イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2008/09/05 08:05
今週の英音楽ニュース(4/09/2008)
日本でも話題になっているかもしれないこのニュースからどうぞ。

●The Nokia's Comes With Music関連ニュース
Nokia to launch 'Comes With Music' first in the United Kingdom - Nokia press release (2/9/2008)
Multimedia technology: Nokia buyers to get free music downloads - The Guardian (2/9/2008)
NOKIA TO LAUNCH COMES WITH MUSIC IN THE UK FIRST - CMU Daily (2/9/2008)
Nokia,1年間アクセス無制限の音楽配信サービス「Comes With Music」を英国で開始 - IT pro(3/9/2008)

携帯業界最大手のNokiaが、特定の機種を購入することで、1年間無制限且つ無料でデジタル・ミュージックをDLできるサービス「Comes With Music」を開始すると発表しました。1年間の契約を終えた後は、iTMSのように1曲単位で購入する形になるようですが、1年間でDLしたMP3ファイルは消されることなく引き続き聞くことが可能。DLしたファイルは携帯本体の他PCでも聞けるそうです。ワーナー、ソニーBMG、ユニバーサルと既に提携を結んでいて、iTMSで購入できる総楽曲数の1/4にあたる210万曲がDL可能になる予定だそうです。まずイギリスでスタートして、来年サービスをヨーロッパ全体に拡大させる予定とのこと。
どのようにしてレコード会社に楽曲使用料を支払うのか等の仕組みについては来月発表予定とのことでまだ分かりません。ただし、CMUの記事によれば、メジャーレーベルはアップル(iTMS)をつぶすためならどんな協力もいとわないらしいです。すごいな、メジャーは。
問題は、独自に音楽配信を行っているNokiaの提携会社との関係。Nokiaは携帯本体のみを販売する会社なので、例えば独自に音楽配信を行っているO2(こちらは電話サービスを販売する側の企業)はNokiaがComes With Musicを始めることで痛手を食らうことが予想されます。3日付でO2はコメントを出していますが、「Comes With Musicについては注視しているが、ともかく、我々は顧客の最大の利益のために提携会社と協力していく」とコメントしただけにとどまっています。

電話として使うには少し面倒なところもあるようなのですが、このニュースは個人的にインパクト大。ついに音楽業界も本格的に「水のような音楽」時代到来のようです(参照:「デジタル音楽の行方(amazon.co.jp」)。

クリスマス商戦に合わせて発売されるこの携帯、ちょっと欲しいとか思ってしまったけど、インディの曲が落とせないなら全然意味がない・・・。

デジタル配信に関してもう1つ。

EMI signs up to We7 - Music Week (2/9/2008)
「“We7”ってどっかで聞いたことあるなぁ」と思ったので少し調べましたが、こちらも完全無料で音楽配信をしているサイトのようです。Last.FMと同様にストリーミングを行っているサイトなのですが、Last.FMと違うのは、MP3ファイルの無料DLが可能であること。DLしたファイルをパソコンに保存してiTunesなどで聞くことも可能だそうです。つまり、上記のComes With Musicと同じサービス内容です。但し、ストリーミングの場合は良いのですが、パソコンに落として聞く場合はCM音声がついてくるそうです。ミュージックファイルがDL出来ない寮に居て試せないので何とも言えないのですが、例えばアルバム単位でDLした場合は、毎曲始まる直前にCMが入ったりするのでしょうか?そんなことになったらアルバム通して楽しもうなんて不可能じゃないでしょうか・・・。それから、We7はEMIとの提携に成功したけど、ユニバーサルとはまだ提携してないようです。

eMusic chief criticises net download deal - The Financial Time (3/9/2008)
最後に少しだけ。以前紹介した、MP3ファイルの違法DLを監視するシステム(参照:「MP3ファイルの違法DLを監視(英国)」)の続報。この監視によって、合法で行われている音楽配信の既存サイトの顧客が脅威にさらされているという記事です。手っ取り早い話が「合法サイトまで監視しないでくれよ」ということのようです。確かに、これは大げさ過ぎる話ですが、amazonで買い物して「違法DLをしてますね?」なんて警告文が来たらショックです・・・。
スポンサーサイト
今週の英音楽ニュース トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
exclusion of females from rock music | Home | Cake - バンドのスタジオにソーラーパネル設置
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。