イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2008/08/13 07:22
英音楽ニュース、まとめてどうぞ
集中力が持たないので、夜も9時半を過ぎると「さぁ寝る準備・・・おっと、最後に少しだけニュースでもチェックするか」とネットを徘徊し始めるのですが、気づけば11時じゃんか!寝たいのは山々だけどその前にまとめておきたいニュースを貼り付けておきます。

Google offers free music downloads in China - The Guardian(6/8/2008)
中国のグーグルが音楽検索サイトを公開したそうで、グーグルがライセンスを持ってる音楽はそこから無料でダウンロードできるらしい。どんなバンドのライセンスを持っているのかは不明です。
ちなみに、中国ではBaidu.comという検索サイトが63%の中国国内のユーザーを獲得しているのに対し、グーグルは26%だそうです。

Songwriters see slump in profits from CD sales - The Guardian(10/8/2008)
ソングライターがCDの売上から得る印税が今年半年だけで15%も落ち込んだというありがちな話なのですが、なんと、今年の終わりには、アーティストの収入に関しては、初めて、CDからの印税よりツアーやプロモーションのためのライブ活動からの収入の方が上回る見込みとのこと。ついに、ライブが金になる時代がやってきました!!!・・・ってそれは言い過ぎ且つ半分冗談ですが、この話を聞くと、「ツアーのためにCDを売る」日本の音楽業界とイギリスは少し違うのかなぁと感じます。CD売上の印税についてはちょろっとテキストを読みましたが、ライブでの収入ってどうゆう仕組みになってるのか実は全然知りません・・・10年近く前に昔読んだ「日経エンタテイメント」の記事の内容しか知りません(しかも、多分それも少し変わってるはず)。この点はマスターが始まる前にクリアにしておかねば。

Music industry ‘should embrace illegal websites’ - Financial Times(3/8/2008)
例の、"In Rainbows"(Radiohead)のダウンロード数はオフィシャルより違法なファイル共有サイトからの方が多かったという調査結果の別記事です(参照:「“違法ダウンロード”は次の次元へ」(8/8/2008)。この調査を担当したEric Garland氏が、個人的解釈入れまくって意訳すると「音楽業界は、さっさと、違法ファイル共有サイトを何とかぶっつぶそうなんてことはもう出来ないのだということを悟った方が良い」と述べているほか、米Big Campaign(この会社についてはよく知りません・・・)のGarland氏も「コンサートチケットの好調な売り上げを含め、Radioheadがこのアルバムの人気から得た利益は注目に値する」としているそうな。
そしてよく分からないのが、この調査を行ったMCPS-PRSのWill Page氏の発言。記事で、「これは何とか考えないといかんな~」とか「Radioheadのこの"実験"は後に続くバンドのリスクとコストを減らした」とか、何となく前向きなことを言っているにも関わらず、最後にこんなことを言っているのです。

He described the launch of In Rainbows as “stunt marketing at its best”
(彼(Will Page氏)は、"In Rainbows"のリリースに関して、「せいぜい派手なマーケティングってとこだよ」と表現した。)


まだまだPRSは粘る気なのでしょうか?リーディング弱いので、この解釈で合ってるのかちょっと自信なし。日本のジャスラックもそうですが、PRSも一体何がしたいのかよく分かりません。

以上、ニュースまとめてどーんでした(←別にコーナー化しているわけではない)。
スポンサーサイト
今週の英音楽ニュース トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
プレゼント | Home | Glasgow International Piping Festival
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。