イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2010/09/11 00:01
音楽業界側が常に悪いわけではない
inrainbows.jpg

先日、仕事中に、聞いたことのない曲順でRadioheadの曲がかかるので、何かと思ったらRadioheadの『The Best Of』という、2008年リリースのベスト盤だった。EMIが、Radioheadリイシューやらベスト盤やら貴重映像のDVDやら云々怒濤の勢いでリリースした作品群の1つだ。EMIは『In Rainbows』の前作『Hail To The Thief』までのRadioheadの原盤権を持っている(はず)なので、EMIのカタログにある曲であれば、バンドの許可なしに作品をリリース出来る。当時バンドは、バックカタログを利用したこれらリリースに関しては様々苦言を呈しており、私個人も「EMIは、Radioheadのカタログを使って稼げるだけ稼ごうっていう魂胆が見え見えで嫌だなぁ」と正直思っていた。

で、そんなことを考えている時、ふと思いついたのが、Radioheadが、今年日本限定でリリースした『In Rainbows』の2枚組。2007年に同アルバムを自主リリースした際、ボックスセットにのみ入っていたDisc2を、フィジカルで通常リリースされたDisc1にくっつけたもので、日本では、通常盤、DVD付盤とあわせて、同作品で『In Rainbows』が計3種類リリースされたことになる。ファンから見たら、正直レコード会社の金儲けにしか見えない出し方だし、2種類ならまだしも、3種類目となると、熱心なファンも「またか・・・」と思ったはず(一ファンとして、正直自分もそう思った)。レーベルへの非難も当然あったと思う。が、今となっては原盤権は死んでも手放さないはずのRadiohead、コントロールがきかないEMIの場合とは違い、コントロールのきく同作品に関しては、リリース自体はもちろん、デザイン違いのジャケ写とかその他諸々、彼らの許可があってリリースされた作品ということになる。つまり、ファンにとっては金儲けにしか見えないこのリリースも、バンドにとっては“アリ”だったということなのだ。もちろん、どうしてバンドにとってそれが“アリ”だったのか。例えばビジネスとして良い機会と思ったからなのかとか、Disc2を世に出すのが良いと感じたからなのかとか、理由までは誰にも分からない訳ですが・・・(まぁ、普通に考えたらお金だと思うけど)。

さらに言えば、レコードだけじゃないのだ。どこのイベントに出るとか、プロモーションで何やるとか、ありとあらゆる場面で、バンドの取り巻き(マネージメント、レーベル、プロモーターなど)に対して不満が噴出することが多々あると思う。しかし、ミュージシャン自身や作品が直接関わるビジネス活動に関して、ミュージシャンの許可なしに事が進むっていうことはそう多くはないのではないかと思う。もちろん、どこまでバンドが理解してOKを出したかどうかというのは、正直分からない部分もあるけど、プロセスとしては、バンドの許可があって物事が進んでいく。

ファンから見たら「なぜ?」と思うようなことも、そのミュージシャンの同意の元行われているという視点は、音楽ファンの中で明らかに欠けている。何かあると何かとビジネスを受け持つ側に不満の矛先が向きがちだけど、ミュージシャンもそのビジネスの中にいるというのは忘れてはならないと思う。
スポンサーサイト
小話 トラックバック(0) | コメント(1) | Page top↑
Next Big Sound | Home | 留学後の英語力
-
コメント
メールアドレスも頂いていたのですが、こちらにお返事させて頂きます。
コメント頂きありがとうございました。とても励みになりました。
私も偶像崇拝的な面はかなりあると思います。自分自身も、正直イギリスに行くまでは完全に偶像崇拝しがちなタイプだったので、どうしてそうなってしまったか・・・みたいなところは凄く理解出来ます。ただ、ポピュラー音楽業界がビジネスとして確立して長いというのに、この状況・・・というのは、イギリスから帰ってきて改めて強く感じます。というか、今回ブログに書いた件だって、別に書いたって何も悪いことじゃないのに、何故、今までこういった話がちゃんと議論されてこなかったのかが不思議で仕方ありません。私のブログではあまりにヒット数も少なすぎるので、影響力も何もないですが、これから、少しずつオープンな議論が行われていくことを願います。



【2010/09/18 22:23】 URL | @yano #-[ 編集]
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。