イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2009/10/16 01:13
ブログ・アクション・デイ

今日10月15日はブログ・アクション・デイです。世界中のブロガーが手を取り合って、1つの問題について記事を投稿しようという日。今年のテーマは「気候変動問題」とのことで、是非私も参加してみようと思います。オフィシャルサイトはこちら

で、私はどんなニュースを載せれば・・・と思ったのですが、素敵ブロガーcupnoodleさんの「かっぷぬーどるの洋楽ブログ」経由で、気候変動関係のExhibitionがあるとの情報をキャッチしたので、紹介してみます。

underwater.gif

Tank GirlやGorillazで知られるアーティスト・Jamie HewlettがOxfamと共にバングラデシュを訪問。そこで得たインスピレーションを元に描いた作品が、「Under Water Colours Exhibition」の一環として、流行発信地・イーストロンドンはBrick Laneのギャラリーに展示されます。ちなみに、バングラデシュは、元々、地理的な問題から洪水の被害を受けやすいことで有名ですが、今は温暖化の影響を最も早く被っている国としても知られています。

こうゆうコラボはバッシングの対象になりがち(「飛行機飛んでバングラ行ったんだろ?」的な)だし、イギリスでは、気候変動問題とバングラの話になると、しょっちゅうバングラ側にバッシングが飛ぶ(まぁ、元英植民地だった影響もあるんだろうけど)んですけど、「んなバッシングしてる暇があるなら、まずは現実を見よ」と、個人的には思います・・・。

ちょうど今週末Brick Lane行こうと思っていたので(先週末も行ったけど/苦笑)、足を伸ばしてみようと思います。もしロンドン近郊在住の方がいれば、是非。これを機会に、気候変動問題に対する関心が高まればと思います。以下、Oxfamのウェブより引用。

Under Water Colours Exhibition featuring Jamie Hewlett

Saturday 17–31 October 2009
Open every day 10.00 am – 6.00 pm
Free admission

Dray Walk Gallery (next to the Big Chill Bar, off Brick Lane)
Truman Brewery
Dray Walk, London E1W 6QL

(source: Jamie Hewlett climate change exhibition - Oxfam, accessed on 15/10/09)

スポンサーサイト
社会問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
CD+ライブチケットのセットはいかが? | Home | ロンドンで体にやさしい生活
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。