イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/09/02 22:19
Glasvegas at We Love To Boogie (1/9/2009)
090903.jpg
St. George St., Glasgow, 1 Sep 09

昨日NMEのウェブサイトを見ていたら、「グラスベガスが今夜グラスゴーでシークレットギグをやる&場所は当日夜発表」だというので、「家の近くだったら行こっかな~」と思ったら、本当に家の近くだった(徒歩10分)ので、とりあえず出動。

場所は、いかにもグラスゴー的な名前のWe Love To Boogieという新しい&ロケンローなお洋服屋さん(a.k.a.私の通ってるヨガスタジオの隣)。場所が発表になって多分30分も経たないうちに会場に到着したはずなのですが、既に20人くらい並んでる。仕事帰りっぽい人も既に並んでいる(皆さん5時退社ですし)。まぁ、その彼らが後から友達呼んだりするから、結局30番目とかになってましたが。

このお店がどれだけ小さいかは私もよく知ってますが、警備員も「多分この辺の人は入れないよ」とか何も言わないので(この辺、イギリス人って本当に適当・・・)、どうなるかと思ったら、案の定、入れませんでした。いや、私の位置だったら確実に入れたと思うんですよ。NMEだとキャパ50人になってるし。現地でも非難囂々だったのですが、結局、ゲストリストで入ってる関係者が多すぎる、と。多分、一般客は20人くらいしか入ってない。お客さんの1人がスタッフに「後ろの方の人なんて、入れるかどうかも何も知らないのに、待たされてるんだぞ」とクレームを入れた時、スタッフから「ゲストリストがちょっと多いのよ。ごめんなさいね」と言われ、周りはもう「Fxxkin' guestlist!」の嵐です。別にこんなギグまでゲストリストなんて作らなくても良いじゃん・・・グラスベガスTシャツ着て来たファンの子達に謝れ・・・と内心思いましたが、それがイギリスの音楽文化なので仕方がないです。

090903-2.jpg
が、悔しいし(←別に熱心なファンじゃないけど)、ドアも開いてるし、ガラス張りのお店だったので、外で最後まで見てきました。最初の3曲くらいは、終わる度に「お店の中=拍手」「お店の外=ブーイング or "James, turn it up!(音量上げろ!)"」でしたが、最終的には外のお客さんも合唱。こうゆう時、スコティッシュは本当に明るくて、外のお客さんは外なりに、音楽聞きつつお話しつつ、それなり楽しんでたみたいでした。

やっぱり悔しかったので、帰りは近くのおいしいチップス屋さんでチップスを買って帰りましたとさ。
で、このシークレットギグ、何の目的だったんだろうか・・・?

ちなみに、NMEの記事はこちらから。
スポンサーサイト
ライブ トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
MP3はお好き? | Home | 日本の音楽マーケットに参入するには?
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。