イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/03/12 18:13
FAC: 第1回ミーティング・続報
090312.jpg

自分メモ用にリンクをだーっと貼っておきます。ただ、プレスリリースを基にした記事がほとんどなので、内容はあまり変わらないのですが。ちなみに、Featured Artists Coalitionのオフィシャルサイトはこちら

Top musicians unite to form copyright lobby group - The Times (10/3/2009)
Taking control of their music - Channel 4 News (11/3/2009)
-->Video: interview with Billy Bragg(URL) (日本で見れないかも)
It's not a crime to download, say musicians - The Independent (11/3/2009)
Music stars call for more power - BBC News (11/3/2009)
Musicians 'unite with one voice' - This is London Local (11/3/2009)
ブラー、レディオヘッドらがアーティストのロビー団体を結成 - Barks News (12/3/2009)

昨日の記事(URL)でも参加者については取り上げましたが、The Independentによれば、TravisからはDavid Gray以外にもFran Healy、さらにThe ClashのMick Jonesも参加したようです(Travisといえば、以前「メジャーを離れて、やっとデジタル時代の音楽についてオープンに話せるようになったよ」と話していたのが印象に残っています)。This is London Localによれば、David Grayも運営委員に加わったようです。

FACからオフィシャル発表がまだないので、何が話し合われたのか分かりませんが(最初だから、たいしたことは話してないかな・・・)、オープンにしてくれるだろうという期待も込めて続報待ち。現在のところ分かっているのは、「ネットで違法ダウンロードしたファンを相手取って訴訟を起こすべきかどうかについての投票があり、ほとんどの参加者が訴訟を起こすべきでないと投票した(The Independent)」ということ。

ただし、上記の記事を読む限り、Myspace、Youtube、NokiaのComes With Music(このブログでも何度か取り上げていますが、まずはこちらを参照ください)といったビジネス・パートナーとのフェア・ユースが現在のターゲットになっているようです。彼らの主張は、Comes With Musicについては「誰が何を受け取っているのか分からない(by O'Brien, The Times)」、マイスペとYoutubeについては「Google(=Youtube)はミュージシャンにお金を払うべき。マイスペも、広告で収入を得ているはずなのに、ミュージシャンには印税が入らない」(By Bragg, The Times等)といったもの。PRSのこのページによると、オンライン購読サービスやダウンロードサービスを行っている企業は収入の8%を印税としてPRSに納めることになっているのですが(注:サービス形態によって印税率は変わる)、この8%がレコード会社とミュージシャンでどう配分されるのかが問題。配分率はレコード会社とミュージシャンとの契約内容によると思いますが、推測するに、おそらく、この8%がそのままレコード会社のポケットにいっているパターンがあるのかもしれません。

記事を読んでいると、そもそも「著作権法」という法律で、FACが「フェア」と思えるようなフレームワークが作れるとは思えないし、そういった状況で、彼らの主張がフェア・ユースと言えるのかどうか、正直疑問です。

後は、CMUとMusic Weekのコメント待ちなのです。環境ネタも更新したいのがあるのですが、もう少しだけFACのニュースを続けます。


+++++++++++++++++++++++++
追記 (12/3/2009):
FACのPR用写真見つけました→Flicker(slideshowにすると大きい画像で見られます)
今のところこのPR setからの写真付きで報道しているのはMusic Week(URL)のみ。「著作権問題は一般市民の関心を引かない」というのはこうゆうことでしょうか・・・。CMUは今日は記事が上がっていませんでした・・・いつも1日遅れなので明日上がるかな・・・。Music Weekの記事にあるKate Nashのコメントがなかなかポイントをついていますが、それはまた明日。
それにしても、デイブの格好がなんだかひどい・・・(涙)。
スポンサーサイト
Featured Artists Coalition トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
舞台裏で起こっていること | Home | FAC: 本日開催
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。