イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2008/08/07 04:49
テストが終わったので・・・
昨日でサマーコース前期の課題&テストが全て終了しました(コースはまだまだ続く)。
成績に最も大きく影響する課題はグループ・プロジェクト(レポート+プレゼンテーション)とエッセイ(extended essayと呼んでいました)の2種類。それとは別に、リーディング、リスニング、エッセイ(時間制限有り)のテストがありました。

グループ・プロジェクトはグループ内で意見がしょっちゅう食い違って、毎日ケンカのような話し合いの連続(みんな仲良しだったけど)。ただ、「出来るだけやるのが簡単なテーマにしよう!」と安全策をとった我がグループだったので、内容もそれなりレベルの低い感じに・・・。問題は内容よりプレゼンでの発表の仕方や英語力のはずなので、その辺はあまり気にしませんが、合同で発表会をやった隣のクラス(今回の英語コースで1番上のクラス)と比べるとその差が歴然・・・。これはプロジェクトのクラスを受け持った先生が違ったことが大きいと思うけど(うちのプレゼンの先生はちょっと問題アリなので・・・)。フィートバックは明日もらいます。

逆にextended essayの方は気合いを入れてやりました。1000~1500wordsという字数制限はさほど長いとは思わなかったけど、手を抜きたくなかったので(いや、でも手抜きしたな・・・)、最初の原稿提出の前にガリガリやりまくり。でも、そのおかげで後半は楽チンでした。テーマが「都市化と持続可能な発展の関係性」で、私はゴミ問題を中心に構成を練ったのですが、昔から興味のある分野だし、最近それ関係のテキストばっか読んできた経緯もあり、書いててとても楽しかったです。
エッセイに関しては先生の教え方がすごく上手くて、かなり助けられました。今日もらった評価も想像以上に良くて、授業中にほめてもらったのは何よりも嬉しかったです。でも、同じクラスの日本人の方の驚異のエッセイには遠く及ばない出来でした・・・EFLで学んでる人とは思えない程の完成度で軽くショックです。

金曜日に前期5週間の中間レポートをもらって、来週からは後期です。「死ぬほど大変」と聞いていた割にはあまり大変ではなかった5週間でした。うーん、気合いが足りないのかな。もっと何か出来る気がする。
スポンサーサイト
語学学校 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
Camp for climate change(in Kent, England) | Home | ツアーにおける炭素削減の取り組み-Radiohead(活動報告編)
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。