イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2008/07/13 17:26
竹布のススメ
文字通り「竹の布」です。

080713.jpg
竹布のレッグ・ウォーマーとマスク

出会いは、冷え性で死にそうになっていた今年の冬のとある日、渋谷のフェア・トレードショップ「ぐらするーつ」さんに行ったところ「竹布良いですよ!暖かいし、殺菌効果があるからそんなに洗わなくても大丈夫!」と。ちょうどレッグ・ウォーマーを探していたところだったので、試しに竹布レッグ・ウォーマーを購入。その後買い足して、現在はレッグ・ウォーマー以外にTシャツ、靴下、マスクの計4点の竹布製品を持っています。真夏なのに最高気温15度ほどと思われるグラスゴーで、この4点が今もフル活動中。助かっています。

肌触りはコットンよりも柔らかいくて優しい感じ。わずかに重い感じもあるけど気になりません。暖かいし、特にマスクはほとんど蒸れないので重宝しています。長時間使用していてもドロドロになりません。以前、ぐらするーつの店員さんが「メーカーの方が、試しに同じ靴下を2ヶ月履き続けたけど臭くならなかったそうですよ!」と言っておりましたが、例のアース・デイでやはり竹布のTシャツを持っていた別のブースの方が「汗だくで2日間着ても平気だった!」とおっしゃっておりました。さすがに2ヶ月は無理ですが、私も、Tシャツは3日間くらい着てから洗います。
マイナス面をあげるとしたら、高いこと。春のアース・デイでアウトレット品の販売があったのでTシャツなど買えましたが、綿のそれと比べると値段が倍くらいして、普段は手が届きません。後、今HPを見て思い出したのですが、デリケートなんですね。寮には乾燥機があるので使っていますが(そうしないと3日間干しても乾かない・・・)、これからは日干しにしようかと思います。

綿に変わる新たな繊維として、ヒッピーさん的にはヘンプを押しているところだと思いますが、私は断固竹派。農薬を使う必要もないし、ぼこぼこ生えてくるし。まだ竹布を作るのには特別な技術が必要とのことで普及はしていませんが、これから竹布は大いに期待されると思うし、そうなって欲しいと思っています。

竹と言えば「竹洗剤」も発売しているメーカーがいくつかあります。これも環境負荷がかなり少ないのでおすすめ。実は、日本から使いかけの小さい竹洗剤ボトルを持ってきたのですが、もったいなすぎて使えない・・・(涙)。

竹布(TAKEFU)>>
http://www.takecare.jp/takefu/
スポンサーサイト
お気に入り トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
T in the parkでの事件 | Home | 社会派バンドの矛盾
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。