イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2010/06/27 21:36
EMI、フォーカスを権利運用へ
EMI go into reverse - The Guardian (22/6/2010)
I kissed a copyright lawyer - The Economist(18/6/2010)
EMI Rejig Gives Faxon Control Of Rights-Hungry Label - PaidContent.org(18/6/2010)

「音楽業界は著作権業界だ」なんて話は、今に始まった話ではないかと思いますが、このニュースはすごく象徴的だったので、簡単にですが紹介します。

2007年からEMI Music Publishingでチェアマン兼エグゼクティヴのRoger Faxon氏が、この度EMI Recorded Music部門も陣頭指揮を執ることになったとのこと。これにより、同部門のチェアマンをしていたCharles Allen氏はアドバイザーという立場でEMIに関わっていくことになるそうです。この2分野の関係性を考えれば、同じ人が両部門を率いていくというのは理にかなったことだと思います。この中で、この発言が注目を浴びました。以下、PaidContent.orgより引用:

EMI’s announcement says the rejig is “to enable the company to reposition itself as a comprehensive rights management company that can take full advantage of all global opportunities in all markets for music”
(EMIの発表によれば、この改編は“総合的な権利運用企業として新たに位置づけるものである。これは、音楽のためのどのマーケットにおける世界中の機会を利用することを可能にするものである。”)


この解釈は各メディアで微妙に異なっているようですが、基本はThe Economistが述べているように、「新たにレコードを売るよりも、EMIのバックカタログに係る膨大な権利を最大限に運用する」という解釈になるのだと思います。EMIは、先日も親会社のTerra Firmaからギリギリのところで新たな融資を受けたばかりで、財政的に非常に厳しい状況にありますが、The Economistによると、パブリッシング部門は、Faxon氏の元で革新的な運営を続けており、大型タイアップなどで成功を続けているとのこと。ビジネスとして考えれば、成功している分野を伸ばすというのは十分理解できます。ただ、長い目で見ると、バックカタログに頼ってはビジネスは継続しないでしょう。まぁ、その頃には別のビジネス・モデルにシフトしているのかもしれませんが。

一方、The Guardianは「新人育成より、バックカタログの運用にフォーカスをシフトさせる」という言い方をしています。新人育成の面がどう変化していくのは現時点では不透明ですが、バックカタログから収益を得る方向にシフトしていくならば、必然的に新人育成に手をかける時間とお金は減っていくだろうと思います。そうなれば、音楽シーンに与える影響は小さくはないでしょう。EMIは、現在も良質なアーティストを発掘してきているので、やはり最初は少しショック。今は楽観的に考えてますが。

以上、短信まで。
スポンサーサイト
著作権問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
次回予告(小休憩いただきます) | Home | Digital Economy Act: Ofcomが規定案を発表
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。