イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2010/06/06 13:54
Green’n’Clean Award2010 受賞フェス発表
T and Oxegen recognised for green initiatives - Music Week (2/6/2010)

ヨーロッパの音楽フェスティバルのとりまとめ団体「Yourope」が今年のGreen’n’Clean Award受賞フェスを発表しました。まずは受賞フェス27を国別にあげてみます。括弧の中の数字は、受賞フェスの数です:

■スイス(5)
Gurtenfestival, Montreux Jazz Festival, OpenAir St.Gallen, Paléo Festival, Weekend Au Bord de L'Eau
■ドイツ(3)
Das Fest, Rheinkultur, Taubertal Festival
■フィンランド(3)
Ilosaarirock, Provinssirock, Ruisrock
■スペイン(2)
Festival Internacional de Benicassim, S.O.S 4.8
■スウェーデン(2)
Hultsfred Festival, Malmöfestivalen
■オランダ(2)
Pinkpop, Lowlands
■フランス(2)
Les Rencontres Trans Musicales de Rennes, Rip Curl Festival
■ノルウェー(2)
Oya Festivalen, Slottsfiel Festivalen
■ベルギー(2)
Pukkelpop, Rock Werchter
■アイルランド(1)
Oxegen
■デンマーク(1)
Roskilde Festival
■ポーランド(1)
Heineken Open'er Festival
■イギリス(1)
T in the Park


・・・となり、フェス大国イギリスからは、T in the Parkの一つだけ。TがGreenでCleanかどうかは、参加した自分の目から見ても正直微妙です。イギリス国内には、中・小規模のフェスならもっとエコで清潔なところがたくさんあるはずなのですが、毎年選ばれるのはTっていう不思議。ただ、これはTだけでなく、他の国の受賞フェスも同じ。去年の受賞フェス・リストがここに掲載されていますが、メンツがほぼ一緒なことは一発で分かると思います。同じ現象が起こっているA Greener Festivalの場合、自分でエントリーして受賞者が決まるので、自然とエントリーするフェスが固定化されてくる。Youropeのこの表彰制度についてはどうなのかは存じませんが、エントリーするフェスが固定化するようなシステムになっているのはほぼ確実だと思います。こういった表彰制度に参加しないフェスというのは、基本的には参加する必要がないから参加しない。理由としては、(1)既にクリーンなフェスという定評がある(2)受賞することが何のステータスにもならない(3)エントリーするだけお金と労力の無駄・・・と認識しているからではないかと個人的には踏んでいます。結果、内輪ノリになってしまい、「フェスのオーガナイザーが、環境整備により力を入れるモチベーションとしての表彰制度」という本来の目的が何も果たせていない。・・・とそんなことを考えつつ、私もだんだんと、こういった活動には距離を置き始めている次第です。

10 summer festivals pledge to reduce their emissions by 10% with JB and 10:10 - Julie's Bicycle (4/6/10)
ついでですが、“全活動から排出される炭素の10%を削減”を目標とするキャンペーン「10:10」への参加フェスが今年は増えた様子。昨年はBestivalとLoveboxが参加していました(拙ブログのこちらを参照)が、今年はIsle of Wight、Reading&Leedsをはじめとした10フェスが参加を表明しているようです。

それから、Oya Festivalのオーガナイザーが執筆した改訂版「The Environmental Handbook for festivals and outdoor events」も公開されてました。後で読もうと思います。

フェスシーズンが始まって、そろそろフェスと環境界隈も騒がしくなってくるでしょう。今月はJulie's Bicycleのツアーに係る温室効果ガス排出量に関するレポートが発表される予定になっているので、少し気合いいれていきたいと思います。
スポンサーサイト
フェスと環境問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
Digital Economy Act: Ofcomが規定案を発表 | Home | Spotify新サービスのまとめ
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。