イギリスの音楽産業について考えるブログ
--
--/--/-- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | Page top↑
--
2008/09/15 23:39
IASPM UK&Ireland conference
080914.jpg
The International Association for the Study of Popular Music (IASPM) UK&Ireland Conference 2008に参加しました。

簡単に言えば、ポピュラー音楽学会です。2年に1度のコンフェレンスがたまたま今年はグラスゴーで開催だったのです。昨年度の学生やPhDの学生と一緒にボランティアスタッフとして参加したのですが、ボランティアするほどの仕事はあまりなく、聞きたいレクチャー聞いて、もらうものもらって帰ってきた感じです。

今回のコンフェレンスのテーマが「Music and National Identity, Popular Music Theory and The Musical Experience」だったこともあって、ほとんどがセオリー話。他の学会は知らないけど、少なくてもIASPMの学会員はみんな自分の論文読むだけで紙資料とかパワーポイントとか使ってる人があまりいない。しかも、みんな論文を読むスピードが高速。日本語で同じことやられたって分からない位のスピードで飛ばしまくる。結果、理解できない→疲労困憊→眠気。結局、面白かったのは「ライブ・ミュージックにおけるプロモーターの役割について」と「アイリッシュ・ロックについて」の2つくらいしかなかった。残念。気づいてたけど、私、セオリーに全然興味ない。ダメだこりゃ。

余談。今回のコンフェレンスにノベルティを提供してくださったChemikal Undergroundの物販にスチュワート(←元デルガドス)が直々にやってきていたり、同じく来場していたエマ(←同上)が大会場のレクチャーの質疑応答で質問していたりとか、何とも変な気分でした。スカラーの先生方も、スーツ着てる人なんて皆無で、むしろGジャンとかだし。面白いというか変というか何というか。うーん。
スポンサーサイト
大学院/授業 トラックバック(0) | コメント(0) | Page top↑
スーパーでCDを買いますか? | Home | 合格
-
コメント
-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

-
トラックバック
トラックバックURL
-
プロフィール

anno69(@yano)

  • Author:anno69(@yano)
  • イギリスの音楽産業、特にデジタル・ミュージックと音楽産業における環境問題対策に関するブログ。スコットランド大学院留学記も。
    管理人は、スコットランドのグラスゴー大学大学院ポピュラー音楽学コースを修了し、帰国。音楽好きの普通の会社員をしています。お問い合わせは cielo0818_ls [at] hotmail.com までお気軽にどうぞ。
    A blog dedicated to topics of the UK music market in particular digital music, copyright and environmentalism in pop music.

    ●Twitter:http://twitter.com/anno69
-
最近の記事
-
最近のコメント
-
最近のトラックバック
-
月別アーカイブ
-
カテゴリー
-
ブログ内検索
-
RSSフィード
-
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。