イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/06/14 04:42
フランスでもスリーストライクはNO.
フランス憲法院、スリーストライクは基本的人権を侵害するので無効と判断 - P2Pとかその辺のお話 (11/6/2009)

フランス憲法院は、フランスの最高法律機関だそうです。このフランス憲法院が、過日フランス議会を通過したスリーストライク法を無効と判断しました。憲法院は、インターネットへの接続は基本的人権の1つであり、法の裁きを受けた者を除き、この権利の剥奪は違憲行為と見なしたようです。そのため、違法行為を行った人に警告状を送るという、現在も行われている違法DL対策が継続されることになるようです。

欧州議会は、スリーストライク・ポリシーを著作権侵害行為対策から既に外しています(拙ブログのこちらを参照)。今回、スリーストライクに最も積極的だったフランスでこのような決定が下ったことで、スリーストライク法導入に前向きな姿勢を示していた国への影響はますます大きくなりそうです。

・・・今までもちょろちょろ取り上げているので、これくらいしか書くことがないのですが・・・。
フランスがスリーストライクに代わる対策としてどのようなものを持ってくるのか、またスリーストライクに積極的な国がどうゆう反応を示すのかについては、今後も追いかけようと思います。

++++++++++++++++++++
090612.jpg
おまけ。The Guardianの付録雑誌、guardian magazineの表紙はBlurでした。

オンラインの記事(URL)を読んで、興奮のまま思わず買ってしまった本日のThe Guardian。この雑誌が買えるのもイギリスに居る人だけの特権。ちょっと嬉しい。でも、デーデーデーモンさんの、お世辞にもおしゃれとは言えないTシャツに、思わず「99p(≒150円)ってどれだけ安売りなんだよ・・・」と溜息。グレアム+アレックス(知り合いの予言通り、やっぱり少し体絞ったような気がする)贔屓なので気にはしません・・・ということにしておきます。
今日からウォームアップ・ツアーがスタート。今ライブ中のようですが、セトリが既にフルで上がっていて、驚愕の出血大サービスっぷりに既に鼻血状態。・・・もうグラストまではBlurしか聞けないや、これじゃあ・・・(興奮)。

スポンサーサイト
P2P, Piracy, Digital トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
グラスゴーの夏 | Home | 執筆スタートへ
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。