イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/09/27 21:17
グラスゴーの音楽系リンク集
090927-2.jpg 090927.jpg
左:図書館前から見るMain building。夏はこんなに青々してたのに、今はもう真っ黄色。
右:4階。Melody Makerの棚(の一部)。図書館にある音楽雑誌は、多い順にNME→Melody Maker→Wire→Sounds。

グラスゴー最終日。片付けもほとんど終わって、お友達とお別れのお茶をして、最後に来たのはやっぱり図書館。ここがグラスゴーで1番好きだし1番落ち着く。ここにいられるのも今日まで。ということで、ただいま図書館より更新中。

グラスゴーの音楽シーンに関するウェブのリンクを貼っておきます。数が多すぎるので、自分がよく行ったところやおススメのところだけ。グラスゴーでライブを見たい人、音楽めぐりをしたい人、参考までにどうぞ。



【音楽情報】
The Skinny - スコットランドのカルチャー系フリーマガジン。ウェブでも同じ記事が読める。グラスゴーの(特にアート系)若者が好きな音楽を知りたいなら、やっぱりスキニーが1番良い。私も毎月読んでいた。
jockrock - グラスゴーのインディ・バンドの情報満載。とても有名なサイトだけど、読みにくいので私は全然使ってない・・・。
Is This Music? - 元々スコットランドのバンドを中心とした音楽雑誌だったけど、今はウェブのみ。

【ライブ情報】
Gigs in Scotland - スコットランドの主なライブの情報はこちらから。
The List - 総合情報誌だけど、ここでもライブ情報がチェックできる。

【ライブハウス】
King Tut's Wah Wah Hut - インディ好きならまずここをチェック。今売れてるインディ系バンドはみんなここに来る。
Oran Mor - フォーキーなインディバンドが多かった。
Stereo - 大人向けのおしゃれ系バンドが多かった。ベジカフェ併設のせいか、「自分らもベジ、みたいなバンドが好んで演奏する」って先生が言ってたけど、分かる気がする。
Captain's Rest - 新人バンドのブッキングが良い(来月のThe XXみたかったなぁ)。個人的に家から歩いてすぐなのに、1度しか行かなかったのが悔やまれる。
The Arches - 1番有名なクラブ。人気DJが世界中から来る。
Nice 'N' Sleazy - 1階はロケンローなバーで、地下がヴェニュー。ライブハウスとしては正直微妙。ただ、夜中を過ぎても空いてるバーがここくらいしかないので、近くのハコでライブを終えたバンドがここで飲んでることがよくある。
O2 ABC - 中規模バンドはここでプレイ。最近O2に買収されて、ロゴがダサくなった(涙)。
O2 Academy Glasgow - グラスゴーでホールと言えばここしかない。
SECC - グラスゴーで1番大きい屋内コンサート会場。ColdplayとかSnow Patrolレベルのバンドを見るならここ。
Mono - パステルズのメンバーが運営していることで有名なカフェ+レコード屋+ヴェニュー。


個人的には、やっぱりKing Tutsが1番思い出深い。1番多く行ったからというのもあるし、インターン関係での思いでもあるし、日本にいる時から知ってる唯一のハコだからってのもある。Tutsはグラスゴーらしいライブ経験が出来ることが多いし、そうゆう意味でもオススメです。

そろそろ図書館を出る時間です。また11月と12月に少しだけ戻ってくるので、完全なお別れではないですが、こののんびりした生活が終わりと思うと、やっぱりちょっとしょんぼり。映画「プルートで朝食を」の「あなたのママは大都会(=ロンドン)に飲み込まれてしまったのよ!」の台詞が頭をぐるぐる回ります。

ひとまず、容量オーバーなのを無理やり突っ込んだスーツケース+こちらも容量オーバーのバックパック+普段用リュック+斜め掛けポーチを1人で次の入居先まで無事運搬することが最初の目標。全部で多分50kgくらいあるんじゃないだろうか・・・大丈夫かな、これ。
スポンサーサイト
グラスゴー音楽事情 トラックバック(0) | コメント(2) | Page top↑
日本のアンダーグラウンド・シーン - "Turning Japanese" | Home | The Air Statement
-
コメント
グラスゴーでの生活、お疲れ様でした。
秋が深くなっているグラスゴー、
別れの季節にはぴったりで、哀愁を感じることでしょうね。
ロンドンへの50kgの引越しが、無事に終わっていることを願っています。
お気をつけて~
【2009/09/28 17:47】 URL | naomi #-[ 編集]
無事引っ越し終わりましたー。
運搬は大丈夫だったんですけど、50kgどこじゃなかったかも。
元々所持品は少なかったんですけど、それでも置いてきたものも多くて、こっちで買い足したりするのでお金が飛んでいきました~きゃー!
【2009/10/01 04:34】 URL | @yano #-[ 編集]
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。