イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2010/03/19 00:40
日本の音楽ファンがSpotifyを使ってみた。
最近、私の職場にSpotifyがやってきました。正確には、最近イギリスからはるばるやってきたスタッフがSpotifyのプレミアム・アカウントを持っていて、彼女発案で、誰も使っていないノートパソコンとスピーカーを繋いで、オフィスのBGMにSpotifyを使えるようになりました。ちなみに、なぜ彼女は日本でもSpotifyが使えるのかと言うと、プレミアム会員の人は、サービス・テリトリーを出てもSpotifyが使えるようになっているからです。Spotifyについては、以前拙ブログのこの記事で詳しく説明しています。

うちの職場は洋楽好きの固まりですが、Spotifyについては「名前くらいは知ってる」程度の認識。日本で似たようなサービスをしていたNapsterの事も、知ってはいるけど詳しくは分からないという感じ。自分が思っていたよりSpotifyの実態が知られていない事をまじまじと実感させられました。ということは、一般的な日本の音楽ファン内での認知度は皆無に等しいかもしれません。

さて、Spotifyが職場に導入され、さてさてとみんなが試しに使ってみる訳ですが、その様子を見るのは個人的にとても興味深いものでした。起動するとiTunesみたいな感じの画面が出てきて、キーワードを入力して検索、お目当てのアーティストや楽曲を選んで聞くわけですが、最初は、曲がかかると「おぉ~!」とちょっとビックリしたり、興味津々だったり。となると、興味を持った人から色々聞かれる訳で、イギリスでは無料で聞けるとか、私(=同じくプレミアム会員)はiPhoneにSpotifyのアプリを入れてるので、その話なんかすると、周りはもっとビックリする。SpotifyのインストールされたPCの隣にCDデッキがあって、CDもかけられるのですが、オフィス内にあるはずのCDの楽曲も、面倒くさいか何かでSpotifyでかけてる人がいることもあります。導入されてまだ1ヶ月も経ってないと思いますが、私が想像していたよりずっと早く、Spotifyが職場に定着した印象があります。業務上、CDをかけることが多いですが、それでもSpotifyの稼働率は良いかな、と。

これはあくまでもオフィスだけの話で、同僚達は、普段はCDで音楽を聞く熱心な音楽ファン。オフィス外でSpotifyが使えるとしても、果たして彼らが使うかどうかまではさすがに分かりません。ただ、今回の一連の動きを見て思ったのは、やはり、Spotifyの良さは使ってみないと分からないということです。最初は「こんなんあったらCDなんていらないじゃん!」と恐ろしい気持ちになるでしょうし、「CDどうなるんだろ?」という思いは私も消えることはありません。しかし、Napsterユーザーの人もきっと同じ事を思われていたと思いますが、普段PCと向き合うことの多い人やPC/iPodレベルの音質で音楽を聞くことに抵抗のない人であれば、リスナーとしてはSpotifyほど便利なものはないと思います。しかも、ただ便利なだけでなく、「聞いてみたい!」と思ったアーティストの楽曲にすぐアクセス出来るので、音楽の裾野も広げられる。Spotifyのようなサービスが既に浸透しつつあるイギリスやアメリカでは、まだまだ問題山積みと言え、この新しいビジネス・モデルを確立させようとするポジティブな流れがあります。もちろん、それらの国では日本よりはるかに早くデジタルに移行していたというバックグラウンドもあるわけですが、それ以上に、実際にストリーミング・サービスを体験して、その良さを体感したからというのも、1つの要因だと思います。

先日、Napster Japanが5月末でサービスを終了すると発表しましたが、英米のこういった流れの中、日本から購読型サービスが完全に消えてしまった事に私は強い危惧を感じています。ストリーミング・サービスを体験出来る機会が日本にないということは、その良さが全く実感できないと言うこと。良さが分からなければ、「これを何とかビジネスとして運営できるよう支えよう」なんて流れも起きない。前回も書いたのですが、少なくてもイギリスではものすごい勢いでデジタル音楽関連のサービスが普及しています。知ってる限りでは、アメリカでもデジタル化が進んでいる。「日本はフィジカルがメインという、日本独自の音楽文化を持てばいい」という人もいると思いますが、アメリカがデジタル化に一気に舵を取った場合、日本も何かしらの影響を受けるのは目に見えています。その時、日本は全く対応できないという最悪のシナリオは避けなければなりません。Spotifyの普及とNapster Japanの終了というのは、音楽業界のフォーマットを変える力のある欧米と受け身にならざるを得ない日本という対比をハッキリ映し出した例だと思い、取り上げたまでです。

