イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2008/12/10 01:39
Blur再結成確定の日
081209-1.jpg
NME.comより)

先月末のプレゼンに合わせてブリットポップを調べ直し、図書館のNMEを読み、BBCのブリットポップ特集を見ているうちに(youtubeだけど)、ブラーって実はすごく良いバンドだったんじゃないかと思い始め、間違えて「The Modern Life is Rubbish」を聞きまくった(1番好きなのは「Blur」だけど)矢先のこのニュース。来年7月かーロンドンかー。グラストに出てくれれば問題なしだけど、いちおチケットは取るつもり。そのニュースはNME(明日買わねば!)のこの記事を読んでいただくことにして、ブラー再結成のニュースに狂喜乱舞した後は、グラスゴーでも指折りの人気Venue(パブ兼ライブハウス)であるKing Tutsで打ち合わせ。

その打ち合わせにて、無事に来年からのインターン先が決定しました。これはカリキュラムの一環で、音楽産業コースに進む学生はインターンが必須なのです。お世話になるのは、イギリスでも屈指の人気を誇る某Tフェスもオーガナイズしている地元の某コンサート・プロモーター。ここで、ライブ業界のエコ化に関わるリサーチと実践に携わる予定。まだ漠然としているので何とも言えませんが、1番やりたかった、オーディエンスのエコに対する意識向上と実践に関わるプロジェクトが出来るかもしれません。

今日お話してくださったスタッフの方(女性)のパートナーがそのフェスの担当らしいのですが、彼は、数年前、"世界一クリーン"なフジロックに行って感動し、「自分達のフェスもそうありたい」と、Tフェスのグリーン化を始めたそうです。だから、私のような(アホな)「フジ参加者が来てくれるならなんてラッキー」だと。私も、フジはもちろんだけど、ごみゼロボランティア(サマソニ04)もやっているし、少しは日本での経験が役立つかもしれません。こちらに来て受講したFoESのトレーニングコースや、大学院が始まる前に先生に会って得たエコと音楽に関する様々な情報や、事前に読んだ色んなレポートとか、そうゆうことが良い形でインターンに生かせれば良いなと思います。問題は、オーディエンスの"教育"となると、教育分野の文献も読む必要があるということ。これは全く未開の地だが大丈夫だろうか・・・。

ともかく、具体的なことはまだよく分かりませんが、内容はかなり面白そう。後はお金とかスポンサーシップとか色々あるから、それが上手く動くかどうか。彼女も、「良い案は色々あるんだけど、実現にこぎつけることが出来なくて・・・」と言っていました。うーん。
スポンサーサイト
大学院/授業 トラックバック(0) | コメント(4) | Page top↑
NME購入 | Home | 生放送終了 - JASRACシンポジウム2008
-
コメント
はじめましてコハゲと申します。
こんな素晴らしい授業を体験できるyanoさんが、とんでもなく羨ましいです。
他の記事もこれからじっくりと読ませていただきます!

勝ってながらリンクを貼らせていただきました。
よろしくお願いいたします。
【2009/01/11 15:25】 URL | コハゲ #4SZw2tfw[ 編集]
コハゲさん
初めまして。コメントありがとうございました。
授業自体は社会学に沿った平々凡々なものですが、ポピュラー音楽学自体が純粋な音楽ファンをことごとくこき下ろすような学問なので、そうゆう意味では良い経験になってるかもしれません。
コハゲさんのサイトも今からお邪魔します。
リンクありがとうございます。
【2009/01/12 08:36】 URL | webmaster #Gx0PBKAM[ 編集]
初めまして、UKロックを愛してますオスカァです。イギリス留学を夢見てます 笑

素敵な先生ですね♪
環境問題についても、音楽についても、国についても、とっても憧れてしまうので、お気に入り登録させていただきます。

あたしはRadioheadの活動を通してますます環境に目を向けるようになりましたょ^ ^
【2009/02/01 00:02】 URL | 大島オスカァ #-[ 編集]
オスカァさん>>
はじめまして。読んでくださってありがとうございます。

私は姉の影響で、小さい頃から環境問題の何かしらに関わりたいと思っていました。まさか温暖化がこんな深刻な問題になるとはその時は誰も思ってなかったと思いますが(90年代初頭なので・・・)。環境という点でも音楽という点でも、イギリスは良いところもありますが、理解に苦しむことも多いですよ。
堅苦しいことも沢山書いてますが、また遊びに来てくださいね。

【2009/02/01 06:50】 URL | webmaster #Gx0PBKAM[ 編集]
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。