イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2014/03/19 22:37
「日本のせいで……」と書かれてしまった
Record industry revenues return to decline, mainly because of Japan - CMU Daily(19.3.2014)

「レコード産業は再びマイナス成長に、主に日本のせいで」というタイトルを見ると、日本人としては少なからずショックを受けるものですね。とはいえ、事実なので受け入れるしかありません。

2012年はレコード業界にとって収益増に沸いた年でした。と言っても0.2%増なのですが、10年以上も減少し続けたことを考えれば明るいニュースと言えます。続く2013年も、ノルウェー、スウェーデン、ドイツ、イギリスがプラス成長となったことから、さらなる成長が期待されました。

しかし、IFPI(国際レコード産業連盟)の発表によれば、2013年は全世界で3.9%減少し、再びマイナス成長へと転じました。なぜこれほどの下落になったのか? それは、16.7%もの収益源となった世界第2位の音楽大国・日本の影響が大きかったようです。実際、日本を除いた国で計算すると、その減少はたったの0.1%。数字だけみれば、「減少」よりは「ほぼ前年と同じ」と悪くはない結果に見えるだけに、この差は大きいですね。

では、日本のレコード産業復活のために打つべき手とは何か。残念ながら、私も有効なアイディアを持っているわけではありません。ただ、少なくとも、インパクト大の何かでV字を狙うよりは、地道な草の根運動の方が効果があるような気がします。おそらくそこをずっと怠ってきたからこそ、日本だけが軌道修正できずに取り残されたのではないでしょうか。
スポンサーサイト
音楽ニュース トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
Spotifyが上陸したら、ユーザーになり得るのはどんな人たち? | Home | ブログ再開(ただし、お試し期間中)
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。