イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/09/17 19:54
Radiohead エコ・ツアー最終章
レディオヘッドのReading FestivalでIn Rainbowsツアーも終了。最後のエコ・レポートがオフィシャルサイトにも更新されています。夏のツアーは8月21日オーストリアから始まって、Readingまで全5公演。各会場の詳細レポはオフィシャルサイトのこちらで確認できます。

レポートを読んでいただければ分かると思うのですが、フェスも含め、立地が街の中心部。ここは一連のツアーの最重要ポイントでしょう。
電気関係は、会場によってまちまちですが、この分野はコストがかかるので、手をつけるのが大変なエリアだと思います。
リサイクルという面では、「(会場にリサイクル用ゴミ箱を設置しても、結局分別できないので)ライブ後にスタッフが分別」というところが多かったのではないかと思います。Readingも、メインアリーナは2分別でしたが、後でボランティアがゴミ箱の中からペットボトルだけせこせこ集めてました。フジみたいに、専用ブースで分けるんじゃなくて、普通にメインアリーナに設置されたゴミ箱から漁るみたいな感じで。最終的には分別になるんだろうけど、あれは良いんだか悪いんだかちょっと微妙な気分・・・。

・・・と、個人的な印象はこんな感じ。

ご存じの通り、このブログではしつこくレディオヘッドのエコ・ツアーについて追いかけてきたのですが、エコ・ツアーに関しての記事はこれが最後になると思われます。残念なのは、レディへの後に続いておおっぴらにエコ・ツアーをやるバンドが現れないこと(部分的導入はあるでしょうが)。世間的にもすっかり忘れられてしまった、一過性のムーブメントになってしまった印象がどうしても残ります。他のバンドが続くことを切に願います。
スポンサーサイト
Radiohead tour plan トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
サイトよりお知らせ | Home | ミュージシャン、次々声を上げる (追記有り)
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。