イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/03/16 06:27
Green Guide発表
1週間の格闘の末、無事にPCが復活しました(お父さん、ありがとう!)。まだすべてのセッティングが終わったわけではないですが、ひとまず自宅でネットができてホッ。おかげで、今週こそ読もうと思っていたJBのCDパッケージのレポートには手をつけられなかったのですが、そうしている間に別のニュースがJBより到着です。

Music is more fun than cement! - Julie's Bicycle (13/3/2009)

英音楽業界の環境団体Julie's Bicycleが、ロンドン市長と連名で音楽業界エコ・ガイド「Green Guide」を発表しました。このレポート、12日から今日まで開催されているthe International Live Music Conferenceで発表されたそうです。発表の席には、JBのチェアマンであるJazz Summers氏、ロンドン市庁文化戦略マネージャーのJustine Simmons氏、RadioheadやSupergrassのマネージメントをしているCourtyard ManagementのJulie Calland氏が参加したとのこと。ようやくRadioheadとJBが繋がりましたね。

内容は斜め読みしかしてないですが、今まで発表されているレポート内容から、実践に役立てるためのヒントをまとめた感じのようです。1つ1つのアドバイス項目に対して、費用、時間、効果がどれくらいになるのか表示されており、見た目もポップで分かりやすくなっています。レポートはこちらからDLできます。

余談なのですが、Radioheadのケース・スタディのセクションで、UKツアーで使用された充電池がドイツ(ロンドン公演の直前)で充電されたということになってます。「あのバカ重い充電池(32トン)、ドイツに持ってったの!?」とびっくりしたのですが、よく考えたらロンドン以降のUK&ヨーロッパツアーには充電池がお伴していたのでした。ちなみにRadioheadは今日から南米ツアーとのことで、確認したらどうやらエコ・レポートも再開されるようです。正直、南米となるとレポートの信憑性は全く期待できなさそうですが、果たしてどうなりますか・・・。
スポンサーサイト
音楽と環境問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
今週の英音楽ニュース(21/3/2009) | Home | 「私のお金はどこ?」
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。