イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2008/11/27 00:23
バンドとファンの絆 (Muse編)
本国イギリスでは熱狂的なファンが多いことでも知られているMuseが、また面白いことをやっているので紹介します。「また」と書いた理由は、つまり今までも変なことを色々やってきたということです。今回のは以前のと比べると大したことはないのですが、過去の諸々は後ほど説明します。

概略:
11月7日、オフィシャルサイトにて、ファンからの質問にバンドが直接回答する企画が発表されました。質問は、オフィシャルサイトに登録しているファンが、直接メッセージボードに質問を投稿出来るようになっていて、それらの質問を今度は同じメッセージボードで人気投票。上位30項目の質問に対し、21日から回答編のスレッドにバンドが順次回答していくシステムになっています。現時点でざっと見て7割くらいは回答済み。閲覧のみであればメンバー登録していなくても読めますので、こちらからどうぞ。

回答は、ファンならかなり楽しめると思います。Q30の「グラストの『Time is runnning out』のカニ歩き(注:youtubeで是非!(URL)2:35からどうぞ)は、用意されていたものなの?それともとっさに出てきたもの?」という質問とか、ツボです。回答を知りたい方は自分で読み行ってください(←不親切)。マイケル・ジャクソンのつもりらしいです。

ちなみに、Barks Newsにあった「ミューズ、新作で自らオーケストラをアレンジ」(26/11/2008)というニュースについて、記事では元ネタがGigwiseの「Muse Planning Three-Part Symphony On New Album」(25/11/2008)になっていますが、本当のソースは、この質問企画のQ23のようです。報道ももはや伝言ゲームみたいになってます。話がねじ曲がらなければそれで良いですが。

さて、Museファンが熱狂的な理由の1つは、間違いなくバンドがファンを上手く惹きつける戦略を練っているからだと思っています。ということで、Museがオフィシャルサイトを通じてやってきた過去のおもしろ企画、最近のしか知りませんが、例えば次のような感じ。
- 宝探しゲーム: USツアー(確かAbsolution)の時、メッセージボードに様々な暗号文(Mattらしく超難解かつ数学的)を掲載。それを元に、アメリカ本土(広すぎ!)のどこかに眠っているメンバーのサイン入り自転車(別のモノだったかも・・・)を探し当てる。ファンはメッセージボードで協力・団結し暗号解読→草藪の中で自転車発見。
- 「Knight of Cydnia」ゲーム: 同曲のPVの元ネタ映画15作品を回答せよ、というもので、PVの登場人物(5人とかそれくらい)のMyspaceにある彼らの発言を元に、その15作品を当てる企画。ファンサイトも見まくったけど結局私は全く分からなかった・・・。
- ドッキリ企画: 確か2006年だったと思いますが、バンドの所属レーベル・ワーナーの弁護士とバンド名義で、オフィシャルのメッセージボードと主要ファンサイトに「著作権侵害に該当する画像や音源等を1週間以内に全て削除すること」という通知があり、ファンが大混乱。「どうせいつものいたずら」と思いつつ、メッセージボードにはその弁護士とマネージャー氏が登場し、ファンの回答に丁寧に答えるものだからなかなか気分が晴れず。最終的には、ファンサイトも巻き込んでのドッキリ企画だったことが判明。逆をとれば、これにより、非営利でのファン同士の画像や音源のシェアをワーナー及びバンドは黙認する姿勢であることが明確になったとも言えます。

クイズ企画はまぁ多々あるとして、その他、Mattは大手ファンサイトにバレバレの偽名で書き込んで、未発表音源をリークしたりしています。

こうゆう企画が、レーベル主導というよりバンド主導な印象で行われているのがとても面白い。日本のバンドだとあまりこうゆうこともやらないし、やってもファンはのってこないと思う。ともかく、こうゆう企画が、ファンを、ウェンブリー公演前日にロンドンのトラファルガー広場で集会+大合唱大会なんていう大パーティに走らせるわけです。初めてこうゆう企画をやっていると知った時は、Museほど売れてるバンドがネットを介して直接繋がっていることを知ってとても興奮して、以来いつも興味深く彼らの動向を追いかけています。

+++++++++++++++++++++++++

久々にMuseのメッセージボードを覗きましたが、Muse(とメッセージボード)のおかげで英語の勉強を続けられたと言っても過言ではないので、辞書無しでほぼ全ての回答を読めたときはちょっと感動。でも、この記事のために日本語書きすぎました。これからまた勉強に戻ります。
スポンサーサイト
英音楽事情 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
日本人らしいロック | Home | "Is it too late?"
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。