イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/02/26 22:55
ファンは悪くない
少しだけ。

RO69のブログにあったU2の新作リークの記事が少し酷いと思ったので、一言。記事はこちら

先に、この件での英語のソースを3つ並べてみます。

Label Leak to Blame for Early Arrival of U2’s “No Line on the Horizon” - The Rolling Stone (20/2/2009)
U2 Release Blunder Down Under - Billbord.biz (20/2/2009)
U2's label responsible for leaking new album? -NME.com (21/2/2009)

内容はどれも一緒。

1) U2の新譜「No Line on the Horizon」が、発売日前にも関わらず、何らかの原因でオーストラリアのオンラインショップ「Getmusic.au」にアップロードされる。
2) それに気づいたファンが、同サイトよりアルバムを購入し、DLする。
3) およそ2時間後、スタッフがエラーに気付き即削除。
4) 新譜を購入したファンの何人かが、ブログに購入時のスクリーンショットと$19.80 Australian ($12.80)という値段を載せた記事を掲載する。

つまり、今回P2Pに出回った“リークされた”とされていた音源は、ファンがちゃんとオンラインで購入したものの可能性が高いというのです。そのため、今回責任を問われているのが、ファンではなくオーストラリアのユニバーサル・・・というのが事の結末です。これと比較すると、RO69で説明されている「ユニバーサルが誤ってネット上(オンラインショップではなく)にアップロードしてしまった音源を、誰かが発見し、コピーしたものが流出した」という流れは、P2Pでシェアするのが良いかどうかは別問題として、まるで「誰か≒ファン」が悪者かのような表現です。誤って販売ルートに乗ってしまった音源を“正規”の方法で購入したファンが、まるでハッキングやパトローリングをしているかのように表現されるのは、個人的にとても不快です。

自分も弱小でもブログをやっている限り言葉遣いには気をつけたいですが、評論家の方がこのような書き方をするのはとても残念です。
スポンサーサイト
小難しい話 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
日本のJASRAC、イギリスのPRS、PPL、そしてその他。 | Home | 続・Eircomと愛レコード協会
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。