イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/01/26 09:11
今週の英音楽ニュース(25/01/2009)
今日は時間もあまりないから手短に・・・と思ったら長くなってしまいました。

ILLEGAL DOWNLOADS DON'T EQUATE TO LOST SALES, SAYS US JUDGE - CMU Daily (22/1/2009)
違法DLに関する面白いニュースがアメリカから到着です。2004~5年にかけて、アメリカで「Elite Torrents message board」というP2P関連サイトを運営していたDaniel Dove氏。彼は、米レコード協会と映画制作会社Lionsgate Entertainmentから著作権侵害で訴えられ、既に18ヶ月の禁固刑と$20,000の罰金を受けていたそうです。さらに同2団体は、Dove氏に対して損害賠償も求めていました。しかし、この訴えに対し、米裁判官のJudge James P Jones氏が「違法DLされた分が、必ずしも利益損失分とイコールになるわけではない」というコメントを発表しました。つまり、違法DLした人が、DL分全てをお金を出して買うか?買わないよね?ということです。この理論はとってもまともだと思います。それを(おそらく意図的に)無視して、「違法DLされた分=損失分」とイコールで計算していたレコード協会は、自分達の行動を恥じるべきだと思います(強く言いすぎか・・・)。以前この点を扱った記事を投稿していますので(URL)、興味のある方は参照ください。

GROOVE ARMADAが新作のシェアを開始 - iloud (22/1/2009)
Groove Armada reveals sharing plans for Bacardi digital EP - Music Ally (21/1/2009)
せっかく日本語のソースを見つけたというのに、説明がちょっと甘いので、英語ソースも付け足しておきました。Music Allyもお気に入りという、愉快なプロモーション戦略に関する記事です。
Groove Armadaが3月にデジタル・リリース予定のEPを、一足先にBacardi B Liveというウェブサイトで無料配信を始めました。ただし、ボタンをぽちっと押して3曲DLできる訳ではなく、俗にいうネズミ講方式になっています。説明します。メールアドレス等を登録すれば、最初の1曲は誰でも無料でDLできます。しかし、2曲目をDLできるのは、この1曲目をメールかFacebookを介して友達20人とシェアした人のみ。3曲目をDLするには、さらに200人とシェアする必要があります。ちなみに、この"200人"というのは、「友達の友達(の友達の友達の・・・)」まで含むそうです。キャンペーンは40日間のみ。ちなみに、Music Allyは23日現在80人とシェアしており、UKランク第2位、世界ランク第3位とのこと(証拠画像付きの記事はこちら)。「僕ら、結構良い感じにシェア出来てるよ」なんて記事を投稿してしまうMusic Allyが好きです。
で、肝心のこのプロモーションに関してですが、面白いと思うけど、日本ではほとんど話題になっていないのではないかと・・・。UKでもそんなに話題になっているようには思えません。Groove Armadaレベルのバンドでは、ちょっと変わったことをやってもあまり取り上げてもらえないのか、それとも、単にあまり興味を引かないプロモーションだからなのか・・・。私個人の意見を言わせていただくと、正直あまり興味がありません・・・。

Warner Delete Fan Videos - muselive.com (22/1/2009)
ワーナーとyoutubeの関係は少し気になっていたのですが、ついにきた、といった感じです。
昨年末、ワーナーはyoutubeとのビジネスを終了すると発表。youtube内のワーナーチャンネルも閉鎖することになった(まだ残っているのかな・・・?)のですが、そのワーナーが、予告通り、ファンの作成したビデオを著作権侵害として削除し始めたようです。紹介したmuselive.comは、Museファンサイトの最大手なのですが、Muse以外にも、ワーナーに所属しているミュージシャンの様々なビデオ、それも、PVやテレビ番組を編集なしでアップする、いわゆる「丸上げ」映像だけでなく、ファンが編集したものやBGMとして該当ミュージシャンの曲を使ったりしたものも削除の対象となっている模様。
ただし、ワーナーのこういった削除の流れは、youtubeを持っているGoogleからの要望を受けてのもののようです。GoogleがMidem2009で語ったところによると、他のメジャー3社にも同様の要請をしているようなので(こちらの記事を参照)、最悪の場合、youtubeの様々な二次創作物が削除の嵐になるかもしれません。となると、youtube離れも進むかもしれません。Museのオフィシャルサイトの掲示板でも、「youtubeがダメならこっち!画質も良いよ!」と、早速veohというサイトが紹介してありました。これが感動するほど画質良い(数は少ないけど)のですが、こうゆう事態になると、私もveohみたいなサイトを探して、youtubeから乗り移ろうかと思ってしまいます。この件に関しては今後に注目です。
スポンサーサイト
今週の英音楽ニュース トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
Big in Japan? | Home | FAC: アーティストとともに始動
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。