まず、世界の音楽業界に影響力のある国々でどんなことが起きているのか、音楽ファンは知らされる権利があると思います。その上で、特殊な音楽シーンを持つ日本の音楽業界はどう進むべきなのか、本質的な議論が進められたら良いと思います。そんなことを考えつつ、ネット上でブロガーさん達が個々に上げている声を、何かこう、1つの声になるように出来ないかなぁ・・・と個人的に模索しているところです。
スポンサーサイト
P2P, Piracy, Digital トラックバック(0) | コメント(6) | Page top↑
Does Music Matters really matter? | Home | 今週の英音楽ニュース(14/3/2010)
-
コメント
鍵付きでコメントくださった方。
こちらにお返事させて頂きます。本当はご期待に応えたいところなのですが、Spotifyには招待できる人数に制限があって、申し訳ないですが、今はインビをお出しする余裕がありません。
イギリスでローンチした時は登録制だったんですね。先日、iPhoneのappをリリースした時に、申込者が急増して対応しきれなかったため、再び招待制になりました。このような背景なので、登録制に戻ることが、もしかしたらあるかもしれません。
また、We7は試されたことありますか?私は大昔に1度使ったきりですが、こっちはもしかしたらまだ登録制かもしれません。

http://www.we7.com/

お役に立てずごめんなさい。

【2010/04/24 00:45】 URL | @yano #-[ 編集]
こんにちは。
いえいえ、こちらこそ突然のお願いをしてすみませんでした。今、教えていただいたWe7を試していますが、とてもいい感じです。お金を払わないと一曲ごとに広告が入るのですが、それがラジオを聞いているような風情でむしろ気に入ってきました。しばらく試してみます。ありがとうございました。
【2010/04/24 07:05】 URL | MA #mQop/nM.[ 編集]
いつもブログを拝見させて頂いております。Spotifyの魅力と、Spotifyを日本で利用する方法をまとめましたのでご覧頂けると幸いです。「【まとめ】Spotifyを日本で使う方法(1/2)」http://goo.gl/7j4Ht
【2010/12/12 06:12】 URL | JUNN #MbV9NDUU[ 編集]
コメント頂きありがとうございます。
Junnさんが紹介されている方法で日本からプレミアム・アカウントが取得できることは存じておりますが、率直に申し上げて、私個人は、他の取得方法も含め、正規の方法以外でSpotifyのアカウントを取得されることを積極的にはオススメしませんし、それは拙ブログ上でも同様です(ちなみに、私のSpotifyアカウントは、イギリス留学時に通常のプロセスで取得したものです)。Junnさんから頂いたコメントは残させて頂きますが、その点ご理解頂ければ幸いです。


【2010/12/12 15:01】 URL | @yano #-[ 編集]
Spotifyについて検索していて辿り着きました。日本で使用されているという事ですが、ひとつ質問があるので、お答えいただけると嬉しいです!

現在ロンドン在住で、3月に日本へ帰る予定です。アカウントはもっていますが、プレミアム・アカウントは現在持っておりません。日本でSpotifyを使用するためには、こちらでプレミアム・アカウントを取得しておく必要があるのでしょうか?それとも日本でも購入できるのでしょうか?もしご存知でしたら教えて下さい!
【2011/02/03 10:16】 URL | Piggy #nLFQAz4w[ 編集]
コメントいただきありがとうございます。
結論ですが、プレミアム・アカウントへの移行は、イギリス国内にいるうちに済ませた方が良いと思います。恐らく、現在は無料アカウントをお使いかと思いますが、無料アカウントの場合、日本では最初の14日間しか使うことが出来ません。14日間過ぎると、少なくともストリーミングは出来ないはずなのですが、その場合はプレミアム・アカウントに移行できるかどうかは分かりません。なので、イギリスでプレミアム・アカウントに移行しておくのが最も確実です。
私は本帰国の直前にプレミアム・アカウントに移行しました。これで問題がなかったので、Piggyさんもロンドンで作業を済ませておけば大丈夫だと思います。
お役に立てれば幸いです。残り僅かなロンドン滞在、是非楽しまれてください!
【2011/02/05 16:42】 URL | @yano #-[ 編集]
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。