イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/06/22 07:49
フェスと政治
Ed Miliband takes climate change message to Isle of Wight festival - The Guardian (12/6/2009)
World Environmental Day - Isle of Wight Official Website
Road to Copenhagen: December 2009 - Depertment of Energy and Climate Change

イギリスの本格的フェスティバルシーズンの幕開け的フェスであるIsle of Wightが6月12~14日に開かれ、エネルギー・気候変動相Ed Milibandによるメッセージビデオがメインステージにて繰り返し上映されたようです。これは、IoWはエネルギー・気候変動省とタッグを組み実現したもの。温暖化関連での最重要会議である今年12月のコペンハーゲン・サミットに向けた観客の意識向上が狙いがあったようです。実際、ビデオの中でMiliband氏は、今月26日にローンチ予定のActOnCopenhagen.decc.gov.ukをコペンハーゲンに向けた情報源であるとして、観客にアクセスするよう語っていた模様。IoWは、ウェブサイトにて「我々のフェスティバルはファン層が広く、エネルギー・気候変動省にとって、キャンペーンのユニークなプロモーション機会になるだろう」としています。

フェスティバルは、音楽業界でも特に温暖化絡みのあれこれが多いエリアであることは皆さんもご存じの通り。フジロックも、いつぞやにオーランド・ブルーム(ハリウッド俳優に興味のない私は、当時彼が誰かすら全く知らなかった・・・)が来てGlobal Cool Dayアピールをしていました。しかし、IoWの今回のキャンペーンは、そういったセレブを利用したものとは性質が全く違うため、主催者側としてはかなり冒険だったのではないかと思います。特に、グラストなら分かるにしろ、その他のフェスで元々政治色の強くないフェスが政治と手を組むのはビジネスとして極めて危険。あまりに執拗な宣伝を繰り返し、ファンの信用を失えば、翌年以降のチケット・セールスにだって影響しかねない。IoWは元々1968年~70年に開催されていて、2002年に突如復活。起源を考えれば元々メッセージ性が強いフェスだったのかもしれないけど、個人的な印象では、現在のIoW自体は普通の大型フェスと考えて良いように思う。今年の春頃、まだ去年バージョンだったウェブサイトにエコ対策の進行具合がちょろっと書いてあって、その限りでは主催者の熱意が読み取れたけど、実際ファンの間で「IoW=エコに積極的」というイメージがあるようにも思えない。The Guardianの記事に残されたコメントを読んでいても、やっぱりちょっとこれは失敗だったのではないかなぁと思います。主催者としても、そしてエネルギー・気候変動省としても。

私も、来週の今頃はグラストです。去年はいわゆる「ブティック・フェスティバル」と言われる小規模フェスの1つ、Connectに行きましたが、今年はグラスト、T in the Park、Reading(このフェスだけキャンプしない)とイギリス最大級フェスが縦並びです。今まで文字からしか判断できなかったあれこれを、ようやくこの目で目撃できるとあって、とても楽しみです。でも、やっぱちょっと怖いなぁ・・・雨もそうだけど、衛生面がなぁ・・・。

++++++++++++++++++++++++++++++

温暖化繋がりということでもう1つだけ。いつもお世話になっている「京都議定書の次のステップは何だろう」さんがとても興味深い記事を投稿されています。リンク貼くので、興味のある方は是非。

NHK番組「15%削減、暮らしを変えられますか?」 - 京都議定書の次のステップは何だろう (21/6/2009)
スポンサーサイト
フェスと環境問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
Glastonburyへの道 | Home | 水のような音楽モデル、続く。
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。