イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2008/09/06 00:02
exclusion of females from rock music
語学学校の今期の課題だったエッセイとプレゼンが今日無事に終了しました。

課題のトピックは自由だったので、「なぜ女性はロック産業からはじかれがちなのか?」について調べることにしました。理由は単純で、比較的書きやすくて参考文献が多く(←語学学校での成績を稼ぐため)且つ来年の修論に役立ちそうなテーマだったからです。内容は、ロックの男性優位性と音楽業界に女性が少ない理由を取り上げた後、ケーススタディとしてパンクブーム~ライオット・ガール(Riot Grrrl)をフェミニズム(feminism)の観点から考察する、というものでした。
その昔、結構音楽雑誌を読むのが好きで(今はさほど・・・)、バックナンバーなんかもブックオフで立ち読みしたりしていましたが、"Riot Grrrl"という単語は今まで全く聞いたことがありませんでした。私が無知なだけかもしれませんが、皆さんこのムーブメント、ご存じですか?1990年代初頭、アメリカで始まった(主に)女性パンク・ミュージシャンのフェミニズム・ムーブメントで、Bikini KillやBratmobile、L7といったバンドがそのムーブメントの中心にいたそうです。Bikini Killのボーカリストだったハナンはカート・コバーンと付き合っていたらしいので、それつながりで知ってる人もいるかもしれません。ちなみにニルバーナの名曲「Smells like teen spirit」は、ハンナが使っていたデオドラントの名前(teen spirit)から来ているのではないかという話もあるそう。

彼女達の活動は、「女性ミュージシャン」というより「バンドもやってる女性活動家」と言った方が良いかもしれません。ライブでの過激なパフォーマンスはもちろんですが、女性が安全にライブを見られるよう男性に対し後方でライブを見るよう要求した他、音楽以外のところでも女性のためのワークショップを開いたりミーティングを開いたりしていたそう。ファンも「ファンジン」(Fanzine;同人誌に近い感じでしょうか)を執筆したり、ライブ前に性的差別等の体験を語るなどしていたらしく、かなり広範囲に渡る活動だったようです。

音楽と日本に詳しい私のチューターは、「日本だと少年ナイフとかそうでしょ?」と言うのですが、日本で似たようなムーブメントはあったのでしょうか?私のイメージではホコ天のショウヤくらいしかないのですが・・・なんて貧相な知識。それとも、ルースターズとかが活動していた頃なんかは何かあったのかも?最近だと大阪のゼロ世代は似たような雰囲気があるのかもしれません。個人的にサブカルが苦手で(とか言ってる本人はオタク気質)あまり詳しくないので、もしご存じの方が居たらご教授いただきたいです。

音楽や娯楽の場における男性優位性の話あたりは面白かったのですが、正直、フェミニズムには興味がない(むしろ好きではない)ので、後半のケーススタディはあまり面白くなかったです。私もアメリカ人だったらフェミニズムに興味を持つかもしれませんが、ライブ中もライブ以外も安全な日本でぬくぬく育ったので、例えばRiot Grrrlの主張を読んでいても、理解できるけど必然性を感じないというか・・・。それから、このムーブメントが起こった20年近く前と今とでは社会での女性の立場が(おそらく)全然違うことも彼女たちの活動が腑に落ちなかった理由かもしれません。リサーチをする上では、文献やリサーチが十分ある昔の事象を扱う方がやりやすいのですが、同じ時代を生きてきたわけではないので理解しがたい部分も出てくるので、精神的にかなりやりづらかったです。

同じテーマの講義がおそらく大学院でもあると思うので、そのための事前勉強という意味では良い経験になりました。後はフィードバックを待つのみ。何事もなければ来週晴れて語学学校を卒業できる予定です。
スポンサーサイト
語学学校 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
Radiohead Japan tour - A statistic data | Home | 今週の英音楽ニュース(4/09/2008)
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。