イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/02/06 03:20
洋楽はお好き?
Japanese Physical Market Declines 3.9% - Billbord.biz(04/02/2009)

ということで、昨日ちらっと紹介したこの記事。読み直したら、なんだ、大したこともあるけど、これだけでは大したことだと言い切ることは出来ません。

SoundScan Japanが全国3300店舗のPOSシステムを用いた統計によれば、2008年度のCDセールス(デジタル配信、輸入盤は除く)は2007年度比で3.9%下がって3250億円。1998年の5860億をピークに、2008年も売上下落を記録したとのこと。ちなみに、レーベル別では、2位のソニー・ミュージックを2.2%引き離し、エイベックスが第1位(シェア率16.1%)とのこと。

これを邦楽/洋楽で見ると、邦楽は前年比0.4%の売上増であったのに対し、洋楽は19.7%減。これを読んで、昨日「洋楽離れの進行」的なことを書いたのですが、待てよ、と。洋楽の統計は「国内盤」のみ。つまり、輸入盤の売上はカウントされていないことになります。プラスして、デジタル配信も除かれています。ということは、今確実に言えるのはこの2つだけ。

1) 邦楽のCD売上は前年比アップである。
2) 洋楽ミュージシャンの国内盤CDの売上は落ちている。


そして、洋楽離れ云々の話をするなら、やはり以下の不明点を明らかにしておきたい。

1) 邦楽のデジタル配信の売上(売上増だと予想)。
2) 洋楽のデジタル配信(これも売上増だと思うけど、確信なし)。
3) 洋楽輸入盤の売上(これが分からないと、洋楽CD全体として売上がどうなっているのかは分からない。どちらにしろ、前年比ダウンだと思うけど)。


もしかしたら、洋楽ファンの方がPCでDLする人が多いのではないかと思ったのだけど、日本のデジタル配信の9割は携帯からのDL。その多くは邦楽ミュージシャンの楽曲だろうから、洋楽のデジタル配信と輸入盤の売上をプラスしても、結局は「洋楽離れ」という結論に辿りつくのではないかと思います。レコード協会がどんな数字を出してくるかによりますが。ちなみに、2008年上半期の洋楽セールスのシェアは、ついに20%を切って19%とのことなので(こちらを参照)、2008年全体の数値も、それに近いものになるのではないかと思います。

「グローバル化」だの「国際化」だのと言われはじめてもう何年も経ちますが、日本の音楽業界に限っては、数字だけで見ると、時代に逆行しているという面白い状況と言えると思います(以前投稿したこちらの記事も参照ください)。指導教官も、「日本人はNationalist(国粋主義)なんだねぇ~」と言っている位ですから、日本の今の状況は、イギリスやヨーロッパからはかなり特殊に見えているのではないでしょうか(もとい、非西欧圏で英語もほとんど通じないアジアの小国が世界第2位の音楽マーケットをもっていること自体、かなり不思議なのですが)。

個人的に起こって欲しくないのは、この洋楽不振で日本に入ってくる洋楽が減ること。輸入盤より国内盤の方がレコード会社的には“稼げる”ので、国内盤が売れてくれないと、洋楽部門の業績も悪化します。しかしながら、ここからは私の勝手な推測ですが、洋楽ミュージシャンといえば、大小問わずいろいろお金のかかる存在。確実に利益を上げたいので、売れそうなビッグネームだけ呼んで、その分中堅&新人ミュージシャンの来日を減らす。CDも売れなければライブ数も減って、ますます洋楽離れ進行・・・なんて悪循環が起こりうるのかなぁと。もう起こっているのかもしれませんが。

と、ここまで考えて、「来日公演が減ってくれれば飛行機からの炭素排出量も減るから逆に良いのでは?何十年後かはそれを理由に来日自体減らさざるを得なくなるだろうし・・・」というところにたどり着いてしまう自分がいます。何という矛盾・・・。
スポンサーサイト
音楽ニュース トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
イギリスからもう一人助っ人登場 | Home | ライブ音楽産業を独占か?
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。