思いは強いので、Sonyが先陣切ってこのような行動にでたのは支持したいと思います。

Clause 17 voted down in Lords - Music Week (4/3/10)
Controversial digital economy bill amendment follows lobbyists' draft - The Guardian (11/3/2010)
Controversial new DEB amendment written by BPI - CMU Daily (12/3/2010)
詰めの作業が進められているイギリスのデジタル経済に関する法律、Digital Economy Bill。ここで問題になっている第17条というのは、国務大臣にパイラシー行為などの著作権侵害行為を防ぐための法改正などに関して一定の権力を与えるものでした。これについては当初から批判が出ていましたが、この条項に修正が入りました。そのAmendment 120A(修正条項120A)は、高等法院に著作権侵害が行われていると見なされたサイトを閉鎖する権限を与えるもの。この修正条項には主にISPsからの批判が殺到・・・といった状況でした。
が、The Guardianが、このAmendment 120Aが、何と英レコード協会BPIのロビイストが書いたドラフトを元にしていた事実をすっぱ抜き、ますます混乱した事態となっています。「ロビーグループの意見を汲んで修正条項が作られることもあるだろう」とBPI的は恥じらいもない様子だということですが、ここまでしかキャッチアップ出来てないので、この件に関しては、いつか改めて記事に出来ればと思います。

Napster Japan To Close - Billboard.biz (5/3/10)
ナップスタージャパン終了とデジタル音楽の行方 - yomoyomoの「情報共有の未来」(11/3/2010)
日本で唯一の定額制音楽ストリーミング・サービスNapster Japanが5月末までで全てのサービスを終了することになりました。私も日本に戻るときSpotifyを続けるかNapsterに乗り換えるか真剣に悩んでいたので、Napsterの終了は他人事ではありません。私は結局カタログ数やリリース直後に聞けるかどうかetcが引っ掛かってSpotifyを続けることにしたのですが、yomoyomoさんの記事を読む限りだと、洋楽に関してはカタログ数もそれなりに充実していたのかもしれません。ただ、やはり今の日本で定額制のストリーミング・サービスっていうのはちょっと早すぎたのかもしれません。それから、SpotifyやWe7がイギリスで定着したのも、元は「無料」という大きなセールス・ポイントがあったからっていうのもあるかもしれません。
ただ、Napsterの閉鎖に悲観的になってる暇はないと思います。ヨーロッパやアメリカはもとより、中国でも無料のストリーミング・サービスが浸透している中、日本は全く逆の方向に進んでおり、これで何かフォーマットのチェンジでも何でも何か起こったとき、日本は対応できないという最悪の事態を避けなければなりません。もう少し、日本でのストリーミング・サービス普及について議論が進めば・・・と思います。これも、近々このブログで何か問題提起できればいいなと思っています。

++++++++++++++++++++++++++

最後に、Music AllyでやっていたMusic4.5というカンファレンスのライブ・ブログの記事を1つ貼っておきます。まだこの記事しか読んでないのですが、他の記事も見出しだけ見ると面白そうなので、興味ある方は是非。

Music 4.5: Live Events and band/fan relationships - Music Ally (4/3/2010)
今週の英音楽ニュース トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。