イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/06/11 06:17
日本は(たったの)8%
日本ではどのように報道されていますか?特にテレビ。イギリスからはウェブでしか知り得ませんが、イギリスの報道と比べると、公平性に優れていると悪い意味で言っておきます。海外ではどうゆう議論が行われているかは、このビデオの質疑応答を見れば一目瞭然です。

日本政府は、2020年までの温室効果ガス削減目標を、2005年比15%と発表しました。2005年比で考えると、EU各国やアメリカよりも野心的な数字となっていると政府は主張しているようです。しかし、世界が削減ベースの年としている1990年比だと僅か8の%削減になります。これは、京都議定書における日本の削減目標6%に僅か2%上乗せしただけに過ぎません。この6%と8%では少し内訳が違いますが、それを考慮しても、EUの20%、アメリカの2005年比83%からはほど遠い数値。中国ですら、EUと同じ1990年比20%削減目標を発表しています(こちらを参照)。そんな中、日本政府が自信満々に提出した数値が8%。これじゃあ世界の笑いもの。もちろん笑ってる人なんて誰もいませんが。ちなみに、ICPPの第4次報告書を考慮して、先進国は2020年までに1990年比25~40%の削減が必要との見方で一致しているとのこと。コペンハーゲンまであと半年しかないのに、日本はリーダーシップを取るどころか、各国NGOから送られる今日の化石賞を見事受賞、ブッシュ前大統領を文字って「ジョージ.W.麻生」と命名される始末です。

各環境団体は今回の発表に対して、「京都議定書以降ますます鮮明になった温暖化による危機的状況を全く考慮していない」等として、政府の決定を強く批判。海外でも、「野心に欠けた目標」と、政府の消極的な姿勢に批判が集まっているようです。例えば、いつものThe Guadianは、このニュースに関する記事で、「Target is 'weakest any country has pledged so far' and threatens agreement in Copenhagen, say critics.(批評家達は、日本のターゲットは、"現在のところ、どの国が掲げたものより貧弱"で、コペンハーゲンでの国際合意を脅かすものだとコメント)」なんてサブタイトルをつけています。「日本は今、環境問題という観点では、世界からこんな風に見られている」と、日本のメディアが報道してると良いですが・・・。

ちなみに、朝日新聞の麻生首相記者会見の要旨には「「日本は既に省エネが進んでいるから、これ以上の省エネはできない」という考え方に政府はくみしない。」とありますが、The Guardianの記事には"Japan argues its target is ambitious given that its economy is already relatively energy and carbon efficient. (日本政府は、日本経済が既にエネルギー効率と炭素効率で比較的優れている点を考慮すれば、このターゲットは野心的であると主張している。)"とあります。結局は、気候ネットワークが主張するように、日本は今後も大幅削減をするつもりはなさそうです。

詳しくは、気候ネットワークの以下のプレスリリースを参照ください。
日本の「8%削減」中期目標 このままでは国際社会から孤立する - 気候ネットワーク、プレスリリース(10/6/2009)

以下の記事も併せて参照下さい。
【NGOs】
「05年比15%削減」=「90年比8%削減」ではヒーローになれない! - WWF Japan、プレスリリース(10/6/2009)
「90 年比-8%」では先進国としての責任放棄 - FoE Japan、プレスリリース(10/6/2009)

【新聞】
温室効果ガス、2020年に2005年比15%削減目指す=首相 - asahi.com(10/6/2009)
温暖化対策中期目標 麻生首相記者会見の要旨 - asahi.com (10/6/2009)
Japan's 15% target to cut emissions condemned as 'disaster' - The Guardian
スポンサーサイト
気候変動 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
執筆スタートへ | Home | 行ってみたいエコなフェス
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。