イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/07/24 05:27
ポピュラー音楽業界と女性
Behind the music: Where are the female A&Rs? - the Guardian (23/7/2009)

音楽業界は男性社会だとはよく言われますが、日本よりイギリスの方がその傾向は強いように思います。特にレーベル関係は。

このガーディアンの記事は、音楽業界で女性がどう扱われ、どんな役割を期待され、そして結局は男性優位な業界となってしまっている現状についてとてもよく書かれている記事だと思います。時間があれば訳したいのですが、時間もないので、ひとまずリンクだけ貼ることにしました。

「ボーカリストとして活躍する女性は多いが、新人発掘やプロモーションを担当するのはいつも男性」という冒頭のサブタイトルがもうドンピシャ。これはポピュラー音楽学でもよく言われていることです。そして、何故ボーカリストとしてなら女性は活躍できるのか?という点も、男性優位な面が大きく影響していると言われています。そのことについても、この記事を読むと少し分かるかも。

ということなので、興味がある方は是非。
スポンサーサイト
英音楽事情 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
Karoo、3ストライク・ポリシー導入 | Home | (追記有) 振り返らず 錆びた風は 続くだろう
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。