イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/03/13 05:36
舞台裏で起こっていること
今聞きたくない言葉といえば、「Green」とフェスやバンドのエコ評・・・という程、エコ病に取り付かれている今日この頃。そういえば、このブログも「Green」なんて変な名前が・・・(最近は「Green」に変わって「Blue」という言葉が使われ始めたそうです)。そんなこと気にしているうちに、コペンハーゲンでは気候変動会議が開催され、「過去の予測より早く温暖化が進んでいる」と改めて警鐘を鳴らしています。

使わなければならないので使いますが、昨日、インターン先の"Green" Meetingに参加しました。より環境に配慮した運営のための会議(参加者15名!)でしたが、内容はほとんどTフェスのエコ化についてでした。もっとお金っぽい話になるかと思っていたのですが、そうはならず、意外と一般人が環境問題について議論するのと同じような内容だったので、一安心。でも、今回私は何も発言せず静かに議論を聞いていたのですが、私がリサーチしていることは全く採用されないのではないかという不穏な匂いはかなり漂っていました。一体何のために私は働いているというのかと・・・。

ところで。昨日のミーティング中、その前日に修論の指導教官(結局、今まで“指導教官”と呼んでいた方と別の方が修論の指導教官になった)と話したことをふと思い出しました。それは、チャーター機。この話は、去年彼と話ししたことと同じ(参照:別の先生とお話)なのですが、要は、フェスシーズン中、果たしてどれだけのミュージシャンがチャーター機を使っているのか?ということ。

先生によれば、数年前にグラスゴーで開かれた小規模フェスで、某バンドがチャーター機を使って来英したらしい。その後、別のバンドのマネージャーとの話の中で、どうやら比較的安く飛行機がチャーターできるらしいと聞いたそうです。本当かどうかは調べてみないと分かりませんが(でも、事実上無理だと思う)、実際、特にフェス・シーズンは、普通の移動では有り得ないツアーの組み方をしているバンドが沢山いる、と。RadioheadのBFFレポートには、小規模ツアーで使用したチャーター機からの炭素排出量はLAとロンドンを往復するのに匹敵するとありました。これを考慮すれば、フェスに出演するミュージシャンのエコ度は一気に下がります。プロモーターだって、ファンに「ロンドンから飛行機でスコットランドまで来ないでください」なんて言えたものではありません。

私の関わっているTフェスは、Julie's Bicycleに環境負荷のリサーチを依頼していましたが、そのレポートにある“交通移動”には、ミュージシャンの移動は含まれていないそうです(ただし、これを量るのは困難だとコンサルの方はおっしゃってました)。Tフェス参加者の多くは地元スコットランドから来場していると推測されるのですが、実は、0.数パーセントしかいない飛行機での来場者が、交通移動全体の10%の温暖化ガスを排出しています。これにミュージシャンの数値を足したらどうなるか・・・。アメリカから、ヨーロッパから、ありとあらゆるところからミュージシャンがスコットランドにやってきます。それは現時点では仕方がない。でも、時間の都合上チャーター機で来場せざるを得ないミュージシャンが果たしてどれくらいいるのか。もしかしたら、これは全く当てのない推測ですが、Tフェスと同じ日程で開催され、ほぼ同じメンツが揃うアイルランドのOフェスとの移動で、両者が協力して飛行機をチャーターしてたっておかしくありません(両フェスの大株主は同じ会社だし)。

ちなみに、JBのサイト(URL)が新しくなり(見づらい・・・)、5月にフェスの移動に関するレポート(昨年調べていたものでしょう)が発表される予定と書いてありましたが、これはオーディエンスの移動のみ。また、JBはツアーのインパクトについても現在調査中のようですが、The First Stepレポートを考慮すると、チャーター機や国際線の利用に関する項目は対象外になりそうな予感。

それにしても、JBのこの記事(URL)は一体何なのかと・・・。greenwashしてるのはどっちだと言いたくなります(私個人、JB自体には好意的なのですが)。NGOsも、ホームページとかの建前はさておき、会場で愚痴ってた「ここなんて全然エコなフェスじゃないわ!」を公に突きつけてくれれば良いのに・・・(それじゃあ話にならないのか・・・)。
スポンサーサイト
フェスと環境問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
FAC: 第1回ミーティング・まとめ | Home | FAC: 第1回ミーティング・続報
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。