イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2010/06/12 21:00
Digital Economy Act: Ofcomが規定案を発表
Online Infringement of Copyright and the Digital Economy Act 2010 - Draft Initial Obligations Code - Ofcom (last accessed on 12/6/2010)

Digital Economy Billとして知られ、先日、わずか数時間で議会を通過したイギリスのDigital Economy Act(注:“Bill”というのは法案で、“Act”になると法律になります)の運用に向け、英国情報通信庁<Ofcom>が規定案を発表しました。DEBおよびDEAに関しては拙ブログでも度々取り上げておりますので、以下参照ください:

Digital Economy Bill発表 (24/11/2009)
今週の英音楽ニュース (14/3/2010)
(追記有)Digital Economy Bill、法律化へ その1 (11/4/2010)

DEA(もといDEB)は、警告状を送付し、改善がない場合はインターネットへのアクセスを遮断するという“スリー・ストライク・ポリシー”を採用したものとしてインターネット・サービス・プロバイダー(ISPs)や圧力団体、識者を中心に批判を浴びていたもの。今回Ofcomによって発表された規定案は、ISPが侵害行為を行う個人を特定するためにその情報をどう利用すべきか、警告状の送付はどう行われるべきか、そして法的手段の公使などについてカバーしています。

同案は量も多く、内容も入り組んでいるので、同案で示されている運用方法から気になる点のみ、以下箇条書きします:

- コンテンツ・オーナーおよびコンテンツを扱う当該企業は、著作権侵害を証明する情報を収集せねばならない。
- コンテンツ・オーナーおよびコンテンツを扱う当該企業は、証拠が示されてから10営業日以内に、ISPに情報請求しなければならない。
- 警告状には、コンテンツ・オーナーの名前や、侵害行為を疑われた個人はこの申し立てにどのように対処すればよいのかが記載される。
- 3度の警告状はすべて1年以内に送付される。1年経つとその情報はすべて削除される。
- コンテンツ・オーナーおよびコンテンツを扱う当該企業よりISPに対して3度の申し立てが行われると、当該IPアドレスは著作権侵害リスト(Copyright Infringement List)に掲載される。
- ISPsが作成する著作権侵害リストに係る個人情報はすべて匿名で記載される。コンテンツ・オーナーは、告訴に必要な侵害者の特定情報を得るべく法的手段を執る際、このリストを請求することができる。
- 4半期に1度、運用に関するレポートを作成し、見直しを行っていく。
- 1年間の試用期間を経て、著作権侵害の減少が見られなかった場合は、文化大臣は、当該者のインターネット接続の切断を含むいわゆる技術的対策(=“technical measure”)の導入を要求できる。
- Ofcomによって新たに独立した上訴機関を設置し、聴取期間中の当該ネットユーザーの保護手段を導入する。


上記の内容は、主にガーディアン紙とCMU News-Blogの以下の記事を参考にしています:
Digital Economy Act: ISPs told to start collecting filesharers' data next year - The Guardian (28/5/2010)
OfCom publish draft three-strikes code (sort of) - CMU News-Blog (1/6/2010)

このように、DEBやDEAを追いかけて来た人にとっては、目新しいことはないかと思います。

同案に対して猛烈に反発しているISPsの指摘は以下の通り:

- データ保護に関する考慮が欠けている。
- 著作権侵害を行っていない人に誤って警告文を送ってしまった場合の個人の保護に関する記載が殆どない。
- 40万人以上の顧客を抱えるISPsのみにしか本法律が適用されない。つまり、マーケットの96%を占めるBT, TalkTalk, Virgin Media, Sky, Orange, O2,the Post Officeの7ISPsのみに適用される(ただし、4半期に1度見直しが行われるので、これより小規模のISPsにも適用範囲が広がる可能性がある)。


上記に関しては、テレグラフ紙とガーディアン紙の以下の記事を参考にしています:
Digital Economy Act: ISPs criticise Ofcom code for ‘distorting the broadband market’- Telegraph.co.uk (1/6/2010)
Why the Digital Economy Act simply won't work - The Guardian (1/6/2010)

その他、大きなトピックであるコスト問題や、“デジタル関連分野(全体の)経済発展”という本来示されるべきゴールから大きく逸れ、音楽や映画といったいわゆるカルチャー産業に偏向している点も、相変わらず大きな進展が見られません。特に後者は、このままだと殆ど改善が見られずに突き進む可能性大ですね。これではあまりに本末転倒だと思います。

最後に、圧力団体Open Rights Groupによる関連記事を貼っておきます。箇条書きでサッとまとめてあるので、興味のある方は是非。

Digital Economy Act/Ofcom - Pirate Party UK Wiki(last accessed on 12/6/2010)
スポンサーサイト
P2P, Piracy, Digital トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
EMI、フォーカスを権利運用へ | Home | Green’n’Clean Award2010 受賞フェス発表
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。