イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2010/05/09 21:23
AGF、Industry Green Markの認証を受けたコンピレーション発売へ
このブログは、デジタル関連と並んで「環境問題と音楽」をもう1つのメインテーマとして取り上げているのですが、どうもこちらは動きが鈍い気がする今日この頃。Julie's Bicycleがこの春発表する予定となっていた「ツアーに係る環境負荷に関するレポート」も、リリースが6月予定と少し遅れている様子(フェス・シーズンに入る6月にリリースした方が注目されやすいっていう判断もあったのかも)。一方、イギリスの世間的には、先週木曜日に行われた総選挙で、緑の党党首でEU議会で議員を務めるCaroline Lucas氏が、ブライトンの選挙区から立候補し、初当選。緑の党初の議席獲得という歴史的ニュースがあり(こちらの記事参照)、BBCの選挙速報でも大きく取り上げられ、話題となっていました。それと比べると、今回取り上げるこのニュースは正直どうでも良い・・・というレベルなのですが、久々に音楽業界のエコ系ニュースということで、軽くさらっておきます。

A Greener Festival to release compilation - CMU Daily (5/5/2010)
EXCLUSIVE: 'Festival Harvest' Double CD of Emerging Talent Announced - A Greener Festival (3/5/2010)

より環境に優しいフェスティバル運営を支援するために設立されたイギリスのA Greener Festivalが、この度、期待の新人の楽曲を集めたコンピレーション「Festival Harvest」のリリースを発表しました。詳細は、今週ブライトンで開催されるサーキット型フェスティバルThe Great Escapeで発表されるとのことですが、リリース日は6月1日で、2枚組CDとダウンロードで購入可能とのこと。英音楽業界の環境団体Julie's Bicycleが定める「Industry Green Mark」の認証を受けた、環境負荷の少ないCDパッケージになる予定だそうです。

AGFがこのようなコンピを作ったのは、(1)自分たちの活動を広めるには、メディアが取り上げてくれそうな話題(=コンピのリリース)に便乗できるような形にするのが得策だと考えたから(2)新人だけを集めたコンピなら、参加ミュージシャンも集めやすいから -- の2点が大きかったではないかと推測します。ただ、AGFの狙い通りにものがうまく運ぶかは正直微妙だと思う。なぜなら:

(1)参加ミュージシャンは、City Showcase、 Glastonbury、 the Isle Of Wight Festival、 T In The Park、 Kendal CallingそしてSolfest出演者から選ばれたニューカマー28組。業界内ではどうか分かりませんが、世間的には無名の新人がほとんどで(私も、知ってるバンドは2つしかないし・・・)、購買意欲を誘うメンツかどうかといえば正直微妙だから。
(2)参加ミュージシャンも購入者も、このコンピが環境に配慮して作られたかどうかは正直あまり気にしていないと思うし、かといって彼らが気にしてくれるような作りにもなっていないから。環境に関するアピール・ポイントのプッシュが弱いと思う。

結果、“新人紹介/話題性”と“環境問題に対する意識向上”のバランスがうまくとれておらず、軸がぶれている印象になってしまっているような気がします。

それから、わざわざウェブで“Exclusive!”なんて仰々しく発表してしまったのも疑問に残ります。注目を1つに集めるなら、The Great Escapeの時にバーンと一気に発表した方が良かったはずですが、この時点でCMUが詳細含め掲載してしまっているので、少なくともCMUはもう取り上げないような気がするし、そうなってしまったらすごくもったいない。The Great Escapeにバッティングさせると他のライブ・レポ的なニュースに埋もれる可能性を回避する狙いがあったとも考えられますが、同時開催されるビジネス系カンファレンスがあって、この時期は業界系メディアも結構盛り上がる。AGFのニュースが取り上げられる機会はむしろ業界系メディアの方が多いので、わざわざ時期を外さなくても、そこに便乗することもできたのではないかと思いました。ただ、この辺のタイミングとか発表方法とかはすごく難しいでしょうから、あまり突っ込むのも良くない気はしています。

・・・と、様々疑問は残りますが、「Industry Green Mark」認証を受けたこのCDがどのようなパッケージになるのかは気になるので、来週また続報があればブログでお知らせしたいと思います。
スポンサーサイト
音楽と環境問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
音楽ビジネスへの関心の低さと日本の音楽メディアについて考える | Home | デジタル配信の未来と、その問題点
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。