イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2010/12/12 16:02
UK無料ストリーミングサービス体験~We7編~
We7-logo.gif

予告通り、イギリス旅行の際、イギリスの無料音楽ストリーミングサービス、We7とSpotifyを試してきました。本日はWe7を紹介します。最近気付いたのですが、We7の一部サービスは日本でも受けることが出来ます。詳しくは後述させていただきますが、UKの音楽ストリーミング・サービスがどのようなものか試してみたいという日本在住の方には、We7を是非ともオススメさせて頂きたいと思います。

We7(ウィー・セヴン)wiki
URL: http://www.we7.com/
設立:2007年、MP3のフル試聴+無料DLサイトとしてスタート。無料DLしたMP3ファイルには曲の冒頭に短い広告が入っているものの、DRMフリーで、パソコンに保存してiTunesで聞くことも出来るという画期的なサービスとして注目された(詳細はWe7の当時のPRを参照)。広告なしのものが欲しい場合は、通常価格でMP3を購入することも可能。2008年秋よりストリーミング・サービスを開始。ローンチ当時のカタログ規模は300万曲と発表されていたが、現在は400万曲を超える楽曲をストリーミングしている模様。プレイリストをアレンジしたり、類似アーティストを選び出してプレイするラジオ機能等がある。購読型の有料サービスも行っており、有料会員はPCと同じように携帯で音楽を楽しむことが出来る。その他機能に関しては、We7の公式サイト参照。

以下、イギリスで無料アカウントを取得した場合、どのようなサービスが受けられるかを軽く説明します。

album.jpg
We7では、ブラウザを開いて音楽を聞きます。We7のサイトからログインし、We7でアーティスト名やアルバム名などで検索をかけます。上の画像は、The Wantedのアーティスト・ページのトップ。曲名の隣には色んなアイコンがついており、購入したりお気に入りに登録したりできます。
ちなみに、日本人アーティストの楽曲もあります。それら楽曲は、We7がライセンスを受けている海外レーベルやディストリビューターが扱っているものと考えて良いでしょう。この辺はSpotifyも一緒。

we7 (playing) - march
Spotifyと大きく違う点の1つが、アーティスト情報が一気に入る点。上の画像は、ライブ情報のタブで、チケット購入サイトにアクセスできるようアイコンがついています。ちなみに、その隣のタブは、グッズ購入ページです。

we7 (playing) radio
ラジオ機能は、類似アーティストの曲をランダムに流すもので、Last.FMのラジオ機能と同じと考えて良いと思います。ラジオのページでは類似アーティストのラジオ・チャンネルも紹介されていてなかなか便利。新しいアーティストを探したい時にもオススメ。

we7 - the wanted album-popup
無料版の場合、広告が入ります。1曲ストリーミングする毎に、冒頭に数秒程度の音声広告が入ることになっているのですが、私が試した際は毎曲は入っていませんでした。アルバムをフルで再生する際は、上の画像のような大きな画像付きの音声広告が入ります。動画のものもありました。30秒弱の長いものでしたが、これもアルバム再生毎に入るという訳ではなかったです。オープン・アカウントになった頃のSpotifyも同じような感じで、言われている通りに広告が表示されるわけではなかったので、We7も私が今回試した時はそんな感じだったのではないかと推測します。

■最後に
現時点では、日本でもWe7の一部サービスが使えます。留学時もお試し程度でWe7を使用していたことがあり、一時帰国時に試した際は使えなかったと記憶していたのですが、この記事を書くにあたりwikiを読んだら、“Outside the UK and Ireland, it has limited content.(イギリスとアイルランド国外では、限られたコンテンツを楽しめる)”とあったのでビックリ。確かに、登録画面でサービス内容の選択画面に行くと、有料サービスは“あなたの住む地域ではこのサービスは受けられません”なのですが、無料サービスは大丈夫で、任意のユーザー名、パスワードと日本の郵便番号で登録できました。他の国の場合は分かりかねますが、日本の場合、We7の膨大なカタログへのアクセスは制限されておらず、様々な楽曲にアクセスできます。その多くが30秒のプレビューのみですが、インディ系を中心に、フルで聞けるものも結構あります。シングル曲はもちろんですが、アルバム単位でも、The Sunshine Underground“Raise The Alarm”やBlonde Redhead“Misery Is A Butterfly”等フルで聞けるものがありました。しかも、日本なので音声広告が入りません。MP3やライブのチケット購入等、利用できないサービスも多いですが、購読型音楽サービスの使用感がどのようなものなのか試してみたい方、是非We7に登録してみてください。適当に検索すれば、フルで聞ける作品が簡単に出てくると思います。マイスペースとは違い、We7であれば、膨大なカタログに簡単にアクセスでき、プレビューながらも最新作から比較的古い作品までまとめて試聴出来ます。まずはお試しあれ。
スポンサーサイト
P2P, Piracy, Digital トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
UK無料ストリーミングサービス体験~Spotify編~ | Home | 日本のデジタル音楽セールス、マイナス成長へ
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。