イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2010/03/14 08:29
今週の英音楽ニュース(14/3/2010)
結局先週は全く更新できず、2週間空いてしまいました・・・。意外と時間がないので、会社の通勤/帰宅中にiPhoneで必死にニュースをチェックしております。Twitterでどうでもいい呟きと一緒にニュースも呟いてますが、そこで上げたニュースを超短信ニュースとしてまとめてみます。

Sony Music to drop promo CDs - CMU Daily (4/3/2010)
Sony Musicが5月1日から、全てのプロモーション用CDの製造/配布をストップするというニュース。プロモーション用に音源を配布するというのは、メディアの発達でライブ音楽から録音音楽を楽しむ風潮が生まれたことで生まれた文化(1900年代初頭)。しかし、デジタル化が進み、多くのレーベルがストリーミングなどオンライン上でプロモ音源の試聴が行われるようになったため、わざわざCDを作る必要が正直なくなったと言うところだと思います。上記の記事にもあるように、「プロモCDのための経費をレーベルはいつまで正当化できるか?」というのは誰もが思ってた事だったのではないかな、と。ただ、業界の中では「いや、CDで聞きたいんだ!」という人が居るのは事実でしょうが(そうゆう話はポロポロ聞きます)、いずれデジタルが主流になるのはほぼ間違いないと個人的には思っています。
デジタルvsフィジカルの環境負荷に関しては信頼できるデータはないけど、個人的には「プロモ盤制作は資源の無駄」という思いは強いので、Sonyが先陣切ってこのような行動にでたのは支持したいと思います。

Clause 17 voted down in Lords - Music Week (4/3/10)
Controversial digital economy bill amendment follows lobbyists' draft - The Guardian (11/3/2010)
Controversial new DEB amendment written by BPI - CMU Daily (12/3/2010)
詰めの作業が進められているイギリスのデジタル経済に関する法律、Digital Economy Bill。ここで問題になっている第17条というのは、国務大臣にパイラシー行為などの著作権侵害行為を防ぐための法改正などに関して一定の権力を与えるものでした。これについては当初から批判が出ていましたが、この条項に修正が入りました。そのAmendment 120A(修正条項120A)は、高等法院に著作権侵害が行われていると見なされたサイトを閉鎖する権限を与えるもの。この修正条項には主にISPsからの批判が殺到・・・といった状況でした。
が、The Guardianが、このAmendment 120Aが、何と英レコード協会BPIのロビイストが書いたドラフトを元にしていた事実をすっぱ抜き、ますます混乱した事態となっています。「ロビーグループの意見を汲んで修正条項が作られることもあるだろう」とBPI的は恥じらいもない様子だということですが、ここまでしかキャッチアップ出来てないので、この件に関しては、いつか改めて記事に出来ればと思います。

Napster Japan To Close - Billboard.biz (5/3/10)
ナップスタージャパン終了とデジタル音楽の行方 - yomoyomoの「情報共有の未来」(11/3/2010)
日本で唯一の定額制音楽ストリーミング・サービスNapster Japanが5月末までで全てのサービスを終了することになりました。私も日本に戻るときSpotifyを続けるかNapsterに乗り換えるか真剣に悩んでいたので、Napsterの終了は他人事ではありません。私は結局カタログ数やリリース直後に聞けるかどうかetcが引っ掛かってSpotifyを続けることにしたのですが、yomoyomoさんの記事を読む限りだと、洋楽に関してはカタログ数もそれなりに充実していたのかもしれません。ただ、やはり今の日本で定額制のストリーミング・サービスっていうのはちょっと早すぎたのかもしれません。それから、SpotifyやWe7がイギリスで定着したのも、元は「無料」という大きなセールス・ポイントがあったからっていうのもあるかもしれません。
ただ、Napsterの閉鎖に悲観的になってる暇はないと思います。ヨーロッパやアメリカはもとより、中国でも無料のストリーミング・サービスが浸透している中、日本は全く逆の方向に進んでおり、これで何かフォーマットのチェンジでも何でも何か起こったとき、日本は対応できないという最悪の事態を避けなければなりません。もう少し、日本でのストリーミング・サービス普及について議論が進めば・・・と思います。これも、近々このブログで何か問題提起できればいいなと思っています。

++++++++++++++++++++++++++

最後に、Music AllyでやっていたMusic4.5というカンファレンスのライブ・ブログの記事を1つ貼っておきます。まだこの記事しか読んでないのですが、他の記事も見出しだけ見ると面白そうなので、興味ある方は是非。

Music 4.5: Live Events and band/fan relationships - Music Ally (4/3/2010)
スポンサーサイト
今週の英音楽ニュース トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
日本の音楽ファンがSpotifyを使ってみた。 | Home | BBC 6Music 存続の危機
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。