イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2010/07/27 22:56
フェスティバルの安全性
Julie's Bicycleのレポートをまだまとめ切れてないので、先に、こちらのトピックを取り上げます。

比較的大きく、メインストリームでも人気のあるバンドが集まるイギリスのフェスで必ず問題になるのが安全面。イギリスは世界でも安全な方だと思いますが、それでも、フジロックやサマソニとは比較にならないほど危険度は高いと言っていいでしょう。それでも、ファミリー向けのフェスであれば比較的安全と思われていましたが、今年はそうはいかなかったようです。

Rapes at Latitude prompt launch of safety awareness campaigns - The Guardian(19/7/2010)

イングランドのSufforkで今月開催されたLatitude Festivalにてレイプ事件が2件発生、というニュース。Latitudeは5年前に始まった、いわゆる“ブティック・フェス”と言われる特定のターゲットを狙った新しいフェス。中規模(キャパ3万5千人)、ファミリー向けのイベント満載、クリーンでエコで快適、やや玄人向けのもの中心のバランスの良いラインナップ・・・と、なかなかレベルが高く、今やイングランドでも指折りの人気フェスになりました。ただ、人気上昇と共にキャパシティも拡大し、メンツもだんだんメインストリームものが増え、それまでは良識あるファミリーが主な客層だったのが、だんだんやんちゃな若者が増え・・・という状況のようです。Latitudeの前評判を考えれば、こんな事件が起こるとは誰も思っていなかったのだと思います。だからこそ、メディアの反応を見ても、ショックを受けた人が多かったのではないか、と。

そしてもう1つ:

T in the Park festival stabbings: three arrested - The Guardian (12/7/2010)

去年の3日間晴天から一転、今年は大雨に見舞われたスコットランド最大のフェス、T in the Parkでは、最終日にメイン・アリーナからテントに戻る男性2人が刺されて重傷。後に3名が殺人未遂の疑いで逮捕されました。TITPは2年前も小競り合いから男性が刺されて重傷を負っています(拙ブログのこの記事参照)。昨年は大きな事件もなく、ドラッグの使用も少なかったとのことで、地元警察からお褒めの言葉を頂いていたTですが(とは言いつつも、私達のテントは壊され空き巣に遭ったわけですが)、今年もこのような悲劇が起こってしまいました。Tに関しては、ラインナップから集まる客層から何から何まで、治安の悪い環境になりやすい要素がとても多い。何せ、ビール会社(Tennent's)が大スポンサーを務めているので、主催者も飲み過ぎ抑制をおおっぴらに喚起することが出来ず、のんべえなスコッツは飲みたいようにお酒が飲める環境。結果、みんな酔っ払い・・・っていう、そっからしてもうダメなんですが・・・。Tは毎年治安が大きな問題になりますが、今の運営スタイルを変えない限り、改善は非常に難しい。かといって、フェスの趣向にするわけにもいかないし、スポンサーを切るわけにもいかない(Reading/Leedsが同じく大スポンサーだったビール会社Carlingを切って運営していることを考えれば、出来なくはないのかもしれませんが)。イングランドと違って、スコットランドはまだ古い考えが支持されがちで、泥酔したりちょっとした迷惑行為であればまだ受け入れられやすい傾向にあるので、その面でも、改善が非常に難しいと言えます。

日本でも今週末のフジロックを皮切りに、本格的にフェスシーズンが始まりますが、今年はどうなっているか、気になるところです。特に、3年ぶりのサマソニはかなり変わってるかもしれないなぁ・・・。
スポンサーサイト
英音楽事情 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
--
2010/07/06 08:05
次回予告(小休憩いただきます)
dog.jpg
この前家族旅行で行った福島にて。ちょっと一息な感じ。

こんにちは。毎週末更新のこのマイペースなブログなのですが、この先1ヶ月くらい、週末が仕事やら私用やらで何かと忙しいので、小休憩を頂きます。今月中にどこかしらで最低1度は更新して、8月のお盆頃には再び復活出来るようにしたいと思います。Twitterは通常通り稼働中。こちらでも音楽ビジネス関連のニュースを呟いてます。

次の更新はこれですね:

●Moving arts: Managing the carbon impacts of our touring - Volume 1: Bands - Julie's Bicycle Research
*To download, go to: http://www.juliesbicycle.com/about-jb/research

英音楽業界の環境団体Julie's Bicycleの新しいリサーチ。ツアー活動に係る温室効果ガス削減に関するリサーチです。サマリーは読んで、本文を読み進めているところなのですが、今のところは正直パッとしないなぁという印象。数字は具体的に色々出てはいますが。このリサーチのトピックは、私が修論でやったことでもあるので、がっつし取り上げたいと思います。もし興味のある方はお先に上記リンクからダウンロードして読んでみてください。
お知らせ トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。