イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2008/12/12 04:20
今年のまとめ (音楽編)
therewillbeblood.jpg


今週末はヘヴィなニュースを色々更新するつもりなので、Blur復活の明るい流れに乗って(ロンドン公演のチケット買ってしまった・・・!)、今年をちょこっと振り返ってみようかと思います、音楽的に。

今年はどの雑誌もも「新人が頑張って、全体的にも良作が多い」といった評価のような印象があります。私の場合は、例によって「数年前に流行った作品に今更はまる」といういつもの循環と、元々CDをあまり買わない達な性分が相まって、例年通り、音楽的に非常に貧相な1年でした(涙)。しかも、「ながら聞き」が出来ないので(PCやりながら音楽聞くのも無理)、音楽聞く時間もほとんどなかった・・・トホホ。

いちおiTunesの再生数順に、新譜のみでトップ5をつくるとこんな感じになりました。お気に入り度でベストをつくったとしてもほとんど同じになると思います。相変わらず全てビッグネーム。

1. There Will Be Blood /Jonny Greenwood
2. Med Sud I Eyrum Vid Spilum Enderlast /Sigur Ros
3. Viva La Vida /Coldplay
4. The Hawk Is Howling /Mogwai
5. Silent Cry/ Feeder

ジョニーのソロ作は再生数もお気に入り度もダントツの1位。「Bodysong」もよく聞いたし、彼がBBCオーケストラにかいた曲を聞きにコンサートに行ったり、今更現代音楽を聞き始めたり、今年1番影響された作品であり人物。2~5は再生数がほぼ同じなので、お気に入り順。シガロスは新旧問わず今年1年を通じて全作品聞いてました。Coldplayは評価が割れているようだけど、個人的には、CDとライブのギャップが初めて埋まった、現時点での彼らの最高傑作だと思っています。Mogwaiは、今年の秋頃から歌入りの曲が聞けなくなった影響もあってよく聞いていたかも。Feederはライブ前の予習で聞いてたのかな・・・良いアルバムだけど、正直そんなに聞く程気に入っている訳ではない。本当は2~5位のところにThom Yorke「The Eraser Rmxs」が入るけど、リミックスなので外しておきました。ちなみに旧作も入れると、上位には何故かラフマニノフとかRovoなんかが入ってきます。節操ないなぁ。

ベスト・ライブも、上記と同じような感じ。

1. Radiohead at Glasgow Green
2. Coldplay at SECC
3. Sigur Ros at Hydro Connect Festival
4. Rage Against The Machine at 幕張メッセ
5. Sigur Ros at Caring Acardemy

Radioheadのライブは、ある意味人生変えた、一生忘れられないライブ。Coldplayは、1番好きなバンドなので私感も入りますが、バンドも芸術的なステージ以上に、お客さんとか全体の雰囲気が良かったです。シガロスは、特にフルオーケストラだったConnectフェスでの熱演が素晴らしかった!レイジは「なんかテンポもたってたなぁ・・・」と思いつつ、久々に「これぞモッシュ&ダイブ!」的なことが出来たので楽しかった、っていう。解散前の最後の来日公演に直前で行けなくなった経験があるので、今回は見れただけでも満足。
今年は好きな大物バンドのライブがたくさん見れて良かったけど、小物はどうもあまりパッとしなかった気がします。ライブあまり行ってないっていうのもあるけど。

後、プールのラジオでかかってた音楽も意外とお気に入り。 Estelle「American Boy」、Ne-Yo「Closer」あたり。アイルランドのラジオですが、Phantom.FMのグラスト出演アイリッシュバンドのアコースティック・カバー・セッション特集が面白かったです。The FlawsとかJapeが出てました。それから超人気の英オーディション番組「X Factor」のDiana Vickersが歌ったTake That「Patience」が本当に素晴らしかった!敗退してもデビューして欲しい!でも、デビューしたらCDを買うかと言われたら、少し迷います。

全体では、去年から引き続きRadioheadばかり聞いていた1年でした。ライブも行ったし、エコのことも色々調べたし、まぁ、調べるうちに段々エセ・エコっぷりが見えてきて溜息ついてるのですが、それはそれで面白かったです。エコのことは来年もまだまだ続きます。それから、今年はシガロスな1年でもありました。来年アイスランドに行く予定なので、シガロス・ブームもまだまだ続くかな。

そのRadiohead地獄から最近ようやく脱出して、最近また新しい音楽を色々聞き始めたので、来年はもう少し音楽的に豊かな1年になると良いなと思います。
スポンサーサイト
戯れ言 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
スコットランド、気候変動法発表 | Home | NME購入
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。