イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/02/11 07:24
The merge has been confirmed.
※2/11加筆済み

本当に気分を悪くさせるニュース。速報です。

Live Nation and Ticketmaster tie the knot - Music Week (10/02/2009)
TicketMasterとLive Nationが$2.5Bの合併に合意 - TechCrunch (11/02/2009)

先週、このブログでも噂として紹介しましたが、その噂が現実になるようです(参照:「ライブ音楽産業を独占か?」)。世界最大のコンサート・プロモーター「Live Nation」と、世界最大のチケット販売サイトを運営する「Ticketmaster」が合併で合意しました。社名は「Live Nation Entertainment」となるようです。25億ドルの大企業の誕生です。「ライブ音楽市場独占の準備完了」と言っても過言ではありません。

そして、TechCrunchの記事でも紹介されていますが、Wiredのこの記事には背筋が凍りました。

Ticketmaster/Live Nation Merger Could Raise Ticket Prices - Wired (09/02/2009)
あまり知られていないかと思いますが、Ticketmasterは、チケットのオークションサイト「Ticketsnow」を所有しています。これは、チケットの二次販売に利益をがっぽり取られて頭を悩ませていた当時のTicketmasterが、“金券ショップやオークションサイトが正規販売より儲けてるんだったら、そのオークションサイトを買い取ってしまえばいい”という発想の元、買収したと言われています。

Wiredは、この合併で誕生する新企業が、従来のコンサートチケットの価格固定制を撤廃して元からオークション形式でチケットを販売する可能性を指摘。これがダフ屋行為の合法化になるのでは?と危惧しています。実際、先日即完となったブルース・スプリングティーンのチケット販売では、Ticketmaster(一次販売)での発売開始からわずか1分後に、そのチケットが2倍の価格になってTicketsnow(二次販売)で売りに出されるという明らかに“有り得ない”行為が起こっており、物議を醸したばかり。もしこれが現実となれば、人気アクトのチケットは軒並み高価格で取引されるようになり、私みたいな貧乏学生はもはや手が出せない・・・なんてことになるかもしれません。ただでさえチケット価格が高騰しているというのに、さらにこんなことになれば、ライブ文化は崩壊したも同然です。単に経済的に豊かでない人が大物バンドを見られなくなるだけでなく、大物に大金をはたくために、既に減少傾向がみられる中小規模のライブの観客数がさらに減り、結果、新人バンドがさらに育ちにくい環境になることも考えられます。そうなれば、Live NationもTicketmasterも関係ない日本の洋楽シーンにも打撃となるでしょう。

日本にいるとあまりピンとこないかもしれませんが、イギリスやヨーロッパのローカルなライブ音楽産業は、既にLive NationとTicketmasterに乗っ取られている状態になっています。地元の小規模なライブ関連企業だけでなく、大手企業もその波をもろに受けています。実際、私のインターン先はスコットランド最大のプロモーターですが、株の67%がLive Nationに保有されている状態です。

もし、この新企業がこれ以上の"何か"を起こすようなことがあれば、私は絶対に許せません。

今夜入ってきた超速報なので、また明日改めて続報を更新します。

+++++++++++++++++++++++++

ということで、続報。

LIVE MASTER CONFIRMED - CMU Daily (11/2/2009)
Ticketmaster and Live Nation Move to Merge - The New York Times (10/2/2009)
他の記事でも見かけるのが、果たしてこの合併に公的機関からGOサインが出るのかと言うこと。CMUは「今のオバマ政権だとこの合併を防ぐ程の力はないだろう」とのことですが、私も多分GOになると思います。一方、NYTは、民主党Charles E. Schumer議員のコメントを紹介しています。曰く、「この合併は、司法省や連邦貿易委員会によって細心の注意を払い審査し、懐疑的に見直されるべきものである」とのことです。

しばらく続報待ちということになりそうです。
スポンサーサイト
音楽ニュース トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
密かに募集中 | Home | アワード・シーズン
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。