イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2010/05/29 18:13
Spotify新サービスのまとめ
最近、オランダでのサービス開始も発表したSpotifyに、最近2つほど大きな動きがあったのでまとめて紹介します。Spotifyに関しては、こちらも参照のこと。

Spotify - the next generation - Spotify.com (27/4/10)
Spotifyにソーシャル・ネットワーキング・システムが加わってヴァージョン・アップしました。このニュースは4月にリリースされた割に、ユーザーのSpotifyプレイヤーがヴァージョン・アップされたのはちょっと後だったのですが。変更点が多いので、「つべこべ説明するより、このビデオを見よ!!」と言っちゃった方が早い気もしますが、その前に、目立った機能をまとめると:

<ソーシャル・ネットワーキング機能(ある程度の情報公開を含むので、使わないという選択肢もあり)
- Facebookの友達でSpotifyの同機能も利用している友達のプロフィールが、Spotifyのサイドバーに表示される。また、Spotifyを利用する友達のプロフィールも、同様に友達登録してサイドバーに表示させることができる。
- ウェブやブログ、Facebookなどで自分のプロフィールやプレイリストなど公開できる。
- 友達登録している人に、Spotify上のおすすめの曲を送る(≒教える)ことが出来る。送られた曲は、SpotifyプレイヤーのInboxにストックされ、そこからプレイすることが可能。
- 自分の友達がFacebookに投稿した音楽が自分のSpotifyプレイヤーの"What's New"ページ(=Spotifyプレイヤーのトップページ)に表示される。
- 公開されたプレイリストの人気ランキングをチェックできる。

<ライブラリー機能>

- Spotifyには入っていないが自分のPC上に入っている音楽を、自分のSpotifyプレイヤーにインポートできる(=たとえば、iTunesには入れてあるけどSpotifyに入ってない曲もSpotifyプレイヤーで聴くことができる)。
- 自分のPC上にある音楽でSpotify上にもある場合、そのアーティスト/アルバムのSpotify上のページに飛ぶことが出来る。
- お気に入りの曲を"starred"(≒ブックマーク)できる。
- オフライン機能が向上し、今後はPCのSpotifyのプレイリストをモバイルに同期させる際は、USBを使用しなくてもワイヤレスで同期可能になる(試したことないのですが、wi-fiのことでしょうか・・・?)。


ソーシャル・ネットワーキング機能に関しては、他のストリーミング系音楽サービスがやっているようなサービスはだいたいカバーできてるように思います。ライブラリー機能はかなり便利ですね。わざわざiTunesとSpotifyの両方を立ち上げなくても良いし、SpotifyとiTunesの曲の両方をミックスしたプレイリストも作ることが出来る。

イメージがパッと思いつかない方は、こちらのビデオもどうぞ(ちょっとコラムからはみ出しちゃってますが)。


Introducing Spotify Open and Unlimited - Spotify.com (18/5/2010)
Spotify launch new subscriptions, freemium is open but limited - CMU News-Blog (18/5/2010)
それからもう1つ。iPhoneのSpotifyアプリがリリースされた直後、需要があまりに多すぎて、登録制から招待制に再び戻っていたSpotify。「広告なし+聞き放題+携帯アプリ付」で月10ポンド(=1300円)のSpotify Premireはその後も登録を受け付けてはいましたが、「広告付き+聞き放題」という、Spotifyが正式ローンチされた際のサービス(="Spotify Free"と言うそうな)を受けるには、招待が必要でした。それも、招待は既存のメンバー1人に対して限られた数しか振り分けられていないので、Spotifyを始めたくても始められない人の不満が高まっていたようです(ちなみに、Premireメンバーの場合、確か30人程。Freeメンバーは振り分けあったんでしょうか?)。そこで、今回新たに2つのサービスをスタートさせ、招待を受けてない人も登録できるようになりました。気になるサービス内容は:

Spotify Unlimited:「広告なし+聞き放題」で1ヶ月5ポンド(=650円・・・ポンド安の影響がここに・・・)。ただし、携帯のSpotifyアプリを使用することは出来ない。
Spotify Open:広告有の無料版。ただし、月20時間までしか聞くことが出来ない。


これに、PCでのSpotify Premireとあわせ、現在、招待なしで利用できるサービスは3つになりました。
CMUは、「果たしてこのサービスがUSレーベルでも受け入れられるか?」と疑問を投げかけていますが、今週金曜より香港で開催されている音楽カンファレンス「Music Matters」でSpotifyのCEO、Daniel Ekが語ったところによれば、SpotifyはUSでのローンチに向けてまだ動いてるようです。この記事を読む限り、色々面白そうことも語っていたようなので、月曜以降、海外メディアで詳しく取り上げられるのを待とうかと思います。でも、香港で行われたアジアの音楽ビジネス・カンファレンスでの発言なので、UK/USのメディアがどこまで取り上げてくれるか微妙なところではありますが・・・。

スポンサーサイト
P2P, Piracy, Digital トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
Green’n’Clean Award2010 受賞フェス発表 | Home | ヨーロッパの携帯音楽市場
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。