イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2011/04/29 23:49
ポピュラー音楽とチャリティーに対する雑感
11-4-29.jpg
上のジャケット写真は、輸入盤で初のオリコン総合チャートトップ10入りした洋楽コンピ『Songs For Japan』です。収益金は、東日本大震災で被災した方への復旧復興のために寄付されます。

所謂“ポピュラー音楽”と言われているものを通じたチャリティーが盛んに行われているのは、市民に社会問題解決のための参加を促す最も敷居の低い方法の1つだからでしょう。複雑で政治的な問題に誰にも身近な音楽を絡めることで、よりアクションを起こしやすい環境が作れると考えられています。グラストンベリーやフジロックのようなフェスティバルでは、多くのチャリティー団体が関係していますが、彼らの狙いもまさにここです。また、音楽とチャリティーが結びつきやすいのは、ミュージシャンを生業にする人達には社会問題に敏感な人達が多いからと考えることも出来ると思います。

チャリティー団体が、ロビー活動をしつつ市民向けのユニークなキャンペーンを行っているのは別にして、個人的に、商業活動の中から生み出される“お手軽”なチャリティー・アルバムやチャリティー・ライブに対して、これまでやや懐疑的に見てきました。ポピュラー音楽を通じたチャリティーに対して、例えば「環境問題考えるならそもそもフェスを開催しない方が良い」とか、チャリティー・アルバムでは大した寄付額にならない」「売名行為」といった類の批判が出てくるのも理解出来る。私は大学院でライブ産業と環境問題を研究する中で、ポピュラー音楽という商業活動の中で直接利益にならないチャリティー活動がどう位置づけされているかも見てきました。そんなこともあり、音楽を通さないでもっと直接的に問題解決に繋がるアクションに結びつくキャンペーンが必要だと思っていました。しかしながら、今回の東日本大震災を経験して、音楽を通じたチャリティー活動もアリというか、この役割は無視できないと思うようになってきました。

横浜に住む私には自身による直接的な被害はありませんでしたが、地震当日には帰宅難民になり、計画停電や買いだめが起こる町で暮らす中で、初めて自分が大震災の当事者になる経験を味わいました。他の多くの人がそうであったように、「これは行動しなければ!!」という強い気持ちに駆られ、私も募金や救援物資の仕分けボランティアをさせて頂きました。ただ、初めて自分が当事者になって見えてきたのは、多くの人達が被災地支援のためにアクションを起こしているとは言っても、実際にボランティアのような労力を伴う活動やまとまった額のお金を出すにはある程度の勇気が必要で、そう多くの人ができる訳ではないということ。例えば、立ち寄ったコンビニの募金箱にお金を入れるのは簡単だけど、同じ額を赤十字に直接振り込むのはそれより手間がかかる。この小さな違いは、活動を起こす側となる人の中ではものすごい大きな違いなはずです。もちろん、一人一人が「出来ること」をやることが大事なのですが、この違いでアクションが起こせるかどうかのラインが引かれるなら、このラインを下げる努力が必要だと思います。また、これは個人的にですが、被災していないエリアで住む人の中で、我が家のように身近に被災した知り合いがいる人とそうでない人とで気持ちにも違いが出てきていると感じることが増えました。自分自身も含め、継続的支援をどう実現させていくかについても、もっと考えないといけません。

そう考えた時、やはりより気軽に出来るチャリティーの形があっても良いはずではないかと思うようになりました。チャリティーでなくても元々そのCDを買うポテンシャルのありそうな消費者が、それがチャリティーCDであることによって少しのお金でも寄付されるなら、それはそれで良いことではないかと。購入者にとっても、「自分のお金の一部が復興に使われる」と思えば意識も高まってくるでしょうし。チャリティー・ライブもしかり。特に、音楽の購買層は小学生からご高齢の方まで幅広い。どんなに額が小さくても、音楽のように老若男女問わず「復興支援のために何かやった」という意識を与えられるのは素晴らしいと思うのです。

RIMG0824-.jpg RIMG0815-.jpg
最後に。上の写真は、東日本大震災から1ヶ月経った今月のある日に、父の地元、気仙沼市を訪ねた際に撮影したものです。1枚目が鹿折唐桑地区。真ん中の船がある辺りが鹿折唐桑駅です。2枚目はホテル望洋方面を撮影したもの。写真を撮った私の背中の方には、一時約300人が孤立したヤヨイ食品の建物があります。私は東京出身ですが、父の実家を津波でなくし、被災地に多くの親戚を持つ身として、これからも何かやらなければならないという気持ちでいっぱいです(幸い近親者は全員無事です)。現地で見たり聞いたりしたことや現地で感じたことを一生忘れず、毎日を大切に、私は私ができることを精一杯やっていきます。
スポンサーサイト
社会問題 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
SpotifyがiTunesに挑戦状:新サービス開始 | Home | 欧州にて著作権保護期間延長の議論が再燃
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。