イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2008/12/13 04:54
最もエコなライブハウス、KOKO
その前に、ポズナニ会合が合意を得られないまま終了とのニュースのリンクを先に貼っておきます。下記の記事にはないのですが、「オバマ待ち」という話になっているらしいです。何となく言い訳に聞こえますが。この件は、明日改めてまとめる予定。
COP14:日本の「温室ガス50年半減」案盛られず - 毎日.jp(毎日新聞)(12/12/08)
COP14、長期目標合意できず 温室ガス削減 - asahi.com (12/12/08)

本題。これもエッセイ云々で放置していたニュース。

Koko gets even greener -Julie's Bicycle (4/12/08)

1500人収容のロンドンのライブハウスKokoが、この度「世界一エコ・フレンドリーなライブハウス」を目指すためのプログラムを導入するそうです。内容は 1) カーボンオフセット 2) リサイクル 3) グリーン電力の使用 の3つ。既に同会場では一ヶ月にガラス瓶31,000本、アルミ缶20,000缶、プラスティックカップ77,000個、フライヤーを既にリサイクル中。さらに、Club NMEの際は、チケット1枚に付き10p(およそ15円)が、アフリカで太陽光電力普及を目指すチャリティ団体SolarAidに寄付されるそう。

で、この記事が、エコとフェスに関する別記事と一緒に、Live UKという雑誌か何かに載っているらしいのですが、検索に全くひっかからない・・・。先生に聞いてみようかな。うーむ。
スポンサーサイト
音楽と環境問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
今週の英音楽ニュース(13/12/2008) | Home | スコットランド、気候変動法発表
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。