イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/06/12 08:07
執筆スタートへ
今夜、フラットの近くにあるいつものカフェで指導教官とガッツリ3時間面談してまいりました(先生いつも長くてすいません・・・)。実は先月から既に修論を書き始めているのですが、それは修論の骨組みを決めるための手段でもあって、まだ本格的執筆という段階ではありませんでした。しかし、先週今週と必死で下準備した甲斐あって、この3時間でようやく修論の構成が固まりました。ついに、「後はひたすら書くのみ」という段階まで来ました。

結局、フェスティバルをケーススタディとして取り上げるのをやめ、代わりに、環境団体Julie's Bicycleとライブ音楽産業の現場の声との比較を行うことにしました。正式に取ったインタビュー5本と、その他関係者とのインフォーマルな会話やコンフェレンスで得た情報などを主な資料として使います。内容は、おそらく私がこのブログで書いてきたことと非常に似たものになると思います。言い換えれば、自分の1番の興味であり、また得意分野について書くことになります。ということで、今から執筆がとても楽しみ・・・って、これから寝て次起きたらもう書き始めるのですが。

修論に集中し始めて以来、思うことがたくさんあるのですが、多分、面白い修論が書けると思います。音楽業界の中にいる人達がどう思うかは分からないけど、彼らが読んでも面白い内容になるという漠然とした自信みたいなものがあります。それもこれも、指導教官を始め協力してくださっている方々のおかげです。

明日からロング・スパートに入ります。順調に筆が進みますように。

あ、話は突然飛びますが、フランスのスリーストライク法案が、最後の最後で「基本的人権の侵害」と判断されて無効になったようです。次の更新はこのニュースの予定。待ちきれない方は以下の記事を参照下さい。
フランス憲法院、スリーストライクは基本的人権を侵害するので無効と判断 - P2Pとかその辺のお話 (11/6/2009)

スポンサーサイト
大学院/授業 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
フランスでもスリーストライクはNO. | Home | 日本は(たったの)8%
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。