イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2010/04/11 09:02
(追記有)Digital Economy Bill、法律化へ その1
Digital Economy Act becomes law - CMU News-Blog (9/4/2010)
Creative industries, rights groups and lawyers react to digital economy bill - The Guardian blog(8/4/10)
一昔は"Digital Britain"、今は"Digital Economy Bill(DEB)"として知られる、イギリスのデジタル分野における経済関連法案が、この度下院を通過。上院でも問題なく通過する見込みで、法律化することがほぼ確定しました。
上記のThe Guaridanの記事を読む限り、業界団体はおおむねこの法案を歓迎、圧力団体やISPsは遺憾・・・といった反応。他のパイラシー問題と同じような構造が見て取れます。

DEBって何?という方は、拙ブログの以下も参照ください。
Digital Economy Bill発表 (24/11/2009)
今週の英音楽ニュース (14/3/2010)

拙ブログではリアルタイムでアップデートをお伝えできなかったのですが(すいません)、ここ数ヶ月間、条項が変更されたり元に戻ったり、来月の総選挙前の成立目指して議論がおろそかになったり・・・と、かなりのカオス状態でした。最終的には、最後はたったの2時間の議論の後に法案通過となり、さらに非難囂々で、まだしばらくはこの騒ぎは続きそうです。

Digital economy bill: A quick guide - The Guardian PDA (8/4/2010)
法案の内容に関しては、1項目ずつ簡潔に説明されている上記の記事が大変分かりやすいです。ご覧の通り、この法案は、メディアやゲームなど、デジタル関連分野全体をカバーするものなのですが、音楽に直接関連のあるところだけ取り上げると、主に以下の4点になるかと思います。

- 3ストライク・スキームとなるものが含まれている。
- 15条には、「(パイラシー対策として)正しい技術的対策を講じなかったISPには罰金」というラインが。その次の16条では、技術的対策の費用は著作権保持者ISPsで折半して捻出するとあります。
- 「高裁が著作権侵害を行うウェブサイトをブロックできる」とする、最も問題視されていた18条は、本当に直前に政府によって削除されました。しかし、似たような文面が10条に盛り込まれており、言葉を換えて18条が残っているという状態です。
※追記(18/4)Digital Economy Actの原文を読む限り、「国務大臣がブロックできる」とする旨の項目が、私が述べた10条でもThe Guardian他が報じている8条でもなく、17条として登場しているようです。
- Orphan works(著作権者不明作品)に関して言及した43条もドロップされ、Orphan workの扱いに関する未来も絶たれることに。


Q&A: The Digital Economy bill - BBC News (9/4/2010)
Digital Economy Act: what happens next? - Telegraph.co.uk (9/4/2010)
今後ですが、EUで正式な許可を受けるというのが第一関門でしょう。その後1年間、手紙の警告によるパイラシー対策を講じ、70%以上のパイラシー行為の減少が見られなければ、Ofcomによってインターネット回線一時切断を含めた技術的なパイラシー対策へと移行していくことになります。
補足ですが、上記のBBCの記事では、問題点の1つの例として、wi-fiを使ったパイラシー行為を取り上げています。もし、どこかのカフェのwi-fiで個人がパイラシー行為を行った場合、カフェのオーナーがその責任を負わねばならない可能性がある、と。このように、正しく責任追及できるかどうかというのも、この法案の大きな問題点の1つでもあります。

概要は、こんな感じになります。個人的には、3ストライク導入に一時消極的だったはずのイギリス政府が、どうしてこんなことになっちゃったかな・・・とガックリ。それから、総選挙前に間に合わせるために、大した議論もせず、出席者もほとんどいない中で法案が通過してしまったことには怒りを覚えます。この点に関しては、「その2」として分けて紹介しようと思います。

月曜以降、また続報があるかと思いますので、必要であれば補足していこうと思います。
スポンサーサイト
P2P, Piracy, Digital トラックバック(1) | コメント(0) | Page top↑
Digital Economy Bill、法律化へ その2 | Home | デジタル・ミュージック・サービスの多様化進む(イギリス)
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
GIGAZINEが変な記事書いてる。 ■ 一体オンラインで何曲売れば、アーティストは生活していくことができるのか?を表す図 - GIGAZINE 元々のデータも随分荒い感じがするけど、それに輪をかけてGIGAZINEが恣意的なデータの使い方をしている。 元の記事は、Information is Beau
【2010/04/23 07:42】 | P2Pとかその辺のお話@はてな
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。