イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2011/06/26 11:28
turntable.fm、アメリカ国外からのアクセスを遮断
Turntable.fm Blocks Aspiring International DJs - PCmag.com (25/6/2011)
ここ1ヶ月ほどか、日本でも局地的にかなりバズっていたアメリカ発のスタートアップ、turntable.fm。ものすごくざっくり説明すると、「オンライン上で、リアルタイムでDJパーティを楽しめる。5人のユーザーがDJとして順番に楽曲をプレイする。リストの中から気になるパーティーを覗きに行くことが出来る。アバターで参加者が表示されるのでゲーム感覚で見た目にも面白い」という感じのサービスです。このturntable.fmが、(私が気付いた限りは)数時間前、国外からのアクセスをブロックしました。結果、現時点ではアメリカ国内のみで利用可能となっています。ちなみに、IPアドレスでジオロックをかけているようで、日本でも既に、ジオロックを回避して同サービスを利用する方法をブログに公開している人が何人かいます。それだけこの短期間で熱心なファンを生み出すことに成功したと言うことでもあるかと思います。

さて、実際どうなっているのか。turntable.fmにアクセスしていただければ分かるとおり、トップにはこんな画面がどーんと表示されます:

11-6-26-turntablefm.jpg

・・・と、この通り、ライセンスの制約が原因で、アクセスをアメリカ国内のみに限定しなければならない旨が記されています。

turntable.fmは、デジタルミレニアム著作権法(Digital Millenium Copyright Act、 DMCA)に沿って、“非インタラクティブなオンラインラジオ・サービス”という体で運営されています(Pandoraと同じ)。そのため、他のオンラインラジオと同じように、プレイする楽曲や時間等に制約があります(例えば「同アーティストの楽曲は1時間に3度までしかかけられない」)。ユーザーがプレイできる楽曲は、turntable.fmがパートナーシップを結ぶMediaNetの膨大なカタログ。こちらの通りで、4大メジャーからインディ・レーベルまで十分過ぎる程の充実っぷり。このような点を考慮すると、同サービスが法律に触れないように非常に良く考えられているのが分かります。この辺については、下記の3つの記事やウェブサイトが非常に詳しいです:

Turntable.fm Really Is Awesome. Is It Legal? - AllThingsD(21/6/2011)
What licensing terms does turntable.fm get from MediaNet? - Quoraの質問より(16/6/2011)
What is the DMCA? - Help and Support Wiki, Live365.com

以下2つもリンクだけ貼っておきます。
TURNTABLE COPYRIGHT POLICY (日本国内からアクセス出来るトップページからはリンクが外れてしまっていますが、turntable.fmの著作権ポリシーのページです)
8tracks  (AllThingsDの記事において、turntable.fmのCEO、Billy Chasen氏が、Pandoraと共にモデルとしたと述べているのが、ミックステープを作成し公開できるサービスです。ここのサイトの"Licensing”や“Copyright”のセクションはかなり充実していて参考になります)

先程、“MediaNetの楽曲が使える”と書いたのですが、MediaNetのカタログにない楽曲を使いたい時は、自分が持っている音源をアップロードして使用することが出来ます。この場合、個々で許諾をとる必要があると認識しているのですが(違う場合はご指摘頂きたいです)、ユーザーが許諾をとってプレイするとは到底思えず。となると、「turntable.fmはユーザーが法律的にアウトな行為を簡単に起こせる場所を提供してしまっている」と指摘することは出来るのではないかと思います。しかしながら、仮にそうだとしても、turntable.fmは"notice and takedown”を採用しているので「DMCAに沿って、権利者からの申し出があれば違法コンテンツを削除しますよ」と主張できるのですが。

日本語で書かれたturntable.fmの記事としては、e2esound.com業務日誌さんの記事が非常に参考になります。

Turntable.fmの登場と評価、考えなければならないこと - e2esound.com業務日誌 (10/6/2011)

そもそも、アメリカ国外からturntable.fmのようなサービスが使えるという時点でかなり怪しかった訳ですが、リスクを負って敢えてオープンに運営することで、もの凄いバズを生み出すことに成功したと言えると思います。ビジネスとして成り立たせていくための戦略でしょう。現在は使う分には完全無料で、権利者への印税の支払いもこれまでどうなっていたのか不透明ですが、短期間でこれだけのバズを生み出したことによって、turntable.fmとしては選択肢も増えたはず。今後の動向がかなり注目されます。
スポンサーサイト
音楽ニュース トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
Virgin Media、Spotifyとの提携を発表 | Home | 『第3回 音楽コンテンツや音楽ビジネスについてざっくばらんに語る会』ご報告
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。