イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/03/04 02:20
1位はどっち?
Universal Leaps To No. 1 In Japan - Billboard.biz (2/3/2009)

2つ前の記事で「日本のニュースは初めてかも」と書きましたが、よく考えたら結構書いていました(ごめんなさい)。今日も再び日本のニュースです。

先月、SoundScanが発表した2008年度(日本)国内CDセールスに関するレポートを紹介しましたが(URL)、今度は日本レコード協会のレポートです。ただし、今のところこのネタを記事にしているのが上記のビルボードのみ。レコ協のウェブサイトには何の更新もされていないし、日英両方でグーグルしても何もひっかからず。真相は闇の中ではありますが、ひとまずご紹介。

SoundScanは、全国レコード小売店3000店舗のPOSシステムを用い、2008年度の国内盤CD売上と各レコード会社のシェア率について発表。結果、Avexがシェア率を伸ばして1位、以下ソニー、ユニバーサルとなっていました。しかし、この度レコード協会が発表したところによると、CD以外の項目を含めた総合結果では、ユニバーサルが2007年度より0.9%増の16.8%で、エイベックスを抜いて第1位。2位に甘んじたエイベックスは0.6%減の16.5%。3位はソニー(14.5%)となっています。ちなみに、2005年度は順位がソニー、エイベックス、ユニバーサルの順だったそうです。不動の1位を誇っていたソニーはこの3年間で大きく後退と言えそうです。ちなみに、レコード産業全体での売上は3681億円で、前年比で8%減少とのことです。

ユニバーサルのアジア地区担当Max Hole氏は、今回のシェア1位獲得の要因を、「国内ミュージシャンのレパートリーの向上」と説明。デジタルDL世界1位と2位を記録したGReeeeNと青山テルマ、さらに中年層に人気の徳永英明といったアーティストがユニバーサルに所属しており、貢献度が高かったようです。また、Hole氏によれば、この4年間で、50歳代がほとんどを占めていたA&R部門に若い人材を投入し、西欧のマネージメント方式に変更。さらに、ベテランと新人が一緒に仕事をする環境作りに取り組んでいるとのこと。記事は、こういった努力が実を結んだと見ているようです。

日本のレコード業界は全く精通していないのですが、イギリスのポピュラー音楽学においては、A&Rは程よく若く、元ミュージシャンや、バンドマンが「レコード会社の人っぽくない!」と思えるような人が勤める仕事と認識されていると思います。それと比べると、経験重視が故に日本(少なくても、ユニバーサル)ではA&Rの平均年齢が高めと言えるかもしれません。「そんな違いもあるのか」と一人で納得です。

+++++++++++++++++++++++++

おかげさまで風邪もほぼ全快しました。JBのCD生産の過程における環境負荷のレポートについては、もうしばらく先になりそうです。環境問題関連のことが最近手抜き状態・・・トホホ。
スポンサーサイト
音楽ニュース トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
FAC: re-scheduled the first meeting | Home | 食材のるつぼ
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。