イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2011/03/26 18:21
DEAが司法審査へ:「施行は早くても2012年春」
昨年4月に可決された、イギリスのデジタル分野における経済関連法"Digital Economy Act(DEA)"に新たな動きがあったようです。DEAはメディアやゲームなど、デジタル関連分野全体をカバーするもので、この中には音楽に関わるものも含まれます。DEAには3ストライク・スキームとなるものも含まれており、大変問題視されていましたが、イギリス議会解散にともなう消化試合期間(wash-up period)に、ろくな議論もされないまま昨年4月に可決。その後、Ofcom(英国情報通信庁)が本法律運用のための規定案を発表し、ISPsは今年初めにも違法ダウンロードに関するデータを集めることになっていました。DEAに関しては、拙ブログのこちらの記事も参考までにどうぞ:

Digital Economy Bill発表 (24/11/2009)
今週の英音楽ニュース (14/3/2010)
(追記有)Digital Economy Bill、法律化へ その1 (11/4/2010)
Digital Economy Bill、法律化へ その2 (18/4/2010)
Digital Economy Act: Ofcomが規定案を発表 (12/6/2010)

ところが、今年1月に施行される予定だった本法律が現在も施行されていないとのこと。また、イギリスの大手ISP、BTとTalk Talkからの申し立てを受け、本法律が司法審査を受けることになったようです。Telegraphによれば、本法律の施行が早くても2012年春となることを政府が認めたとのことです。

Digital Economy Act: 'rushed' anti-piracy laws delayed until 2012 - Telegraph (21/3/2011)
Digital Act heads to High Court - BBC News (23/3/2011)
ACS:Law highlights challenge for Digital Economy Act - The Guardian (22/3/2011)

英国文化・メディア・スポーツ省(DCMS)のスポークスマンがTelegraphに語ったところによると、まず、政府はコスト・シェアに関する合意についてEUから承認を得る必要があることを知らなかった、と。その承認は既に得ているが、どこが費用を出すのか等運用面についてイギリス議会の承認を得なければならず、またOfcomも上訴のプロセスを決めなければならないということで、どうも話がなかなか前進していない様子。

BBCによると、今回BTとTalk Talkが申し立てを行ったのは、この法律にあるアンチ・パイラシー対策が、ユーザーのプライバシーを必要以上に侵害することになるためというのが1つの理由となっているとのこと。現在、本法律では、著作権保有者の申し立てにより、違法ダウンロードによる著作権侵害を疑われている人に対して、ISPsが警告状を送ることになっています。この対策を1年行い、結果70%以上のパイラシー行為の減少が見られなければ、Ofcomによってインターネット回線一時切断を含めた技術的なパイラシー対策へと移行する予定となっています。しかし、違法ダウンロードが行われたIPアドレスを特定出来ても、同じIPアドレスを使ってインターネットにアクセスする人は複数になるため、著作権侵害行為を行った個人まで特定するのが非常に難しいとのこと。違法行為がフリーwi-fiを通じて行われていれば、個人の特定はなおさら難しくなります。これは以前から指摘されていることで、実際、The Guardianの記事にあるACS:Lawのケースのように、無罪である人にまで警告状が送られて大きな問題になりました。Telegraphによれば、DCMSの大臣Jeremy Hunt氏が、この法律が実際に働くのか疑問があるとコメントしているようですが、こうなるのは見えていたのでは?と思ってしまいます。

最後に、Forrester Researchのアナリスト、Mark Mulligan氏のコメントをBBCの記事から引用します:

"Peer-to-peer file-sharing is yesterday's game. People now are going off the network where they won't be detected - swapping hard-drives, and getting music via blogs and upload sites,"
(P2Pを使ったファイル共有はもはや昨日のゲームです。人々は今、存在を見破られてしまうネットワークを離れている - 彼らはハードドライブを交換したり、ブログやアップロード・サイトから音楽を得ているのだ)

法律が実際に施行される間に、ものすごい勢いで状況が変わってしまうのが、デジタルの時代ということでしょうか。
スポンサーサイト
著作権問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
"UK radio in one place" ― Radioplayer、正式にサービス開始 | Home | UKローンチ目前のVevoと、360度ビジネスに向かう音楽サービスの話
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。